2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

記憶する

 来月に向けて、遊ぶための計画を練ってます。
その前に"行っても無駄な"試験の申し込みをしなくては。
(会社がうるさいので仕方なしです)

 自分にとって、興味のないことってどうして
こんなにも覚えることができなんでしょうか。
なにかというと"試験"のことです。
 もともと暗記ものは苦手で、その上まるっきり
興味がないもんだから、まるで残っていきません。

 (その場限りでいいので)留めておく方法が
知りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月30日 (月)

旅を楽しむには

 昨日の今日で仕事をする気がある訳もなく。月末じゃ
なければ確実に休んでいたのに。

 仕方なく会社に行ったついでに、おみやげを配って
きました。配るときに、

 「今度はどこ行ったの?」
 「よく出かけるよね~」
 「今回はどんなすごい旅行?」

 などなど言われたのでした。

 そもそも旅行は好きなので、時間が取れて行きたい場所が
決まると計画立てて実行してます。
 ライブ、芝居観覧の場合、1日で事足りるのであれば
交通費削減のため日帰りしてることが多いです。(理由は
ともあれ)それを知ってる人は、今回の1泊2日は"珍しい!"
と口をそろえて言ってくれてました。
 周囲の車好きに連れられて、車旅行も結構している
ので、"走り屋だ!"とかいう謎の誤解まで飛んでる始末です。

 たまたま、そうなるだけであって、飛び回って旅を
するのが好きな訳じゃないんだけどな~。ゆっくり
のんびりできるの越したことはありません、旅ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月27日 (金)

言ってみるものだ

 本調子ではありませんが、仕事へ行きました。
また"休みすぎ"と言われるのは嫌だっただけです。

 「OSが古い人のために新しくPCを購入するらしい」
との噂を聞いたので、ダメもとで"OS古くないですけど
変えてもらえないか"と聞いてみました。(詳細こちら)
 結果、変えてもらえることになりました!ただ、
許可します」という"仕方ないから変えてやるんだぞ"
がはっきり出てるお言葉つきでしたけども。

 でも、入れ替えた人のお下がりをこちらに
渡すつもりなのかな?ま、それでも今のモニタよりは
俄然見やすくなるのでいいです。(OSにこだわりなし!)

 明日の準備が終わってないので、早く片付け
寝なければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月26日 (木)

急降下!

 大事を取って本日はお休みです。

 午前中、いろいろとあった"やること"を片付けて
いたら、午後から急激に不調に陥りました。食欲だけ
はあるので、しっかり食べて薬を飲んで寝ることに
しました。

 なんとか週末までには復帰しないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月25日 (水)

固まった!!

 いつもより早く寝たので、ちょっと回復!
と思って残業モードに入ったものの、帰る頃には
前日同様の状態に・・・。ムダな努力はしない方が
よかったようです。

 会社用電話が固まりました。最近いれたシステムを
使ってみるために内蔵ブラウザを立ち上げたら、接続に
いったきりとなりました。

 電話が使えないのはいいとして(笑)、通信した
ままで後で文句を言われるのは嫌だったので、
会社に連絡しました。で言われた対応は、

 電池を抜く

でした。やはり元から断つしかないかと・・・
その後

 電話帳とか消えるから

と。つい最近、手書きメモを捨ててしまったので
困ったのですが、仕方なく電源切断後、再起動して
みました。"面倒だな"と思っていたら、日付が
リセットされただけで済みました。とりあえず一安心。
 でも、バックアップは作っておかないといけない!
と思ったでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月24日 (火)

体調不良につき

 どこでもらったか風邪をひいたようです。
なので、本日は早々に寝ます。そうでないと、
週末遊びにいけなくなってしまうので・・。
(これが一番大事!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月23日 (月)

財布のなかみ

 通勤先はすっかり雪も解けているのに、自宅の周囲は
未だしっかり積もって&凍っています。

 急遽、飲み会のお誘いを受け、仕事が終わっていない
のに行ってしまいました。(それでも開始時間には間に合わず)
 1週間が始まったばかりにも関わらず、楽しく飲んで
話して遊んでしまいました。

 いざお会計(割り勘分の集金)となってお財布を
開けてみると・・・

 足りない・・・明らかに!

 足りない分を次回にしてもらっても、電車代が消えて
しまうことにも気づきました。週末の出費のこと(予定外)を
すっかり忘れていて勘違いしていたのでした。
 とりあえず、立て替えて頂けましたが、勘違いとは言え
最悪な人ですね、私。ご一緒したみなさま、本当に
すみません。以後、お財布以外にお金を忍ばせたいと
思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月22日 (日)

美佳子ぱよぱよ@公開録音

 美佳子@ぱよぱよ公開録音
 2006/01/22(日)
 会場 町屋ムーブホール
 時間 19:00~21:00(?)

 パーソナリティ 高橋美佳子
 ゲスト      平田広明

 ※覚えてる範囲なので、信憑性はないと思って下さい。
  詳しくはラジオでご確認を。
  (あまりにもウソの個所は訂正)

 Part1(高橋さんお1人で担当)
  楽屋情報:
   ・本日はスッタフも風邪でお休みの方が多く、3名体制!
   ・平田さん、ただいま到着。モニタで見学中

  平田さん見学中と知り、
  「しゃちょ~、観てる~!こんな感じやってま~す。
  ゆるいので、気にしないで下さ~い」
 と、会場内の映る範囲人も一緒にカメラに手を振る高橋さん。

  メール紹介:
  メールを出した方が会場にいるかチェック。いたときは
  「ありがとう~。あけおめ~、ことよろ~」とご挨拶。

  メール1
   今年の目標はメールを読んでもらうこと。
   そして、会場で"握手"!

  「挙手!!
 と、メールの送り主さんより、訂正が飛びます。
 机に崩れ去る高橋さん&会場大盛り上がり!
  「なかったこと、なかったこと!・・はいっ!
  ここから編集です。最近の技術はすごいんだから!(笑)
  (改め目を通して)"挙手"・・・。知ってたよ。
  そうだよね、なんかヘンだと思ったんだよね。
  "なんで握手かな?"って。それじゃ後楽園になっちゃうな、って」

  メール2
   1人参加なので、一緒に公録に参加してくれる
   ぱよ友達が欲しいです

  「そうか。○○ちゃんは大阪からだもんね。
  でも、1人で参加してる人も結構いるよ。近くだから
  来てるって人ー?」
  (会場から数名の手が挙がる)
  「いたよ、○○ちゃん!(近くの1人に)名前は?
  じゃあ、終わってから2人で仲良くなって下さい。
  xxちゃんかわいいこだから!」

  メール3
   前回、ぱよ友達が欲しいと書きましたが
   できました!

  「よかったね~!もし会場にいたら、○○ちゃん、xxちゃんとも
  友達になってね。来てるかどうかスリルありますが・・」

  メール4
   ゆりかもめの構内アナウンスを収録されたそうですが
   感想を聞かせて下さい。夏と冬には聞けるので楽しみ
   です

  「コミケっこだな(笑)
  "国際展示場前駅"のアナウンスを収録したんですよ。
  ゆりかもめの会社に行って。そのとき、緊張して
  浜崎あゆみのモノマネをしたという・・・(笑)」
 一体どういうことなのか、高橋さんよりご説明です。

  「普通に収録が終わって、"お疲れ様でした"って帰ろうと
  思ったら、ゆりかもめの担当の方が
  『すみません。最後に"あゆ"をやってもらえますか?』
  って言われて。急に言われたから
  "えっ!?あゆ?あゆって浜崎あゆみ?私モノマネしなくちゃ
  いけないのかな!?"

