2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« たまには真面目に | トップページ | 実は見られてる? »

2007年1月28日 (日)

森川智之20周年記念ディナーショー:昼の部

森川智之20周年記念ディナーショー~冬の陽の暖かさに包まれて~
日付:
 2007/01/28(日)

会場:
 赤坂プリンスホテル クリスタルパレス
  昼 12:00~15:15
  夜 17:00~21:00

ご出演:
 主役:
  森川智之さん
 ゲスト:
  檜山修之さん

全体の流れ:
 ・OP
 ・乾杯
 ・ディナータイム
 ・ショータイム
 ・ED

 ※トークの内容とかうろ覚えです。信憑性は低いと思って下さい

・始まるまで
 私のテーブルは、お1人でいらした方で構成されてました。
お隣に座った方から、「お話してもよいですか?」と声をかけて
頂きました。おかげ楽しく待つことができました(ありがとう
ございます)
 近くのテーブルには男性の方もいらっしゃいました。
(多分、関係者の方ではないと思うのですが・・・)

・OP
 開演時間になると、静かに照明が落とされて、歓談で
わいていた場内も静かになりました。バンドの演奏が
始まると、白のスーツで森川さん登場!

 ♪炎の十字架~ブラッディクロス~
  (「Saint Beast四聖獣 ヴォーカル&ドラマアルバム」より)

 「森川智之20周年記念ディナーショーへようこそおいで
 下さいました。思う存分楽しんでいって下さい」
と、歌が終わって一言ご挨拶がありました。

 「えー、さてここで、メニューのご紹介をしないと・・・」
と言いながら、メニューの紙を受け取ります。

 「先日試食して、大変、おいしゅうございました。
 今日のメニューは、アクセルがコーディネートです。
 まず、"アクセルがみた海の流れ星におねがい"」
ここで会場から笑いが・・・
 「なんで笑うの?あ、かわいい!
 次は、"アクセルがみつけた謎の壷"
 "壷"ですよ。そして"謎"ですから。
 次が、"アクセル船長の海底20万マイル"」
会場からはさらに笑いが。

 「あぶない、あぶない。ギリギリです(笑)
 次が"あれ"ですよ。
 "アクセルのお庭においでよはらぺこパーティー"
 ね、テーブルに七輪があるかと思ったでしょ?
 大丈夫です、ちゃんと焼きましたから。
 そして、デザート!
 "アクセルとジェルキーとみんなで20thAnniversaryスウィーツ"
 さすが赤プリ!『キャー!』です。
 最後に"アクプルカフェ"」
もちろん、一番大きな笑いでした(笑)

 「僕じゃなくて、"アクセル"が考えたんで!
 飲み物は、ビールもあります。"おビール"です!」
森川さんイチオシは、オリジナルカクテル。
 「"アクセルの誘惑"。誘惑ですよ、僕もされたことないですよ。
 襲われたことはありますけど(笑)。誘惑されたい方はこちらを。
 飲めない方や車の運転がある方は、"アクセルのおさんぽ"を
 試してみてはいかがでしょうか」

 ひとしきりメニュー解説も終わったところで
 「え~、じゃあ、乾杯のご口上を・・・(グラスを受け取りつつ)
 森川智之さんに・・・。僕しかいないんで!」

 「20周年。そうですよ、20周年は『来年も!』とは
 言えないので。いろんなイベントで見かける方も
 今日は・・ドレッシーで・・・
 20周年、続けてこれたのはみなさんのおかげです。
 それでは乾杯を・・・よろしいですか?」
 「・・・・(反応いまひつの会場)」
 「返事くらいして下さい!よろしいですか?」
 「はーい」
 「よろしいですか?」
 「はーい!」
 「乾杯!!」
 森川さんのかけ声と共に、会場のテーブルあちこちでも
グラスが音をたてて、大きな拍手でお祝いでした。

 ここからディナー(ランチ)タイムとなるので、森川さんは
一度下がります。すると、会場前方で歓声があがっている様子。
私の場所では「キャー」しか聞こえなかったので、周りに聞いて
みると、どうやら去り際に
 「下に行きますから」
と森川さんがおっしゃってたとのこと。そりゃ"キャー"です。

