2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« ホコリと戦う! | トップページ | 期間限定おっかけ! »

2005年12月23日 (金)

エゲリア

 Arts Fusion 2005 in KANAGAWA Part1
 五大路子詠み芝居 「エゲリア」~生々流転 岡本かの子~

  脚本   瀬戸口郁
  構成・演出 西川信廣
  音楽   後藤浩明
  舞台監督 道場禎一

  出演:五大路子、関輝夫、若松泰弘、岸槌隆至、
     加山到、由愛典子、高橋圭、平田広明
     (敬称略)

 "Arts Fusion"とは、文化芸術を身近に、気軽に楽しむために
神奈川県が行っている活動の1つです。
(詳細はこちらをご覧下さい)
簡単にお芝居のストーリーと感想です。

 灰色の戦時体制下で絢爛豪華な「生命の小説」を
紡ぎつづけた岡本かの子。夫は国民的漫画家・一平、
息子は天才前衛画家・太郎。途絶えることない男性遍歴や
幾多の伝説に覆われた女流作家かの子。
その壮絶な生涯が幕を開ける!
(公演紹介チラシより)

 「"詠み芝居"って?」というのが、一番最初にありました。
手にした台本(っていうのでしょうか?)を"詠む"のですが、
"芝居"としての動きも存在します。しかし、必要最低限。
そのため、役者の方の言葉による"演技・表現"がはっきり
観えてきます。

 夫・一平とのすれ違いから神経を病んでしまうかの子。
かの子が苦しんでいたことを知ってからの一平の変わり方は
すごかったですね。威圧的というか、どっしりとした感じ
から、無理なお願いにおろおろすることもありながら、
寛大に聞き入れる差が大きくて。この触れ幅が大きいから
後悔の気持ちがより鮮明になった気がしました。

 "かの子が幸せでいてくれれば"という思いからだとしても
(かの子の)愛人、気に入った男の人と共に暮らすことを
許してしまうのは"器が大きい"だけではないですね。

 平田さん演じられたのは、岡本家に下宿人としてやってきた
青年。主夫としての岡本家を支えていきます。
ちょっとおかしな岡本家に順応する様子、新たにやってきた
戸惑う同居人を明るく迎える姿、かの子の小説に対する評に怒る姿。
感情豊かに演じられていて、何度か笑ってしまった場面も
ありました。
 岡本家を出て行く件でのかの子とのやり取りは、
一言、一言が考えた末に決断した重みのようなものを
感じました。岡本家に来てから去っていくまで、
"曇りのない青年"でした。

 主人公のかの子ですが、元気になりだした最初の頃は
"なんとも我侭"に見えてました。でも、話が進むにつれて
"この人は自分の気持ちに正直なんだ"、と見方が変わりました。
 五大さんが全力・力強く演じていらして、気持ちに正直に
生きることはパワーが必要だな~と思えました。

 笑いを誘う場面(かの子が自分の通う病院の医師を気に入って
岡本家の全員で頼み込みにいくあたりなど)もあって、2時間
とても楽しめました。"詠み芝居"ということで、NR(本で言うと
状況説明とか)もそのまま担当されて、切り替えで視線が
変わるのも新鮮でした。
 また違ったお芝居に触れることができてよかったです。

|
|

« ホコリと戦う! | トップページ | 期間限定おっかけ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/7786710

この記事へのトラックバック一覧です: エゲリア:

« ホコリと戦う! | トップページ | 期間限定おっかけ! »