  って思って、"あゆは~(浜崎あゆみのマネで)"ってやろうと
  思ったら、察してくれて、
  『山田あゆみ(@ハチミツとクローバー)です』
  って。だって普通に言うんだよー」

  「そんな感じなんで、和やかな雰囲気でできました。
  目の不自由な人に、"こっちですよ"とか案内をする
  ので、短いですが。3月下旬くらいから聞けると思いますので」

 このあたりでお時間となり、Part1終了です。

 Part1幕間
  「さっきも話したけど、今日は3人でやってて。3人で
  できちゃうのもすごいよね。あ、遅れて来た人は?」By高橋さん
  「確認に行ってきます」Byカメラさん
  「みんないつもどこから入ってるの?(前扉を指す会場)
  じゃ、すぐ分かるね。あ、でも、途中は後ろからか・・・」By高橋さん
  「(戻ってきて)大丈夫でした」Byカメラさん
  「知らないで帰っちゃった人とかいないかな?」By高橋さん
  「受付に"待ってて下さい"の張り紙をしてます」Byカメラさん
  「さっき2名ほど受け付けました」Byビクターあべさん
  「じゃ、大丈夫だね」By高橋さん

  「雪とかで大変だった?さっきの○○ちゃんは大阪だったけど・・
  他に大阪ー?(数名挙手!)九州とか?北海道?さすがにいないか・・
  東北?千葉!(数名挙手)私が千葉だから、他意はないです(笑)」By高橋さん

 Part2(ゲストとのゲーム)
  「早速、本日のゲストお迎えしたいと思います。
  本日のゲスト、平田広明さんです」
 高橋さんに呼ばれて、平田さん登場!アウェイのせいか、やや緊張気味?
 のご様子でした。

  「よろしくお願いしまーす」By高橋さん
  「こんにちは」By平田さん
  「裏でモニタをご覧になってたと聞いたんですが」
  「観てた、観てた」
  「どうでした?」
  「最初よかったんだけど、途中で明るくなったら反射して
  X線みたいな感じだった」
  「白くなってました?」
  「顔は映んなかった」

 ここで平田さんよりご質問
  「なんであなたが僕のことを"社長"って言うか説明しなくて
  いいの?みんな分からないと思うんだけど」By平田さん
  「知らないと思うんですけど、その辺のお話はPart3
  でやろうかと・・」By高橋さん
  「あ、そうなんだ。すみません、段取り知らないで。
  本当にさっき来たんで打ち合わせもしてないから・・」
  「いやいや・・・。楽しく!」
  「はーい」

  「ここからは、ゲストの方と一緒にゲームをしたいと
  思います!」By高橋さん
  「えっ!?」By平田さん
  「え?」
  「いきなりだと思って」

  ゲームの内容:
   出題される質問に対する穴埋めです。高橋さんと平田さん
   の答えが一致していれば、正解かどうかは問われない
   というルールです。

  「見事全問正解すると、ゲストの方の
  "欲しいもの1年分"を差し上げます。1年分、何が欲しいですか?」
  「ん~・・・睡眠?」
  「えーっ!1年ですよ。死んじゃいますよー」
  「・・でも寝るの好きだからいいや」
  「それでは"睡眠"を差し上げます(笑)。
  それではここからは阿部さんに進行をお願いします」
 と言って、いそいそと準備を始める高橋さん。平田さんにも
 紙とペンが準備されます。
  「人手不足なもので・・・」By阿部さん
  「いえいえ、すみません」By平田さん

  「それでは、第1問!」Byあべさん
  「ジャン!(SE)」
 突然のSEに驚き、周囲を見回す平田さん(笑)

  "自分の名前と同じ食品のCMに出ている人の名前は
  ○○ちゃん"

  「あたし分かった!」
 と答えを書き出す高橋さん。平田さんはと言うと・・・
  「えっ、なになに?もっかい言って」By平田さん
  「これ(机の上の紙)に書いてありますよ」By高橋さん
  「あ、自分で読めと・・(問題を読んで)
  えっ!?全然わかんない・・・」By平田さん
 1問目からピンチです。

  「私がジェスチャーで!」By高橋さん
  「ジェスチャー?ラジオなのに?」By平田さん
  「(平仮名の"つ"みたいになって、後ろに跳ねる)」By高橋さん
  「えっっ!??」By平田さん
  「食品のマネですね」By阿部さん
  「でも最初"えー"って」By平田さん
  「生物のマネしてみました!」By高橋さん
  「分かんないからボケらんない・・・」By平田さん
  「ヒントは、"I'm love(なんとなくぼかして)"ってCMです」By高橋さん
  「ファーストフードです」By阿部さん
  「生き物は分かったけど・・"自分の名前と同じ食品"でしょ?」By平田さん
  「その方の名前は、○○原さんです」By阿部さん
  「分かりました?これ(ジェスチャー)ですよ」By高橋さん
  「ん・・」By平田さん

 さて、答え合わせです。同時に出した回答は
  高橋さん:紙の真ん中に大きく"えび"
  平田さん:紙の真ん中に非常に小さく"えび"
 と。
  「小さい!見えないですよー」By高橋さん
  「だって!自信ないのに大きく書いて間違ってたら
  恥ずかしいじゃん!!」By平田さん

 大小ありますが、お2人とも"えび"なので、見事正解!
 1問目クリアです。(答えとしても正解!)

  「こんなに紙があるけど、何問やるの?」平田さん
  「結構やりますよ」By高橋さん
  「これ全部やったら、次の日になっちゃうよ」By平田さん
  「一応、全部で5問の予定です」By阿部さん
  「はい、すみません」By平田さん

  「それでは、第2問め!」By阿部さん
  「ジャン!(SE)」
 再びのSEにやっぱり周囲を見回す平田さん。

  "映画「SAYURI」で取り上げられていたのは日本の○○"

  「え~、なんだろう・・・」By高橋さん
  「もう公開されてます?」By平田さん
  「公開されましたね」Byあべさん
  「ヒントは?」By高橋さん
  「京都。そこにいる人ですかね」Byあべさん
  「あ~ぁ」By会場
  「しゃちょう、分かりました?」By高橋さん
  「なんとなく。分かんないの?」By平田さん
  「今2つ候補があって・・・人の名前っぽい方かな・・」
  「"名前"っぽいのでいいんじゃない?」

 さて、答え合わせです。回答は
  高橋さん:ぎおん
  平田さん:芸者("えび"より大きめ)

  「なんで"祇園"?」By平田さん
  「だって京都って言ったら」By高橋さん
  「祇園って場所だよ。人って言ってたじゃん」By平田さん
  「あ、そっか!」By高橋さん
  「でも、おしい!正解は"祇園芸者"です」Byあべさん
  「じゃ、合わせ技で!」By平田さん
  「ファンファーレ(SE)」
 "合わせ技"で正解となり、2問目もクリアです。

  「ありがとうございます。よし、俄然やる気になってきた!
  1年分、考え直してもいい?」By平田さん
  「何にします?」By高橋さん
  「ん~と、終わるまでに考える」By平田さん
  「そうですね」By高橋さん

 やる気も出てきたところで3問目です。
  "美佳子さんは聞いて欲しくない野球の問題です。
  野球の世界一決定戦、WBC。「W」は、「World」、
  「B」は、「Baseball」です。「C」は○○"

  「"C"?いっぱいあるよね・・・」By高橋さん
  「僕は知ってる!」By平田さん
  「ヒントは音楽」By阿部さん
  「はい!」
 と、今までになくさらさらと書いて、持ち込みのお水を頂く
 余裕まで見せる平田さん。

