2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« ネオロマンスライブ2006 Autumn:1日目 | トップページ | Sweetsの魔法 »

2006年9月24日 (日)

ネオロマンスライブ2006 Autumn:2日目

ネオロマンスライブ2006 Autumn
日付:
 2006/09/24(日)

会場:
 パシフィコ横浜国際大ホール
  昼 13:30~16:00
  夜 17:45~20:30

本日のご出演:
 堀内賢雄、岩永哲哉、森川智之、高橋直純、
 保志総一朗、鳥海浩輔、伊藤健太郎、森田成一、
 谷山紀章、小野坂昌也

開演前アナウンス:
 レイン(高橋広樹)、ニクス(大川透)
(敬称略)

全体の流れ:
 ・OP
 ・ライブ(Part1)
 ・新作情報(コルダアニメ)
 ・ゲームコーナー 歌詞King決定戦
 ・ライブ(Part2)
 ・作品情報(アンジェアニメ)
 ・ゲームコーナー Match Voice Game
 ・作品情報(遙か劇場版)
 ・愛のメッセージ
 ・ライブ(Part3)
 ・新作情報(遙かゲーム)
 ・ED
 ・アンコール

・愛のメッセージ
セイラン
 僕の天使へ。今日は君におもしろい報告がある。
 僕は近頃、"ある絵"を描いているんだ。どんな絵か
 知りたいだろうね。だけど、言葉で表現できるなら、
 わざわざ絵にする必要ないからね。
 だから、君の目で確かめてくれないか?
 いつでも僕のアトリエに来てくれて構わない。
 他人はいれないが、君は特別に・・・

 そして、時間があればモデルになって欲しい。
 別にポーズをとってじっとしていろ、なんて言わないよ。
 木洩れ陽の光や虹を絵画に留めようとするのと同じくらい
 愚かなことだ。ありのまま・・僕は君に魅力を感じるんだ

 (去って行こうとして歩みを止める)
 ・・・いつでもなんてウソだ!本当は、今すぐに来て欲しい
 君の訪問を、心待ちにしている・・・
 セイランより。
 (階段を上がってポストの前へ。"手紙"へ投函)

藤原泰衡
 (舞台袖より歩いてくる)
 ここからは、平泉の街が見下ろせる。藤原の祖、清衡公も
 それを知って、この地、中尊寺に阿弥陀堂を建てたのか。
 だが、皆金色(かいこんじき)の堂を建てたときに願った
 戦なき世は終わりを告げる・・・

 衣川の先、海の果てに何があったとしても、興味はない・・・
 峰の頂の高さを、知りたいとも思わぬ・・
 私の為すべきことは決まっている。金色の稲穂が広がる
 この平泉にこそ・・

 私の心の内は、誰も知る必要はない。
 月見坂の林を吹く抜ける風だけが、知っていればいいことだ・・・

 (階段が中央から開き、その先へ歩いて去っていく)

火原和樹
 えーと・・・"やぁ、元気?"
 ・・・元気だよね。だって昨日も逢ったもんね・・・
 つまんないこと書いたな・・・

 改まって手紙を書いたのは、ちょっと大事な話があったからで・・
 この前、駅前をブラブラしてたら"いいもの"を見つけたんだ。
 思わず買っちゃったけど、オレには使い道がなくて・・・。
 実は・・指輪なんだ

 (一気に)ピンクのガラスの花が君みたいで"かわいいな"
 って思って"これは絶対、買うしかない!"って・・

 そういうワケで、オレの手元に置いてあっても、
 使い道がないんで、君にもらって欲しいんだ。
 ダメ?・・返事はすぐじゃなくてもいいよ。
 その気になったらすぐに言ってくれれば。
 オレ、ポケットに入れて大事にして、毎日持って歩いてるからさ!
 それじゃ、明日、学校で

 1日目Ver.
 3年B組、火原和樹!

 (階段を上がってポストの前へ)
 その他の郵便!(と言って手紙を投函)

 2日目Ver.
 3年B組、"カツサンド大好き"火原和樹!