 後半組の私たちのテーブルでは、森川さんの移動の様子を
さぐりつつ、食べるものはしっかり頂いておりました(笑)
 3品めが終わったくらいに
 「お待たせしました」
の言葉と共に、グラスを手に森川さんがいらっしゃいました。

 テーブル全体で乾杯の後、1人づつとのグラスを合わせる
下さいました。座席の位置関係から最後だったのでちょっと
心の準備ができました。で、そのときの会話
 「おめでとうございます」By私
 「ありがとう」By森川さん
 「2月に横浜に参ります」
 「18日?」
 「はい」
 「待ってます(よいお声)」

 他に行く予定の方がいるのを知って、
 「けっこういるな~。後で聞いてみようかな。また来ます」
と言って、次のテーブルへ去っていかれたのでした。

・ディナータイム
 テーブル訪問終了後も、同席のみなさまとお話をして
食事をして楽しく過ごしました。
 デザートで出てきたケーキには[20周年]と書かれた
板チョコが飾られていました。このときばかりは、みなさま
撮影タイムになってました(笑)

・ショータイム
 20周年Sweetsが出てきた13:30頃、再び徐々に会場内の
照明が落とされました。(「ショーが始まると暗くなるので
用事を済ませてね」的なアナウンスはありましたが、急すぎ!)

 バンドの演奏が流れる中、今度は赤のスーツ(withサングラス)
を身にまとい森川さんが舞台に登場!!

 ♪Blue Haze
  (CDブック「蒼の封印」より)

 「森川智之20周年記念ディナーショーへようこそおいで
 下さいました。今日は思う存分楽しんでいって下さい」

 ♪Last Telephone call/Dear・・・
  (アルバム「GARDEN OF EDEN」より)

 「お食事はおいしかったですか?何が?壷?壷ね。
 あれだけの壷を見つけるのは大変でしたよ(笑)
 打ち合わせで、僕も同じものを食べました。
 僕を恋人と思って・・俺を好きにしてくれー!!」

 「先ほどサプライズで周らせてもらいましたが、みなさん、
 いつもよりも・・・ドレッシーな格好で・・・。
 僕もそうなんですが(笑)」
 「(会場から迫力ある笑い声)」
 「・・"いろんな方"が支えてくれているということで」

○きっかけは
 「20周年のディナーショーですよ。言ってみるもんですよね。
 "おまえら"で
  『20週年のディナーショー、やったら来る?』
 って聞いたとき、そこでみなさんが
  『うん!』
 って言ってなければ、今日のディナーショーはなかった
 ですから。もしね、
  『う~ん・・・』
 って言ってたら、ビプランシアターで"20周年記念トーク"
 でしたよ。それでもよかったんですけど(笑)、
 "じゃあ"って・・。そして、素晴らしい会場、素晴らしいバンド、
 お美しいお嬢さん(笑)」

 「次の曲は、知らない人が多いかもしれませんが・・・」

 ♪next to me
  (「ご近所CD通信 PART IV ヴォーカルアルバム」より)

 「知ってます?(微妙な反応に)え~!!
 矢沢あい先生の"ご近所物語"という作品のキャラソン
 なんですけども。先生も、『来たい!』っておっしゃって
 たんですけど・・・来れませんでした。
 (今は、)先生の別の作品、"NANA"に出てます。
 よかったら見て下さい」

○昔を振り返って
 「さてここでですね、20周年ということで、これまでの
 仕事、森川智之を聞いてみたいと思います」
ということで、お仕事PlayBackです。

 「僕が初めての主役を演じた"テッカマンブレード"を・・
 その第一声を聞いてみたいと思います」

 ここで実際の音声が流れます。セリフは
  "貴様の野望は俺が潰す・・・この宇宙で!"
って感じだった気が・・・

 「あれ?うまいな~(笑)思ったよりも上手かった!
 鈴置さんの・・・今は亡き鈴置さんのNR(ナレーション)が
 カッコよくて。"仮面の下の涙を拭え・・・"って」

 「次のセリフは、戦うために変身するんですけど・・・
 変身のセリフ、知ってます?」
前方の方に問うてみる森川さん。
 「え?"雪駄"?生まれてない?・・・え~、"テックセッター"です」