  「自分が分かるときばっかり。何文字ですか?」By高橋さん
  「知らない!」By平田さん
  「英語だと7文字ですね」By阿部さん
  「これって、英語で書かなきゃダメなの?」By平田さん
  「カタカナだと5文字です」By阿部さん
  「5文字!?(確認中)」By平田さん
  「足りてないの?」By高橋さん
  「カタカナでいいですよ」By阿部さん
  「ラジオ聴いてる人は分かるのかな・・。
  昔"それ"でひどい目にあったから・・気になる」By平田さん
  「え~、全然わかんないよ・・これかな?」
 と悩み悩んだ末に、高橋さんも何やら書いて、答え合わせ
 準備完了です。

  「意識合わせしなくていいですか」Byあべさん
  「しゃちょう、なんて書きました?」By高橋さん
  「それは"意識合わせ"じゃなくて、"答え合わせ"!」By平田さん

 結局、そのまま答え合わせとなりました。
  高橋さん:"カンパニー"
  平田さん:紙の真ん中に大きく"クラシック"

  「正解は、"クラシック"です」By阿部さん
  「どうしてくれる、俺の1年分!」By平田さん
  「だって"カンパニー"も5文字ですよ」By高橋さん
  「ヒントは無視?」By平田さん
  「じゃ、次に・・・」By阿部さん
  「まだやるんですか?」By平田さん
 残念ながら不正解で、1年分の賞品はなくなってしまいましたが、
ゲームは続行です。

 気を取り直して4問めです。
  "価値の分からない人とっては無駄なことの例えで、
  「豚に真珠」、「猫に小判」。「犬に○○」"

  「犬に・・」By高橋さん
  「そんな言葉あるんですか?」By平田さん
  「僕は知りませんでした」By阿部さん
  「えー?知ってます?」By高橋さん
  「知らなくてもOK?」By平田さん
  「中国の古い書物ですね。"三国志"じゃないです」By阿部さん
  「うん」By高橋さん
  「ヒントの方が難しい・・・」By平田さん
 平田さん、思いついたようでなにやら書き始めます。

  「3文字です」By阿部さん
  「答えが間違ってても、2人が揃ってればいいんですよ」By高橋さん
  「そういうこと?そっちで行く?」By平田さん
  「ヒント!ジェスチャーで!」By高橋さん

  「麻雀って知ってる?」By平田さん
  「ちょっとだけ」By高橋さん
  「こう(麻雀牌を前に押し倒すマネ)」By平田さん
  「お~ぉっ!」By会場
  「それを・・・(5回連続で繰り返す)いいんだよね?」By平田さん
 素晴らしいヒントに会場からは拍手です。

  「えっ??」By高橋さん
  「これ!(麻雀牌倒すマネ × 素早く5回)分かんない?
  ラジオじゃ全然、分かんないだろうけど」By平田さん
  「麻雀ですよね・・」
  「これ(麻雀牌を前に押し倒すマネ)は?」
  「"ポン"!」
  「じゃなくて」
  「えー、ドンジャラしか知らないです」
  「ドンジャラも一緒だよね。あがるときに、こう(麻雀牌を前に押し倒すマネ)」
  「"ロンロン"?」
  「あ~ぁ」By会場
  「"カンカン"」
  「最初に言った方」
  「ん~・・"ロン"?」
  「!(言葉なく"正解"を表現)それで・・(素早く5回繰り返し)」
  「"ロン"始まる3文字です」By阿部さん
  「今、何回やった?これ(必死に5回繰り返し)」
  「5回!」

 高橋さんも書き終わり、答え合わせです。回答は
  高橋さん:ろんご
  平田さん:ろん語

 平田さんの必死なヒントの甲斐あって、見事正解!
  「論語って知らない?」By平田さん
  「ろんご・・・?」By高橋さん
  「漢字でも書けるけど、また今度」By平田さん
  「勉強して下さい」By阿部さん
  「はーい」By高橋さん
  「すっごい疲れる・・・」By平田さん
  「そんなはずないんですけど・・」By高橋さん

 最後の問題になります。
  "トルコの言葉で「公園の東屋」の意味なのは○○"

  「そんなの知るか!」By平田さん
  「ヒントは、駅にあります」Byあべさん
  「分かった!歌にありますよね?」By高橋さん
  「平田さんが分からないと・・・」By阿部さん
  「分かるけど、"オ"か"ヨ"か・・・」By平田さん
  「確かに・・どっちにしました?"3"っぽい方」By高橋さん
  「ん・・・」By平田さん

 高橋さんも書き終わり、答え合わせです。回答は
  高橋さん:キヨスク
  平田さん:キヨスク

  「これで全問正解?」B平田さん
  「"カンパニー"が・・・」By阿部さん
  「あ・・」By平田さん

 非常に盛り上がったPart2も無事終了です。

 Part2幕間
  「疲れた~。ゲームっていつもこんなに疲れるの?
  (会場からの回答に)あ~、そうなんだ~」By平田さん
  「いつもはもっと簡単なんですけど」By高橋さん

  「次のPart3はトークです」By高橋さん
  「ちゃんと打ち合わせしようよ」By平田さん
  「みんなからのおハガキを元に、話を広げていく
  という感じです」By高橋さん
  「・・それだけ?」By平田さん
  「はい!」By高橋さん
  「そうなんだ・・・。
  前にも"こんな感じ"のがあったからな・・・」By平田さん

 Part3(ゲストとのトーク)
  「Part2がえらい疲れた・・・」By平田さん
  「本当ですか?」By高橋さん
  「普段頭使わないから(笑)」
  「そうですか?」
  「本気にしないで」

  「それでは、メールに行きたいと思います。
  "みったん、ひらたん、ぱよぱよ~"」By高橋さん
  「ぱよぱよー!」By平田さん

  メール6
   あこがれの平田さんがいらっしゃるということで
   初の公録参加が楽しみです。美佳子さんの巧みな
   話術で平田さんを丸裸にして下さい

 聞きながら、膝をかかえる感じで小さくなる平田さん。
そして、セーターの中をチェック!
  「なにしてるんですか?」By高橋さん
  「え?今日は大丈夫かな~と思って」By平田さん
  「"なにが"ですか!?」By高橋さん

  「もう1枚、メールに行きたいと思います。
  "みったん、平田さん、ぱよぱよ~"」By高橋さん
  「ぱよぱよー!」By平田さん
  「はいっ!(会場に合図)」By高橋さん
  「ぱよぱよ~!」By会場
  「ごめん!」By平田さん
  「"はいっ"っていうのが・・」By高橋さん
  「あ、はい。次はちゃんと」By平田さん

 メール7
  "LR"での初対面の印象と、"半分の月"で3年ぶり
  にお会いしての感想を教えて下さい

  「社長と初めてお逢いしたのは"LR"で。最初は"平田さん"
  とお呼びしていたんですけど、"社長"とあだ名をつけさせて
  頂いきました。おめでとう!」By高橋さん
  「めでたいんだ!」By平田さん
  「社長ー!」By会場
 会場のあちこちからかかる"社長コール"に、選挙立候補者の如く
にこやかに手を振って応える平田さんでした。

  「わかんねー(笑)」By平田さん
  「会場のノリが・・(笑)
  特に意味はなかったんですけど」By高橋さん
  「でも、なんでだっけ?」
  「収録終わってからの飲み会で」
  「そうか。"LR"の収録が夕方からで終わると夜で・・当たり前ですけど。
  そのときに、僕のお酒の飲み方がじじくさいから、だっけ?」
  「違いますよ。ビールを注ぐときに、
  『社長、おひとつ‥』って言ってたのが、そのまま現場でも
  (豊口)めぐと私が使うようになったんですよ」
  「熱燗だったんだよね。あんまり強くないんで・・・
  ついでもらって飲んでってやってて。そこからだ」
  「いつのまにか」
  「そうだそうだ。でも、あなただけだよ、言ってるの」
  「えーっ!めぐもですよ」
  「呼んでるよ(笑)」

