2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« まったくもって | トップページ | 終わらない »

2005年7月 1日 (金)

アルジャーノンに花束を・千秋楽

 千秋楽に行って参りました。
 ストーリー、内容が分かっていても、やはり涙が
こぼれていました。
自分が崩れていくのが分かってから限られた時間を
"これでもか"というくらい、駆け抜けていく・・
だからこそ、最後に流れる「けいかほうこく」に心が
揺さぶられるのかと思いました。

 最後に役者のみなさまが登場して、ご挨拶(一礼)を
なさるのですが、本日は千秋楽ということで、演出の三輪さん
も顔を見せてくださいました。で、ご挨拶のときの
平田さんの表情が非常に印象的でした。
 その後、鳴り止まない拍手に応えるべく平田さんが
再び舞台へ。服部さん(キニアン先生)と松谷さん(フェイ)
もいらして3人でご挨拶されてました。(2人のヒロインが
合流されたときの驚きかたがまた・・・)
 そして、最後の最後に平田さんが出ていらして
「ありがとうございました」と深々と一礼されてました。

 本日ご一緒して下さった方が、ここ数日いろいろな
お芝居を観劇されていたのですが、本日が一番よかった
と言ってくれたのが、個人的に非常にうれしかったです。

 劇団昴のみなさま。千秋楽おめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。素敵な舞台に出逢えて本当に
よかったです。機会があれば、ぜひ観劇したいと思いました。

|
|

« まったくもって | トップページ | 終わらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/4790365

この記事へのトラックバック一覧です: アルジャーノンに花束を・千秋楽:

« まったくもって | トップページ | 終わらない »