 ここで再び音声が流れます。結構長めのシーンで
アキ(林原さん)も出てました。

 「まだ若いですね~。今言うと・・・
  『テックセッタぁー!!』
 (会場より拍手)若干、エコーでね・・(笑)」

 「次はぜひ聞いて欲しい!必殺技・ボルッテカって
 いうのがあって、叫んだ場面です」

 ここで音声が流れます。テッカマンダガー(飛田さん)
との戦闘シーンで、森川さんから「これ(ダガー)飛さん」
と解説付きでした。

 「ちょっとね・・・・。よく"あれ"でボルテッカが出たよね。
 『ぼるてっか』って叫んでないもん!
 こういうことがあって、"上手くなろう!"と思った訳
 ですよ。人生最大の汚点ですが、DVDにもなってて・・・ね」

 「デビューの頃を振り返ってみましたが、他にもいろいろな
 仕事をしています。CMとか、女性の方は気にしているので
 聞いたことあると思いますが・・・」

 Mod'shair(シャンプー)のCMが流れます。

 「もう1つ」

 同じくMod'shairのCMが流れます。(秋冬Ver.)

 『知ってた?』(CMのセリフ)
 「(これに対して)知ってた?(笑)。2パターン聞いてもらいました。
 こんなことも演ってます」

 「あと、アニメとかではメガネキャラが多いです。
  (明智警視のセリフ)
 "金田一少年の事件簿"の明智警視ですね。金田一少年も
 もう10年で、DVD-BOXが出ます。明智警視がメインの話も
 収録されているので、よかったら。
 あと、光栄さんからのお願いで(笑)、
 "恋する天使アンジェリーク~かがやきの明日~"のCDも・・・
 PVも、DVDもすごいです!"誰?"って感じで(笑)」

 「吹き替えも演ってまして、02/03か02/17に放送される
 "マトリックス・・レボリューション"でキアヌ・リーヴスを。
 これ(片手を上げて挑発ポーズ)ですよ」

○キャラソンメドレー
 ♪運命の風-WIND OF DESTINY-
  (「宇宙の騎士テッカマンブレード blue blue my love lullaby」より)
 ♪YOUNG SOUL REBEL
  (「イメージサウンドトラック ぼくの地球を守って Vol.2」より)
 ♪太陽と海とサンバときみとぼく
  (「今夜は絶対カーニバル!!」より)
  幻の振り付けと共にご披露!
 ♪逆転イッパツマン
  (「アニカバー声優大集合 第2弾
   ノンストップリミックス ダンシング・ユーロ・ボカン」より)
  「知ってるかな~」といいながらも、ノッてましたよ森川さん。

 「キャラソンをメドレーで歌いましたが。テッカマンブレードから
 始まり、2曲めは置鮎くんとのデュエットなんですけど、
 "本望"って歌詞が"ホモ"に聞こえてしょうがなくて・・・
 3曲めの"太陽と海の~"は、今はやりのユニットですよ。
 "GEDOOS"って、僕と高木渉と岩永哲の3人で。
 日比谷公会堂のイベントで歌って踊りましたよ。そのときは、
 現地集合・現地解散。その後会ってません!ウソですよ(笑)」

○20周年記念グッズができるまで
 「今回、20周年を記念してグッズを作りました。
 まず、ポスター!B2の。襖とかに貼って、20年を一緒に
 振り返って下さい。もちろん、最近知った方、
 "おもしろい奴がいるな~"と思った方も。
 大変だったんですよ、彼(アクセル)をあそこまで連れてくの!
 僕も気に入ってるんで、ぜひ!
 パンフ用に実家から写真を、"子供の頃の写真送って~"
 って言って送ってもらったら、ジャイアンツの帽子
 被ってて。ありえないです!
 CDもトークもたっぷりで、1時間!1人でしゃべってます。
 1時間1人ですよ、おかしいですよね。DVDは、アクセル
 初デビューです」

 「次は、そのCDにも収録されている新曲を・・・」

 ♪そっとずっと(新曲)
  (「20周年記念アクセルとボクのおしゃべりBOX」より)

 「01/26に、40っちゃいになりまして・・・」
 「おめでとう~(と大きな拍手)」By会場
 「ありがとうございます。ますます・・若く(笑)、頑張って
 いきたいなと思います」