  「そして、本当に久しぶりに"半分の月が"でご一緒させて
  頂くことになって」By高橋さん
  「("半分の月"では)あんまり絡みがないよね」By平田さん
  「実はここに台本が・・・じゃん!第3話の、あ、まずいかな・・・
  OAは1話だけなんですが、3話のです。せっかくなので、社長と・・」By高橋さん
  「ここで演るの?」
  「どうかな~と。で、本当に絡みがなくて、こことか・・・」
  「自分のとこだけチェックしてあるよ」
  「だって、私の台本ですよ」
  「あ、そう」
  「ここから、ここまでで如何でしょう?」
  「えーと・・・って、俺からじゃん!」
  「顔隠して演っても・・」
  「えーっ!!」By会場
  「だって恥ずかしいんだもん!」By高橋さん
 ということで、お2人が共演中の"半分の月がのぼる空"第3話から
の生アフレコご披露となりました。

 (里香@高橋さんの診察をする夏目先生@平田さん)

 高橋さん、本当に恥ずかしかったらしく、紙で顔を
隠しながら演じておりました。
  「『ガラガラ(夏目、扉を開けて出て行く)』(ト書きを読んでる)」By高橋さん
  (会場からは笑い)
  「僕よく分かってないけど・・あなたの主治医だよね?」By平田さん
  「はい」By高橋さん
  「で、絡みってこれだけ?」
  「ほぼ!」
  「大胆なドラマですよね」

  「しゃちょうと言えば、"お医者さん"のイメージが
  あるんですけど」By高橋さん
  「なんで?」By平田さん
  「カーダー先生(@ER)とか」
  「カーター先生は最近お医者さんしてないんだよね」
  「そうなんですか」
  「若いレジテデントに任せてて」
  「そうなんだ・・」

  「現場はどうですか?」By高橋さん
  「今?昔は覚えてないな・・・"LR"はね・・」By平田さん
  「メンバ少なかったですよね?」
  「あれは、難しかった。かっこいいじゃない、彼。
  なんて人?」
  「ジャックと・・・」
  「豆の木!」
  「(笑)ジャック、ですよね?」
  「2人いて。どっち僕?」
  「ジャックとロウです。しゃちょうは、ジャック!」
  「もう1人がうえぽん(うえだゆうじさん)で・・」
  「間違えたかと思った!」
  「それが難しかった」
  「私、好きでした!」
  「過去形かい!」
  「たたずまいとか・・
  「それは僕は関係ないんで、監督とか作画の方に言ってあげると
  喜んでもらえます」

  「"半分の"・・"半分の"・・・は収録は終わったの?」By平田さん
  「(情報を)言っていいのかな?」By高橋さん
  「僕は聞いただけで、言ってないから」
  「そんな~。"半分は"なんと6話なので、もうアフレコ終わってます」
  「僕があなたのいるのに行くこともなかったし、あなたが
  僕の方に来ることもなかったよね?」By平田さん
  「本当に"LR"以来ですよね」
  「避けてた?」
  「そんな。ご縁が・・・」
  「3年ぶりの第1印象・・・じゃなくて、"3年ぶり印象"は、
  大人になったかなと。綺麗になったかなと」
  「本当ですか!(嬉)」
  「でも、翌週に間違いだったと気が付いた!」
  「え~!」
  「大人になったと思ったけど、"あ、やっぱり変わってないな"って。
  誤解だったようです」
  「そんな、持ち上げて落とさなくていいですよ~。
  そのとき、社長はお風邪を引いてらして・・・」
  「そんなことはないですよ~」

  「次のメールです。
  "みったん、平田さん。あけおめぱよぱよ~"
  はいっ!」By高橋さん
  「えっ・・・あ・・・ちょっと・・」By平田さん
  「あけおめぱよぱよ~」By会場
 通常のご挨拶ではなかったため、出遅れて撃沈した平田さん。
  「だって、"ぱよぱよ"って言えばいいって・・
  はい、あけおめぱよぱよ~」By平田さん
  「すっかり不機嫌じゃないですか」By高橋さん

  メール8
   今年の初笑いになりそうで楽しみです。
   平田さんのお好きな方はいらっしゃいますか?
   最近見たぱよぱよ以外のお笑い番組と言えば・・・

 (会場からは拍手!!)
  「・・・お笑いではありません。癒し系です!」By高橋さん
  「え~っ!」By会場

 メール8(続き)
  お隣の社長が出演された"ぱっぴー"の方との・・・

 「ちょっと待て!あれはお笑いではありません。
 癒し系です」By平田さん

 「なんですか、それは?」By高橋さん
 「不愉快な思い出!」By平田さん
 「わさび寿司を食べた番組だったんですか?」
 「そう。あ~っ!みなさん、"思い出し怒り"ってあります?
 これは長くなるけど、仕方ないよね」
と言うことで、"あの"総一朗寿司のお話に。

 「なんかお寿司屋になってて、"へい、いらっしゃい!"
 とか言っているワケですよ。で、寿司屋だから、
 後ろに"たこ"とかネタが書いてあって。その中に
 見慣れないものがね」By平田さん
 「見慣れないもの?」By高橋さん
 「"チョコ"とか"プリン"とか」
 「えっ!?チョコのお寿司ですか?」
 「はい。その中に"グリーン"ってあって・・」
 「グリーン?なんですか?」
 「分かんないでしょ?だから、
 『ちょっとマスター、"グリーン"って何?』って聞いたら
 『"グリーン"ですね』
 『え?、あ・・聞いただけ・・』
 『へい、お待ち!』って」
 「えっ?グリーンって」
 「・・だから、シャリがグリーンなんだよ」
 「えーっ!お味は?」
 「もう忘れた・・でね、もう1人の方が、生もの一切ダメで。
 "あきらくん"って言うんですけど」
 「あ~」By会場
 「そう。だから"チョコ"とか"プリン"とか全部いっちゃって」
 「石田さんもいらしたんですか?」
 「そうそう」
 「それって"4人"ですよね?」
 「某番組のおっさん関係そろって・・・S、Tひこさんとか」

 「素晴らしい番組をやってたんですね」By高橋さん
 「でもあれは、彼(保志さん)の番組だったんで」By平田さん
 「今日もあった方がよかったですか?」
 「いやだ!それでさ、劇場版のときも。
 映画の始まる前に舞台に出て挨拶する・・・舞台挨拶か!」
 「そのまんまです(笑)」
 「なんか盛り上がって、そこでもやってさ」
 「ご覧になった方はいらっしゃいますかね?」
 「地方だけだったからね」
 「あ、でも、いらっしゃいますよ・・・
 しゃちょうも随分過酷なことしてますね」

 「で、なんだっけ?"好きなお笑いの人"?」By平田さん
 「どうですか?」By高橋さん
 「僕、お笑い好きですよ」
 「えっ、初耳!」
 「初めて言ったかな、好きなお笑いの人はね。
 えーと、"爆笑問題"!」
 「おぉ・・・」By会場
 「今ではもうベテランですよね」
 「彼のツッコミがあるから、彼のボケも冴える・・
 名前分かんないんじゃ、好きじゃないじゃん!(笑)」