 (階段を上がってポストの前へ)
 料金別納便!(と言って手紙を投函)

土浦梁太郎
 "前略・・"前略・・・ちょっと、堅すぎするか・・

 毎日バイトお疲れさん。肩の力を抜いても、手を抜かずに
 お互い、頑張ろうぜ。ところでお前、魚は好きか?
 食べるんじゃなくて、観る方の話だぜ。

 実は、水族館のチケットが2枚あるんだが・・・
 よかったら、一緒に行かないか?
 水槽を行き交う魚、広がる海・・・。その世界の前に立ったとき
 どんな音楽が聞こえてくるのか確かめたい。
 そのときお前が一緒なら、新しい曲が見えるのかもな。

 なんか、"デート"みたいだな・・・
 別に、そんなつもりじゃ・・全くないとは言えないが・・

 始終、楽譜とひらっめこするだけだ練習じゃない。
 自分の中の情熱を認めるのも大事だぜ
 いい返事を待っている。草々

 ・・・やっぱ堅いか・・
 土浦梁太郎

 (階段を上がってポストの前へ)
 1日目Ver.
 手紙・ハガキ!(と言って手紙を投函)

 2日目Ver.
 よろしく頼むぞ、ポスト!(と言って手紙を投函)

月森蓮
 拝啓。
 突然の手紙に不思議に思っているだろうか・・
 どうしても書かずにはいられず、ペンをとった。

 先日、偶然、君のヴァイオリンを耳にした。
 弾きこみが足りない個所があった。・・でも、いい演奏だった。
 瞼を閉じると、君の姿が目に浮かぶ・・・
 君のような音色が、俺の心に飛び込んできた。
 俺の理解を超えたことだったが、不快な感情はなかった・・

 俺のために、もう一度ヴァイオリンを弾いてくれない
 だろうか。そうすれば、あのときの気持ちを理解できる
 気がする・・

 よい返事を待っている。敬具。
 月森蓮

 (階段を上がってポストの前へ)
 何をやっているんだ・・・
 直接、本人に伝えればいいじゃないか。
 まったく・・・どうかしている・・・
 (手紙を持って去っていく)

ジェイド
 今朝、カフェテラスで、嬉しそうに"何か"を書いて
 いる人を見たんだ。どうしてそんなに嬉しそうなのか
 確認したら、彼の答えは『大切な人に手紙を書いている』から。
 あまりに素敵だったから、俺もマネして書いてみた。
 もちろん、手紙の宛先は、君さ。

 書き始めて、すぐに認識したよ。想いを形にするのは
 素敵なことだね。文字を書くたびに、君の笑顔が浮かぶ。
 想いをつづるたび、俺の中で新しい幸せが生まれる・・

 この手紙が君に届いて、君を笑顔にしてくれたら
 どんなに素敵だろう。
 届いているかい?届いていたら、嬉しいな。
 君の最高の笑顔が、俺の幸せの種だから・・・

 (階段を上がってポストの前へ)
 はぁ・・・でも、困ったな・・・
 幸せと一緒に、君に逢いたい気持ちも溢れてくるようだ。
 もし君が、そう望んでいてくれるなら、俺は・・・
 君を抱きしめに行っても、いいかな?

 2日目の感想です。
 役者のみなさまも、全体通してのペースが見えたのか
歌もコーナーも勢いが違いました。
 特に新コーナー!夜の部では、今回初参加の小野坂さんが
ご自分のポジションを見極めたこともあって、非常に盛り上がり
ました。

 コルダの方々がアニメ放送にひっかけた新曲が、これまでの
クラシックベースから抜けたので印象が随分と違いました。
(にしもて、谷山さんお上手すぎます)

 2日間通してですが、新曲が多くてよかったです
"ライブ"と言いつつ、"アラモード"のようなノリも
ありましたが、OPとかアンコール後の新しい流れは
今後も混ぜて欲しいかも。
 ただできれば、1日目を様子見のため使わないで欲しい
ですね。(分からなくないですが)

 最後に。2日間通して遊んで下さった多くの方々、
ありがとうございました。また12月でお逢いできれば
と思います。

|
|

« ネオロマンスライブ2006 Autumn:1日目 | トップページ | Sweetsの魔法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/12042436

この記事へのトラックバック一覧です: ネオロマンスライブ2006 Autumn:2日目:

« ネオロマンスライブ2006 Autumn:1日目 | トップページ | Sweetsの魔法 »