○"智之"の秘密
 「40年生きてきて、なんで"ともゆき"ではなく"としゆき"なのかと。
 ずっと思ってなかったんですが・・(笑)。実家で、正月に聞きました。
 『なんで?』って。そしたら母親が、
 『"ともゆき"じゃ、普通じゃん』って。
 『"としゆき"とも読めるから』って、それで終わりです(笑)
 ちなみに、女の子だったら"ともこ"って言ってました。
 なんで"としこ"じゃないんですかね?」

 「我々に業界は、本名が多いですよ・・・ね?この中で芸名の人~!
 (もちろんなし)ちなみに、うちのおじいちゃんは芸名があって、
 "森川こうしょう"。"行く"に"ショウ"で、"こうしょう"!」
 ->"ショウ"の説明もしてくれたはずですがすっかり忘れました・・・

 ♪dog-end
  (「OVA 私立荒磯高等学校生徒会執行部ボーカル&サウンドトラック」より)

 「W.A.(WILD ADAPTER)も、結構、曲がたまってて・・・
 ライブ、やるんですかね~」
と、ここで・・・

 「森川~」
と聞き覚えのある声が・・・

 「あれ?ひーちゃん!」By森川さん
 「(前方左手より、階段上がって舞台へ)森川、今って・・
 (腕時計確認)午後の2:30だよね?あ、檜山修之です」
サプライズゲストの檜山さんが登場!

○ミニおまえらのためだろっ!~赤坂プリンスの名のもとに~
 「ひーちゃんです」By森川さん
 「(拍手に)ありがとうございます。
 今日って、20周年のディナーショー聞いたんだけど」By檜山さん
 「そうそう」
 「今、14:30ちょっとすぎだよな」
 「そうだね」
 「ランチ、もしくはティータイム前じゃん!」
 「あ~・・早い?」
 「俺、"ディナーショー"って聞いてたから午後あけてたんだよ。
 そしたら、
 『ひーちゃん、入りの時間が決まりました。13時です』って!」
 「仕込めるかな~と思って」
 「何を!?」

 「昼頃に来まして。僕もみなさんと一緒にディナーかと
 思いきや、弁当ですよ」By檜山さん
 「ほか弁ね!」By森川さん
 「来たとたんに!」
 「フォークとナイフで食べてたよね」

 「20周年ですよ」By檜山さん
 「次はひーちゃんでしょ」B森川さん
 「あ、俺?そうだね、8月で・・・」
 「40周年!」
 「ちょっと待て!いつから声の仕事をしてるんだ?
 それじゃ、生まれたときから声優じゃん」
 「赤ちゃん声優ですよ」

 「ひーちゃんも今日は・・」By森川さん
 「あぁ、一応ね。ディナーショーって言われたんで
 スーツ(黒)で来ましたよ。お前さんも、今、赤だけど、
 さっきは白だったじゃん」By檜山さん
 「うん」
 「1人紅白?」
 「赤、がんばれ~!白、がんばれ~!」

 「そう言えば、今年の誕生日はなかったね。例の」By檜山さん
 「メール?」By森川さん
 「森川は毎年、自分の誕生日にメールを出すんですよ」
 「"おめでとう、俺!"って」
 「で、今年は来なかったんですよ。"成長したな~"って・・」
 「今年は、このリハ(ーサル)で出せなかったんです。
 だから今、『おめでとう、俺!』」

 「普段と違う立ち位置だと、なんかヘンで・・・思わずこっちに
 こう・・・(向きを変えて)みたくなって(笑)」
 (通常の"おまえら"のときは、舞台向かって左手に森川さん、
 右手に檜山さんとなってます)
 「あ~、確かにね。俺も、今日はなるべく手を出さないように、と。
 これ(手にしたマイク)で、こう(叩くマネ)したら、大変なこと
 になってしまいますんで」

最後に檜山さんは、
 「頑張って!」
と、森川さんと固い握手を交わして
 「みなさんも、飲みすぎないで下さい。"ディナーショー"と
 言っても、まだ14時ですから!赤ら顔で歩いていたら
 おかしな時間ですよ」
と、会場の心配もしつつ舞台から下がられました。

 短時間でしたが、お2人の信頼関係みたいなものがよく出て
いた気がします。"暖かさ"がありましたね。

 「(檜山さんを見送って)ここで来るとは・・・
 『来て!』って言って、来てくれますからね~。
 さすが"おまえら"コンビ!」

 ♪private truth
  (OVA「春を抱いていた」OP)