 「僕の笑いのツボに近くて」By平田さん
 「あ、ちょっと似てるかも」By高橋さん
 「今、笑いの勉強中!」
 「じゃ、どこかでご披露を・・」
 「しない!」
 総一朗寿司の話で会場が盛り上がったところで
お時間となってしまいました。

 「そろそろお時間で・・・」By高橋さん
 「すいません、だらだらと。わさび話で」By平田さん
 「こちらこそ、まったりとしてしまって・・・
 しゃちょう、いかがでしたか?」
 「だらだらは、かつて保志さんと・・散々やってたんで。
 楽しゅうございました。打ち合わせがあるとそれにあわせようと
 するので・・・そんな面もあるんだよ!」
 「じゃ、かえってない方がよかったですね」
 「丸裸の勘があります」
 「やった~!よっ、しゃちょう!」

 「最後はみなさんで合言葉を。しゃちょう、よろしいですか?」By高橋さん
 「大丈夫です」By平田さん
 「それでは・・・」
 「ぱよぱよ~!」Byお2人&会場

 大盛り上がりをみせた公開録音は、これにて終了と
なりました。

 ○抽選会
 無事に公録も終わり、高橋さん、平田さんからプレゼント抽選会
となります。

 「しゃちょうも持ってきて下さっています」By高橋さん
 「だって"持ってこい"っていうから・・」
と紙袋を取り出す平田さん。

 抽選番号は、入場時の受付番号です。ちなみにお2人よりの
ご提供の品々は・・・

 高橋さんPresents
  高橋さん&平田さんの2shot写真(3枚)(サイン入り)
   「今日は2人とも赤で」By阿部さん
   「偶然ですよね」By高橋さん
   「そう」By平田さん

  スーパーロボット大戦CDドラマ(サイン入り)
  遊戯王DuelMonsters 1Box(サイン入り)

  エレメンタルジェレイド レンのストラップ
   「中の(説明書いてある)紙に、サインを入れました。
   なので、捨てちゃったらそれまでなので」By高橋さん

 平田さんPresents
  最遊記クッション(サイン入り)
   「ずっと袋に入れてあったからこんな(平ら)だけど、
   ほせばちゃんと戻るんで」By平田さん
  OnePice2006年カレンダー
   「春先にサインをいれてみました」By平田さん
  OnePiceサンジMaxiSingle
   「これがどうにも・・・」
  と言いながら、紙袋から取り出したのは高橋さんの
  "願いのとき"(L/R ED)
   「あ~っ!!いいですよ、これは出さなくてー!
   あー、びっくりした!」By高橋さん

 当選された方は、舞台にて直接、高橋さん&平田さんから
賞品が進呈されます。普段はとんと縁のない私ですが、

 ありがとうーっっ!!平田さーん!!
 通常出てこない数字(143)を選んでくれて!!

 突発的だったため、かなりテンパっておりましたが・・・
もちろん、頂いた品物は大事にしております。
そして

 ありがとうーっっ!!S.K.さーん!!
 公録のご連絡を頂いけたこと、感謝でございます。

 (始まったばかりの)今年の運の全てを使い切った
感じです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月21日 (土)

雪の中

 朝、用事があって早起きを試みたものの、寒さで
挫折しかけました。カーテンを開けて、目にした
白い景色に驚きと落胆でした。

 用事その1を片付けるため、(挫折しかけたので)9時に
現場に到着できるように出発しました。一応、雪考慮も
したんですけどやっぱり遅れました。

 どうにか当初の予定していた分は終えることが
できたので、用事その2のためにまた移動。こちらは
待ち合わせよりも早めに着いたのでよかったです。

 こちらは、非常に有意義な時間を過ごすことが
できました。雪が降る中、無理してでも行って
正解でした。

 帰りは小降りになったので、乗り換え駅(1駅分)を
歩いてみました。しかし、よくよく考えてみると
先週も雨の中駅に向かって歩いていたような・・・

 雪の影響は多々ありましたが、予定のことが
こなせて満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月20日 (金)

コンビにで買い物

 昨日に引き続き、寝坊です。電車が遅れていたので
つじつま合ってなんとかなりましたが。

 お昼、久々にコンビニへ買い物に行きました。
割とよく購入するものを手にして思ったこと。

 若干値段が上がってる?

 別のコンビニの同じものと勘違いしている
可能性も非常に高いのですが(苦笑)

 コンビニと言うと、常に定価というよくも
悪くもある状態が一般的です。一時、どこかの
お店が、"飲み物(種類限定)を値下げします"
ということをやっていたと思いますが、今でも
継続してるんですかね。

 週末、出かけるというと天気が悪いようです。しかも
明日はらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月19日 (木)

目力!!

 夜更かしがたたって、本日は大々的に寝坊をしました。
遅刻は免れましたが、どんなツッコミが入るか分からない
ので、気をつけないと・・・

 帰りの電車にて。朝のラッシュほどではありませんが
そこそこ混んでる状態で、本を読んでるおじさんが前に
おりました。本や新聞を読む方を否定はしませんが、
寄りかかってくるのはやめて頂きたい。
 そのおじさんは、つり革につかまってるにも関わらず、
こちらに寄りかかってくるんですね。イヤなので
(狭い中)避けてみても一緒に移動する始末・・・

 さらに気分が悪くなったので、とある駅で空いた
ときに、距離をおいてどうするか見てました。
周囲を確認してる素振りで、明らかに他のターゲット
探している様子!で、こっちを見たので

 思いっきり不機嫌な視線をおくってしまいました
 (世に言う、"ガン飛ばし"?)

 おかげで以降、ぴたりとなくなり、快適に目的の駅まで
過ごすことができました(笑)逆に怒り出すような人
じゃなくてよかった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月18日 (水)

それなら最初から・・

 古いものをちまっと更新してみました。しかし、まだまだ
その数が減る気配が見えません。

 担当さんより割り込み作業の依頼がありました。
一緒に作業をしている方が受けたのですが、本作業が
遅れ気味だったので、こちらで引き取りました。

 対応すること自体は大した内容でなかったので、ぱっぱ
と終了しました。ただ、共通利用部分のため、テストに
ことのほか時間を費やすハメになりました。せっせと
テストをしてる中、頼んだ方は定時に帰っていったのでした・・

 余裕があるなら、自分でなんとかして下さい!!

 私とて、遅れているのに・・・(昨日の日記参照)
以降、惑わされないように気をつけよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月17日 (火)

どんな引き算だ!?

 昨年声をかけてもらったお集まりについて
"忘れてませんか?"とメールがきてました。
別件が発生してるので行くを思案中だったりします(苦笑)

 担当さんとの認識の違いから、作業期間が
短くなってしまいました。割り込みにより着手が
遅れた分、期限が延びると思っていたらそのまま
変わらず、とのこと。

 全然違う内容なのに、なんで時間が減って
 しまうのでしょう!?

 結果、"作業が遅れてる"ってことになってしまい
担当さんより

 「とにかく頑張って下さいとしか言えません」

相変わらずのお言葉を頂きました。またもや
やってられないと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月16日 (月)

早寝早起き!

 先週末、"月曜に、次週以降の作業について話をしましょう"
と言っていたのに現れませんでした、担当さん。別件で電話が
かかってきたのでいない訳ではなかったのですが・・・
さては忘れたな!

