2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« 肉じゃが | トップページ | 原作付きドラマ »

2006年10月29日 (日)

夏の夜の夢

 劇団昴公演 「夏の夜の夢」
  2006/10/06~2006/10/29

  原作:ウィリアム・シェイクスピア
  訳 :福田恆存
  演出:三輪えり花

  出演:
   金尾哲夫(シーシアス,オーベロン)
   松谷彼哉(ヒポリタ,タイターニア)
   平田広明(フィロストレイト,パック)

   小山武宏(イジアス)
   岩田翼(デメトリアス)
   中西陽介(ライサンダー)
   湯屋敦子(ヘレナ)
   米倉紀之子(ハーミア)

   牛山茂(ニック・ボトム:ピラマス)
   仲野裕(ロビン・スターヴリング:月)
   北川勝博(スナッグ:ライオン)
   やなせさとる(ピーター・クインス)
   西村武純(トム・スナウト:壁)
   奥田隆仁(フランシス・フルート:シスビー)

   遠藤純一(辛しの種)
   田島康成(豆の花)
   矢島祐果(ユカ)
   三輪学(蜘蛛の巣)
   小田悟(蛾) 他
   (敬称略)

 三百人劇場が今年で閉館となるため、最後の公演と
なるお芝居を観劇して参りました。
(S.Kさん、ご一緒して頂いてありがとうございました)
 お芝居の感想です。

 大公シーシアスと女王ヒポリタの婚礼を
間近に控えたアテネの街が夜の帳に包まれる頃、
深い神秘の森は妖精たちが飛び交う夢の世界へと
姿を変える。そこに迷い込んだ若者たちと職人たち。
そして妖精達が繰り広げる幸せの喜劇。
(公演チラシより)

 演目はシェイクスピアの「A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM」
(真夏の夜の夢)です。

 駆け落ちをして逃げるハーミアと恋人ライサンダー。
2人を追う婚約者のデメトリアスと彼を慕うヘレナ。
 この4人の恋模様に、妖精王オーベロンの命で、いたずら
パックが絡んでさらにややこしいことになっていく訳です。

 始まってすぐは、(話が)硬い内容かと思いましたが、
そんなことはありませんでした。あちこちに笑いを
誘うやりとり、動きがあって2時間45分があっという間
でした。

 パック(平田さん)の手違いから、ライサンダー(中西さん)
とデメトリアス(岩田さん)から熱烈なラブコールを受ける
ヘレナ(湯屋さん)が、ハーミア(米倉さん)を疑って
ケンカになる場面は、"あるかも"と思わせるほど
迫力でした。

 女王タイターニア(松谷さん)が、(浮気草で)好きになって
しまったロバ・ニック(牛山さん)に振り向いてもらおう
と自分をアピールする姿は、色っぽくそして、かわいかった
です。

 妖精たちの衣装は基本"白"なのですが、松谷さんの
女王が、私には"プリンセス・テンコー"のように見えて
おりました(笑)

 今回は舞台だけに収まらず、劇場内を役者のみなさま
動きまわっておりました。村人たち(牛山さん他)の登場
とか、パックが「だったんじんの矢よりも早く~
と同時に舞台から駆け下りていくとか・・・
 そのせいか、お芝居から発せられるパワーをとても近く
感じることができました。

 最後は、紙吹雪が舞って、銀色のテープが飛んで
(これには役者の驚いておりました)本当に"夢"の
ような空間でした。
 やまない拍手に何度も応えてくれた役者のみなさま
の笑顔がとても素敵で、感動してしまいました。

 「いずれパックが舞台でお礼を致します」との言葉
もあったので、今後も時間を見つけて触れられたら
と思います。

|
|

« 肉じゃが | トップページ | 原作付きドラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/12482748

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の夜の夢:

« 肉じゃが | トップページ | 原作付きドラマ »