 「春抱きのOVAの方を聞いて頂きました。
 先ほどテーブルを周ったときに、
 『アクセルくんは?』『いないんですか?』と聞かれたんですが。
 ダメでした・・・。彼、大きいですからね。それに、みなさん
 食べてる場合じゃないですよ!机の上を跳ね回ってます、きっと!」

 「先ほどはキャラソンをメドレーで歌いましたが、今度は、
 ソロのメドレーを・・・」

 ♪TAKIN'
  (アルバム「HEAVEN'S DOOR」より)
 ♪Naughty Boy
  (アルバム「HEAVEN'S DOOR」より)
 ♪CUTTIN' OUT
  (アルバム「JOLLY ROGER」より)
 ♪GARDEN OF EDEN
  (アルバム「GARDEN OF EDEN」より)

 歌が終わったところで、森川さんは舞台から下がります。
その間、ギターとベースで次の曲のイントロが奏でられます。
そして、再び黒のスーツを纏って森川さんが再び登場!

 ♪MARIA
  (アルバム「HEAVEN'S DOOR」より)

 後半から舞台を降りてテーブルの間をゆくっり歩きながら
歌って下さいました。5列め中央くらいでご挨拶です。

 「(後ろを振り向き)思えば遠くに・・・(笑)
 せっかくなので、もう1曲・・・」

 ♪DREAM OF CRADLE
  (アルバム「JOLLY ROGER」より)

 「来ないと思ったでしょ?帰りません!『後で行く』って
 言ったでしょ」

○森川さんにお願い!
 「ここで、もりもりにやって欲しい仕事を聞いてみたいと・・」
 (一瞬、会場どよめく)
 「今後、こういう声の仕事とか、イベントやってとか」
 (会場、納得)
  -> 声優以外のお仕事提案かと思っていたんですね。
   (少なくとも、私は(苦笑))

 最初は、近くの人に聞いてましたが、いつの間にか挙手制に。
森川さんが提案者の元に行って直接聞く、という形式です。

 「マ王を・・・」Byお客さん
 「ハハハハハ・・・!!(低音Voice)
 えっ?魔王って言うから・・・。あ~、コンラッド!言ってよ~」By森川さん

 「吹き替えのお仕事も多くて、"STAR WARS"でユアン・マクレガーを
 演られていると思うのですが、"Moulin Rouge"を歌の吹き替えも
 含めて演って欲しいです」Byお客さん(男性)
 「あぁ~。もう出来ちゃってるからね~。僕が決められて
 ないからな・・」By森川さん
 「TVで!」

 「嬬恋に野外ステージがあるので、ぜひ野外ライブを!」Byお客さん
 「野外ライブ!でも、雨降ったらどうすんの?」By森川さん
 「雨でもやる!」
 「『雨でもやる』って・・。俺が"やらない"って言ったら
 どーすんの!?」

 「お芝居とか・・」Byお客さん
 「お芝居ね・・。昔、やってたんですけど。稽古が
 大変でしょ?」By森川さん
 「アドリブで!」
 「アドリブって・・・"おまえら"でやってるでしょ」
 「もっとちゃんとしたのを・・」
 「えっ!ひーちゃ~ん!!」

 「東北にも来て下さい」Byお客さん
 「東北ね。行ってみたいですね、牛タン!」By森川さん

途中で、
 「近づく手を下ろすというのは・・・」
という1コマもありました。

 ♪In the SKY
  (アルバム「HEAVEN'S DOOR」より)

 「"In the SKY"は、歌ってますね。ライブでは一番
 歌ってる曲です。僕も気にいってます」

○歌の活動
 「アルバムと言えば、"JOLLY ROGER"から何年ですか?
 (会場よりお答え)4年?4年もお待たせますが・・・頑張ります!
 オリンピック気分で待っていただければ」

 「ここでキャラソンに戻ってみたいと思います。
 "今日からマ王"で、"Love Me Tender"をカバーさせて
 もらったんですが・・・」By森川さん
 「キャー!!」By会場
 「そんなに"Love Me Tender"が好きかー!」
 (拍手)
 「こんなに沸くとは・・」