 週末遊ぶことに懸命なせいか、平日が非常にお疲れモードです。
帰りが遅くても、個人的にやりたいことを片付けようという
ことをしてるので、気づけば2時とか3時とか・・・というのが
問題なのですが。
 おかげで、出勤時間が後ろへ後ろへと徐々にスライドして
いる状況です。"これはマズイ!!"と思っているんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月15日 (日)

Inpact Noir

 一変してよいお天気の本日。昨日がこれくらい晴れていたら
楽だったのに。

 録画しておいた「名探偵コナンスペシャル」をやっと
見ました。

 通常のスペシャルだと、割りと推理部分に重きを
おいた感じが多くて見ながら考えていたりします。
 今回は、コナン・黒の組織・FBIの3者がそれぞれの
思惑で動いていて、話の展開を追うような視点で
見てしまいました。また、含みを残しつつ終わったので
今後の展開も気になりますね。

 それにしても10周年。作品の人気も衰えることなく
続いているのはすごいですね。作品自体もしっかりしている
のですが、演じている役者さんも実力派揃いなので、
さらに面白みが増しているのではないかと思います。
 ただ、10周年のお祝いコメントの人選にはかなり不満
(というより意図不明)でしたが・・・。一体なにがしたかった
のでしょうか?

 それはさておき、G.W.の映画が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月14日 (土)

オルゴール・レクイエム

 奇談シリーズ番外編 朗読劇
 オルゴール・レクイエム

  原作 椹野道流

  出演:郷田ほずみ(天本森)
     石田彰(琴平敏生)
     矢尾一樹(小一郎)
     樫井笙人(河合純也)
     緑川光(辰巳司野)
     小野涼子(尾上八穂)
     安斉一博(尾上大悟)
     (敬称略)

  上演時間
  18:00~20:00(途中15分休憩あり)

 講談社のホワイトハート文庫より出版されている
「奇談シリーズ」の朗読劇を観劇して参りました。
(「奇談シリーズ」の詳細はこちらをご覧下さい)
簡単にお芝居のストーリーと感想です。

  天本と敏生がそのオルゴールのことを知ったのは、
 骨董屋「忘暁堂」の座敷で茶飲みをしているときだった。
 骨董屋の主人-辰巳司野に言われて待っていたところ、
 店にやってきたのは以外な知り合い。その知り合いが
 持ってきたのだった。問題のオルゴールを。

   「私が死んだら、このオルゴールは、あんたにあげる。
   ただし、ひとつだけお願いがある。1月15日の午前1時に
   なったら、必ず、このオルゴールを鳴らすこと」

  オルゴールを鳴らす場に立ちあうことになった、天本と敏生。
 「添い寝屋」河合純也にも協力をあおぎ、司野とともに依頼人の家へ。

  オルゴールの響きとともに、天本たちの前によみがえって
 きたものとは・・・?

 (パンフレットより抜粋)

 前に5本ほど、ちょっと高くなった後ろに2本ほど
マイクが並べれた舞台で、場面に合わせて役者の方々が
移動をする形式でした。(基本は立ったまま!)

 原作の内容を知らずに行ったのですが、物語がしっかり
としていること、今回の話だけで完結することもあり、
引き込まれて観ていました。途中の休憩までがあっという間に
感じるくらいでした。

 小一郎と敏生の部屋でのやりとりには笑わせて頂き、
後半の山場、敏生が大悟に必死に呼びかけるシーンでは
ちょっと涙腺が危なかったです。"想う気持ち"は、強ければ
強いほど、善くも悪くも力になるものだと感じました。
 最後の天本と敏生には思わず頬が緩んでいました(笑)

 舞台後方にスクリーンが下がっていて、演じている
役者の方々の表情の他に、ト書き的なこと("応接間"とか)や
原作の絵が映し出されて、"状況の分かりやすさ"が加わわり
物語のテンポがよかったです。
 また、モノローグや人から妖かしに変わるときに
その場で効果がかかっていたのが驚きでした。

 終了後、アンコールの拍手に応えて幕が上がり、
再びみなさま舞台に登場されて、"本日の感想"ということで
フリートークがありました。これが20分~30分くらいだった
と思うのですが、おもしろかったです。

 (立ち位置は左手から安斉さん、矢尾さん、樫井さん、郷田さん、
石田さん、小野さん、緑川さん、原作者・椹野先生)

 「(フリーになった途端)緊張した~(笑)
 本日はありがとうございました。原作の椹野先生も・・
 如何でしたか、2回目は?」By郷田さん
 「2回目は1回目よりも緊張しないで見られると思った
 んですけど、同じところで、最初からつまるんで
 もうずっとドキドキしてました」By椹野先生
 「(先生に)すいません」By石田さん
 「握りこぶしで見てました(笑)」By椹野先生

 「では、端から感想を・・。緑川くんから」By郷田さん
 「なんでもいんですか?(会場笑)
 あの・・ずっと仏頂面で演じるは、辛いです・・・(笑)
 1回目は緊張してたんですけど、2回目は冷静に話を
 見ることができて、楽しく演ることができました。
 芝居をしてるときは集中してるけど、自分の出番じゃない
 ときは、"ぼーっ"として・・・」By緑川さん
(会場からくすくすと笑いが・・)
 「まだ続きがあるから!"ぼーっ"として、"ぼーっ"として・・(笑)
 "郷田さんの声、エロいな"とか、"石田くん、かわいいな~"
 とか思ってました(会場笑)大丈夫ですよね?誰にも迷惑
 かけてないんで」By緑川さん

 「こういう話は、(こう見えても)結構すぐきてしまうので。
 "今日は大丈夫だ"って思っていたら、会場から結構泣く声が
 して・・・いいんですよ、そういう風に作ってるんで。
 すすり泣きを聞いてたら、思わずもらい泣きしそうになり
 ました。いいんです、泣くのは!
 でも、"頼むから近くでは・・・"と」By緑川さん
 「すすり泣きと鼻炎が多いんだよ、今日は(笑)」By郷田さん

 「リハ入れて3回目なんですが、緊張して、かみました。
 緑川さんもおっしゃってましたが、私もすすり泣きを
 聞いて、泣きそうになって。ガマンするのが大変でした」By小野さん

 「あ~・・・。2人の話を聞いて、"僕は汚いな~"と思って
 しまいました。2人は会場のすすり泣きを聞いて、"もらい泣き"
 って言ってるんですけど、僕は"もっと泣かせてやるっ!"と
 思ってしまいました」By石田さん
 「(すかさず)だからかむんだよ(笑)」By郷田さん
 「そうですよね!そんな余計なこと考えてるから
 かむんですよね。僕もそう思いました(笑)」By石田さん

 「僕も袖で泣きそうになってました。
 これ(髪型)は寝グセじゃありません。寝坊したとか、
 そこで寝てたとかじゃなくて、そういう役ってことで。
 髪がぼさぼさで、ひげがあって・・・役作りです」By樫井さん
 「でも、朗読劇だよ」By郷田さん
 「・・形から入ってみました!(笑)」By樫井さん

 「私は普段、アドリブをバンバンいれるんですけども、
 今回は、"小一郎"はムリでした!"主殿!"とか、"~でござる"
 とか言ってるんで。使い慣れない言葉でそこまでは・・・
 ご了承下さい(笑)
 あと、個人的に、うちの母の名が"すみこ"で。
 だから、みんなが"すみこ"って言ってるのが、なんか
 変な感じがして」By矢尾さん

 「さて、安斉くん。朗読劇だよ、今日は!」By郷田さん
安斉さんの演っていた尾上大悟は、戦争で亡くなったという
設定だったため、軍服を着てお芝居されていたんですね。
 「(笑)会場の方も、"なんか1人、浮いてるのがいるな~"
 と、思っていると思いますが・・。これは自前じゃないんで!
 "すみこさん"の名前を呼ばせて頂きました(笑)」By安斉さん
 「さっき昼と夜の間で、"すみこ"に電話しました(笑)
 気になっちゃって」By矢尾さん
 「生きてた?(笑)」By郷田さん
 「生きてた!(笑)俺も、これ演ってたら"大丈夫か?"って
 思っちゃってさ。今後とも、"すみこ"をよろしく!」By矢尾さん

 「先生の着物も素敵ですよね。日本人はやっぱり着物!」By郷田さん
 「"すみこ"は重要なんですけど、ここにいないので。祖母の着物を
 借りてきました。"すみこ"じゃなくて、"しずこ"ですが。
 右(端)と左(端)でコスプレで、ちょうどいいかと」By椹野先生
 「本当におばあさまの?」By郷田さん
 「そうです」By椹野先生
 「ご健在ですよね?」By矢尾さん(?)
 「はい。
 『着物貸して』って言ったら『やだ!』と。強気です(笑)」By椹野先生
 「着物はどうです?」By郷田さん
 「声が出にくいですね。陰ナレとかやったんですけど、普段の
 半分くらいしか声が出なくて」By椹野先生
 「陰ナレ、開演前のアナウンスとか、"休憩です"とか。
 先生だったんですよね」By郷田さん
 「そうだったんだ。知らなかった。ありがとうございます」By矢尾さん
 「知ってたらちゃんと聞いてたよね?覚えてないでしょ(笑)」
と会場に聞いてみる郷田さん。本編の内容についても少し触れて
ました。

 「大悟はすみこに逢えたんですか?」By郷田さん
 「たぶん」By椹野先生
 「多分ですか?」Byみなさま
 「天本は、送り出したらそれっきりなんで・・・
 "後のことは・・・"って感じです」By椹野先生
 「すみこさんの姿はそのままですか?」By矢尾さん
 「できれば若い姿で」By椹野先生
 「それはね~。すみこさんが70ン歳で、片方24じゃね」By矢尾さん
 「ジャニーズと森光子みたいだもんね」By郷田さん
 「うまい!」By矢尾さん

 「この中で霊感とかあるのって・・・(樫井さん挙手)
 1人だけだよね」By郷田さん
 「こういうとこ(劇場とか)って、よくたまりやすいって・・」By矢尾さん
 「よく一緒に付いて来て、悪さをするのとかいますけど、
 ここ大丈夫です」By樫井さん
 「えっ、そういう(付いて来る)のあるの?」By郷田さん
 「ありますよ」By樫井さん
 「いつ?」By矢尾さん
 「昔ですよ。中学とか高校くらい。夜、横になって寝てたら
 (左手枕に横向きの体勢)なんか後ろで同じ格好で寝てる気配が
 して、耳元でごそごそ言ってるんですよ」By樫井さん
 「えーっ!!」Byみなさま&会場
 「気になるんで逆を向いたら・・・」
と寝返りをうつ感じで向きを変える樫井さん。
 「こうなったの?」
と、向かい形で寝てるマネをする矢尾さん(笑)。
 「それじゃ怖いですよ!!そうじゃなくて・・・」By樫井さん
 「じゃあ、こう?」
と、今度は樫井さんと同じ向きで寝てるマネをする矢尾さん。
 「いえ、そのまま後ろに・・・」By樫井さん
 「こうだ!」
後ろ(隣?)にいた郷田さんが、樫井さんの後ろで同じ向きの
寝てるマネをしてみます。
 「そうです!それでまた、耳元でごそごそ言ってて」By樫井さん
 「"寝返り小僧"か!(会場笑)先生、どうです?」By矢尾さん
 「いいですね」By椹野先生

 「(小説は)先生の実体験を元にしてるんですか?」By郷田さん
 「そうですね。
 私、某県の法医学師を"裏稼業"でやってまして・・」By椹野先生
 「こっち(小説)が裏じゃないんですか?」By石田さん
 「(笑)本当はもっとすごいですよ。こっち(法医学)は"死体"が
 クライアントですから。すこし"かわいく"アレンジして」By椹野先生
 「(樫井さんに)全然違うよ!」By郷田さん
 「僕のは"さわり"くらいですね(笑)」By樫井さん

 「今後の展開とかは?」By郷田さん
 「なんか、日本全国温泉めぐりみたいな感じになってきて
 しまったのですが、まだ九州には行ってないので。
 あと、北海道も。でも、天本が熱さに弱いので、使い物に
 ならなくなってしまうという・・・。だから、メンバーを
 きっちり揃えてから行きたいと思います」By椹野先生
 「現地で録りたいよね」By郷田さん
 「いいね!温泉とか生音で!」By矢尾さん
 「俺、寝てればいいんでしょ?」By郷田さん
次回のCDは、温泉で収録らしいです(笑)

 最後に一言づつ感想です。
 「こういう趣味(軍服)がないと分かって頂ければ(笑)
 大悟はこれっきりなんで・・。"また大悟を見たい"と先生に
 言ってくれると、次も出られるかもしれないので(笑)
 よろしくお願いします」By安斉さん
 「今回は朗読劇でしたが、せっかくボーカルもあるから
 次回はをやりたいよね(若干あせる方が2名ほど)」By矢尾さん
 「こういうのは初めてで、最初は非常に緊張してました。
 でも、今ではそのドキドキを楽しんで、気分が高揚してます。
 河合さんは、また出る機会があると思いますので、
 よろしくお願いします」By樫井さん
 「はい。本日は足元の悪い中、お越し下さってありがとうございます。
 日頃の行いがよければ、こんなことにはなってないでしょう。
 外に出て雨が止んでいたら、"日頃の行いがいいんだ"と思って
 下さい。降ってたら・・・"あぁ・・(落胆)"と。
 って僕は何言ってんでしょうね(笑)」By石田さん
 「石田さんもおっしゃってましたが、今日は雨の中、
 ありがとうございました。明日は15日、おじいちゃんの
 命日です。日頃逢えない人を思い出してみて下さい」By小野さん
 「今って雨降ってるんですか?僕が来たときは全然
 降ってなかったんで、周囲の言ってることがいまひとつ
 信用できない状態ですが・・。僕、雨男で、先週イベントで
 台湾に行ったときも大雨でした。これまで海外に行ったときは
 全て雨です!(会場笑)あ、でも、今日は僕じゃないんで。
 来たとき降ってなかったから」By緑川さん
 「今日はありがとうございました。こういった機会が
 持てるのは嬉しいことです。さっき、一樹ちゃんが
 "歌"って言ってたでしょ。OPで流れてるあの歌聴くとさ、
 一気にテンションが下がるんだよね。
 "あ~、歌ってる・・・はぁ・・"って」By郷田さん

 最後の「ありがとうございました!」の言葉の後、みなさま手を振る中、
舞台の幕が下り、終了となりました。

 直接役者のお芝居に触れることができるこういった機会は
どんどん増えてくれるとよいです。完成された作品(CDなど)
も好きですが、"生"だから味わえる魅力は素敵ですから。

 個人的にちょっと思ったことなど。
今回出演されていた石田さんが、非常に表情豊かに
演じていらしたのが印象的でした。何度か生で台本を
手にする姿を拝見したことはありますが、今回は
特に目を惹かれました。"この方の魅力はここにあるのか"
と思った次第です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年1月13日 (金)

実験室ではありません

 週末は天気が崩れるそうです。出かける予定が
入っているので、移動手段の電車が遅れないで
くれるといいんですが・・・

 作業場所に給湯室があるので、温かい飲み物を
頂けます。インスタント紅茶を持っていって
せっせと作って飲んでます。

 お湯を持って席に戻り、お茶の元が入った小瓶
を取り出して作る姿は

 さながら理科の実験

 という感じです(笑)

 (給湯室にお茶の元を)置いておけないので、自席で
大々的にやってます(苦笑)傍から見るとおかしな光景
とは思いますがこの時期の温かいものには勝てません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月12日 (木)

大間違い!