 ♪Love Me Tender
  (「今日からマ王!キャラクターソングシリーズvol.2
   ウェラー卿 コンラ-ト」より)

 「まさか、赤プリで"Love Me Tender"を歌うとは・・」

 ここで本日のバンドメンバー紹介がありました。
 「結構いいMENSですよ(笑)。バンド名をつけようと思って
 『"ディナーズ"で』って言ったら
 『いいよ!』て。(会場より不評)えー、募集します(笑)」

 「次の曲は、早く帰ってアクセルにご飯をあげないと
 と思います」

 ♪I LOVE YOU
  (アルバム「JOLLY ROGER」より)

・ED
 「楽しい時間はあっという間にすぎて・・・最後の曲に
 なります」By森川さん
 「えーっ」
 「本当なんです。
 今日のディナーショー、最初は1ステージでしたが、たくさんの方が
 来たいと言ってくれたので、急遽、昼の部をやることにしました。
 それでも、2ステージでも来られない方がたくさんいらっしゃって・・・
 遠くの方とか、予定が入ってしまってどうしても来られない方とか。
 お手紙もたくさん頂いて
  "今日は行けませんが、(ディナーショーの時間に)
  家で森川さんのCDを聴きたいと思います"
 とか。嬉しくて・・・本当に、ありがとうございます・・・(深々)」
 (会場より大きな拍手)

 「初めてだよ、ステージ涙が・・」

 「ディナーショーをやると決めたときから、みんなと
 この曲で終わろうと決めてました。
 (時間とか場所とか)めぐり合わせが重なって、ここにいる・・
 せっかくだから一緒に・・・俺が歌いたかったんだけど(笑)
 掛け合いをします。
 みんなで歌って、僕に返してくれると嬉しいな、と」

 ♪LONG
  (アルバム「JOLLY ROGER」より)

 さびの繰り返し前に、掛け合いの練習です。

 「ここから掛け合いです。僕が"ばっちゃん"って言ったら、
 みなさんは"じっちゃん"って返して下さい。じゃ・・」

 (掛け合い)

 「いいです!そうしたら、次。みなさんが"昔"って言ったら
 僕が歌います。次に、もう1回、"昔"で。最後は"お前"で。
 ちょっと練習してみましょう」

 (掛け合い)

 「何人か間違ってる人がいますよ~(笑)。"昔"で歌って、
 もう一度"昔"。で、最後は"お前"。"昔"、"昔"、"お前"です。
 俺の説明、分かりやすい!みなさんが返してくれないと、
 僕は歌えませんから。お願いしますよ。じゃあ・・・」

 (掛け合い)

 練習した掛け合いも形になり、最後は"一緒に楽しく"
迎えることができました。

 歌い終わり、三方(上手、下手、中央)に深々とおじぎを
する森川さん。そのお姿に、会場からは大きな拍手が
鳴り響いておりました。

 森川さん、バンドメンバーが舞台から下がった後も、
拍手は続いていたので、"ディナーショーのアンコールは
ありません"とのアナウンスが流れてました(笑)

 感想です。お昼の部(?)に行って参りました。
"ディナーショー"自体が初だったこともあり、行く前から
ドキドキしてました。(ひょっとすると、森川さん単独ものは初?)
同じテーブルの方々が優しく、楽しく過ごすことができました。

 歌も間のトークも楽しかったです。思った以上に多くの歌
が聞けたのは嬉しかったのです。如何せん、森川さんソロ
の曲は知らない方が多かったです。
 ですが、普段はあまり聞けないような感じの曲は非常に
新鮮でした。
(上の歌情報は、いつもお世話になっているS.Kさんに
お聞きしました)

 (森川さんもおっしゃってましたが)いろいろな巡り合わせ
が重なって、20周年という節目の場に一緒にいれたことは
本当に嬉しく、幸せなことです。これからも、様々な形で
森川さんを目に、耳にできればと思います。
(でも、働きすぎです。どう考えても!)

 敬愛する賢雄さん同様、25周年も一緒にお祝い
できればと思うのでした。

|
|

« たまには真面目に | トップページ | 実は見られてる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/13699450

この記事へのトラックバック一覧です: 森川智之20周年記念ディナーショー:昼の部:

« たまには真面目に | トップページ | 実は見られてる? »