 コピーとコピーを間違えたために、修正前の状態
戻ってしまいました。2時間の結果が・・・

 2人で開発作業をしています。相手の方が割り込み作業の
影響でちょっと遅れ気味の状態。直してもらっている
ツールから情報を入れてもらって、内容を確認するための
画面を作成しているので、こちらにも遅れの影響が出て
きてます。

 遅れてることはあまり問題ではなく(?)、データを予想して
作っている私の方が問題。確認できないから正しいか
分からないままだし・・・。だからと言って、待ってるわけにも
いかないのでひたすらで作ってます(笑)。
 さらなる問題は、"ひとまず作っておけ!"と思っている
作っているのを、"進んでいるから別の作業を!"と
大いなる勘違いをしている担当さんです。

 面倒なことは早く手ばなしたいからやってるだけなのに・・・

 週明けが危険度・高です

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月11日 (水)

"勉強"とは・・

 お正月休み気分が抜けきらないのか、朝起きることが
できずにいます。改善せねば!

 TVにて。「"勉強"の意味する本来の意味とは?」というのを
見ました。で、その意味はというと

 "やりたくない事を仕方なしにやる事"

 だそうです。現在意味する"学習"とはかけ離れて
いたことにちょっと驚きでした。そして思ったのは

 私がやってるのは"仕事"じゃなくて"勉強"

 ってことでした(笑 or 本気)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月10日 (火)

お風呂の活用

 まだ今年も始まったばかりなのに、午前さま街道
になりつつあります。回避せねば・・・

 上記により、あまりも疲れてあまりにも寒かった
ので、帰って早々にお風呂に入ってしまいました。

 やはり疲れがとれますね~

 たまにはのんびり、湯船につかるのもよいです。
ほかほかで気分もすっきりしました。

 ただその反動で、見たい番組があってこたつで
待機していたところ、次に気づいたときには
終わっておりました。
 思わぬ落とし穴でした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 9日 (月)

向き・不向き

 成人式です。晴れ着の方々を見かけました。

 年末年始に録画したものを消化してました。
間があきすぎて、前後の流れを忘れていたものや、
見積もり間違えて途中で切れてもの、期待せず
録ったものが思った通り「・・・」だったりといろいろ
ありましたが、見終わりました。
 どうも、ドラマは向かないみたいです。
あ、でも古畑はおもしろかったかな。

 あとは聴き終わっていないCDたちを
片付けてしまわなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 8日 (日)

今年の予定

 風が冷たいです、日なたはあったかいのに。

 やっと買うことができました、スケジュール帳。
年末出遅れて今の今までなしだったので、予定が
どうなっているか整理しきれずにいました。
よかった、これで遊ぶ予定がはっきりする♪
仕事のワケがあるはずないですよ(本気!)

 早速、確定・未確定含めて書き込んでみました。

  3月まで埋まってしまった・・・

 楽しみがあるから、嫌なことをやっていける
ので、"よし"とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 7日 (土)

七草

 本日は七草粥の日。にも関わらず、夜はキムチチャーハン
でした。胃を休めることからかけ離れすぎですね。

 休みに備えて銀行やら郵便局へ走り周っているうちに
1日が終わってしまったような・・・
 しかし、どちらも基本的には午前中までのはずなので
午後は一体どうしていたのかと考えてみると、

 ・・・"探し物"が見つからなくて家に戻って・・・
 ・・・こたつでぬくぬくしてたら、そのままうとうと・・

 非常に有意義に時間が使えていません・・・

 お正月気分が抜けてない模様なので、リハビリを
しなくてはいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 6日 (金)

初雪観測

 帰宅時、最寄駅で降りたところでふわふわと雪が
降りだしてました。(個人的に)初雪だったので、
思わず"うわ~"と声に出してました。気づいたときには
慌ててその場から逃げましたけど。

 昨年末から大寒波や大雪の話をあちこちで聞きます。
幸い、私の住んでいる地域ではそれほど影響は
ないのですが、TVなどで数メートルも積もった中で
雪かきしている光景などを見ると、"あれだけ積もれば
確かに大変!"と改めて思ってしまいました。

 自然相手のことなので、どうにもし難いところですが・・
雪に慣れていない身としては、ただただ積もらない
ことを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 5日 (木)

忘れごと多し

 本日より"本当の"仕事始めでした。始め会の時間を
勘違い。すぐに終わると思っていたら、思いのほか
長かったです。

 勘違いしてたのと、今年分のスケジュールを作り
忘れていたので、思ったよりもなんにも進みません
でした。で、いきなり残業モードになりかけました。

 ビデオのセット忘れたので、慌てて帰って
古畑任三郎を見ました。3夜分見ましたが、どの回も
これまでとちょっと違う感じで結構おもしろかった
です。

 とりあえず、あと1日我慢すれば休みなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 4日 (水)

フライングしたかった訳では・・

 "あっ"という間に休みも終わりです。なんだか
あまりゆっくりしなかったような・・・

 うちの会社としては、明日から仕事始めですが、
お客さんの要請(といより強制的に)により、本日から
お仕事です、私。(そんなものはフライングしたくも
ないのに)

 行ったらさっそく、年末に別の方が対応したものに
漏れがあるとの連絡が入りました。何事もないことを
祈っておりましたが、儚い願いだったようです。

 とりあえず、明日1日で対応できるかだけ調べて
(一応OKってことで)連絡しておきました。
 で、対応してくれた方、作業は早いんですが
いっつも大きな抜けとか漏れがあるんですよね。
初っ端からこれとは・・・いいかげんにして頂きたいです
ホントに。

 用事があったので、ぱっぱと帰ってきてしまいました
が、事足りずで明日出直しになりました。早くあがれると
いいんですけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 3日 (火)

初詣

 今年の箱根駅伝はおもしろかったですね。最後まで
ドキドキしながら見てしまいました。

 駅伝を見終わってから、浅草へ初詣に行きました。

 なんなんだ、この込み具合は!!

 お正月三が日なので混んでいるとは思っていましたが
まさかこれほどとは!いつも(平日とかお正月以外)は
普通にお店を見ながら歩けるのに・・・
雷門をくぐってから本堂まで、仲見世通りに人が
いっぱいでした。

 警備の人の指示にされながら、人並みにのって
お参りをしてやっと脇に抜けたら1時間半近くかかって
たのに驚きでした。(それでもかなり近道したんですけど)

 今年1年、無事に過ごせますように。
そして、明日から行きたくないのに仕事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 2日 (月)

正月三が日の2日目

 寒くてこたつから出ることができません。

 近くの神社へ初詣の予定でしたが、寒さのため
断念してしまいました。昨年、(小さいせいもあるのですが)
あまりに混んで本殿まで長蛇の列となってて、寒い中
非常に待った経験があったもので。しかもそのときは、
よくいる"途中からの割り込み"がひどくて、年明け早々に
頭にきた記憶もちらほらと・・・

 晴れた隙を狙って買い物にでました。でも、"福袋!"
という気分にもなれず、ふつーに食料品の買い物をして
帰ってきてしまいました。

 明日はお天気がよければ、遠くへ初詣の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 1日 (日)

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。

 2006年が始まりました。届いた年賀状を見たり
すると"お正月だな"と思います。でも、お店など
も殆ど1日からやっているので、あまり普段と
変わらなかったりするのですが。
 ひとまずゆっくり過ごしたいと思います。

 今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »