2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« 休みのはずが・・ | トップページ | ネオロマンスフェスタ9:2日目 »

2007年9月 8日 (土)

ネオロマンスフェスタ9:1日目

ネオロマンスフェスタ9
日付:
 2007/09/08(土)

会場:
 パシフィコ横浜国立大ホール
  昼 13:40~16:20
  夜 18:00~20:55

本日のご出演:
 飛田展男、関俊彦、浪川大輔、森川智之、
 三木眞一郎、関智一、高橋直純、宮田幸季、
 伊藤健太郎、岸尾だいすけ、内田夕夜、平川大輔

開演前アナウンス:
 ニクス(大川透)、ヒュウガ(小野大輔)
(敬称略)

全体の流れ:
 ・OP
 ・ドラマ「秘境の惑星へ」(アンジェリーク)
 ・語り(Part1)
 ・ドラマ「熊野山中、怨霊のお宿へ」(遙か3)
 ・作品情報(遙か舞一夜、3)
 ・ネオロマンスの旅(ドラマ&トーク)
 ・作品情報(金色のコルダ)
 ・語り(Part2)
 ・ドラマ「ワルツはお好き」(金色のコルダ2)
 ・語り(Part3)
 ・ドラマ「情報提供者を追え!」(ネオアンジェリーク)
 ・商品情報(ライブDVD、Hot10CD、ロケットパンチ2)
 ・ライブ
 ・ED
 ・アンコール

 開場前のアナウンスは、今回のテーマ「旅」を意識してか、
空港ロビーのようなざわざわした雰囲気を出していました。

 「出発が近づいているようだ。準備はいいか?」Byヒュウガ
 「そんなに慌てなくても、あなたを置いては行きませんよ。
 こうしてあなたと旅に出られることを嬉しく思います」Byニクス
 「この旅を、あなたが楽しみにしてくれるとよいが・・・」
 「ヒュウガ、心配はいりませんよ。
 彼女の瞳を見てご覧なさい。これから始まる旅の行く先に
 胸おどらせていますよ」
 「その期待に応えられるといいが」
 「そうですね」

 「出発前に、いくつかお願いしたことがあります。
 まず、会場内は飲食・喫煙は禁止ですよ。ロビー内の
 指定の場所でお願いします」Byニクス
 「録音・録画は遠慮して欲しい。それから、音の出るものは
 電源を切るようにお願いする」
 「もしも、ご気分が悪くなったら、すぐに近くの
 係りの者におっしゃって下さい」
 「無理はせずに楽しんでくれ。あなたのその笑顔が
 消えてしまうのは、俺は辛い・・」
 「いざと言うときは、係りの者が指示をしますから
 速やかに避難して下さい。緑の誘導灯の扉が目印です」
 「今のうちに近いところを確認しておくといい」
 「お願いしたいことは、これで全てです」

 「これで、いつでも出発できますね」Byニクス
 「ところでニクス。お前が旅に"必要"と思うものは
 なんだ?」Byヒュウガ
 「旅の必需品ですか・・・・
 そうですね、旅先でマドモアゼルの優雅なひとときを
 演出する芳しい紅茶でしょうか」
 「紅茶・・・」
 「では、ヒュウガは何を持っていくのです?」
 「俺は・・・彼女の心を癒す、スミレの花を一輪・・・」
 「フ。・・・なかなか、言いますね」
 「いや・・・。さぁ、間もなく出発だ。またあとで逢おう」

・OP
 アンジェのBGMが流れ、スクリーンには被写体部分が
グレーのスナップが映し出されます。シャッターを切る音
と共に、色が入り、本日ご出演のアンジェメンバーの
スナップ写真となります。そして、上舞台中央に
アンジェメンバーが並びます。

(左手より)
 リュミエール・飛田さん
  「ごきげんよう。あなたも元気そうで嬉しいですよ」
 ルヴァ・関さん
  「今日という日を、とっても楽しみにしてたんですよ~」
 ユーイ・浪川さん
  「早く行こうぜ!オレが手をつないでやるから」
 エルンスト・森川さん
  「あなたと共に過ごす時間は、私にとって特別なのです」

 そのまま階段を下りて、舞台右手へ・・・
BGMは遙かに変わり、シャッター音と共にスクリーンに
遙かのスナップが映し出されます。そして、本日ご出演の
遙かメンバーが舞台に並びます。

(左手より)
 有川将臣・三木さん
  「好きなヤツと一緒にいられるってのはいいもんだな」
  (人差し指と中指を揃えて軽く投げ出す感じ)
 源九郎義経・智一さん
  「俺は、お前と一緒に歩いていきたいんだ・・・」
 ヒノエ・高橋さん
  「今日一日は、
  ずっとお前のそばを離れないよ。神子姫様」
 武蔵坊弁慶・宮田さん
  「君の笑顔は、僕を惑わせるんですよ」

 そのまま階段を下りて、舞台左手へ・・・
BGMはコルダに。シャッター音と共にスクリーンに
コルダのスナップが映し出されます。本日ご出演の
コルダメンバーが舞台に並びます。

(左手より)
 土浦梁太郎・伊藤さん
  「お前が望むなら、どこへでも付き合ってやるぜ」
 柚木梓馬・岸尾さん
  「フフ、早くこないとおいて行っちゃうよ」
 吉羅暁彦・内田さん
  「さあ、でかけよう。
  場所は、君の行きたいところでいい・・・」

 そのまま階段を下りて、舞台右手へ・・・
BGMはネオアンジェに。シャッター音と共にスクリーンに
ベルナールのスナップが映し出されます。(1人なので)
ネオアンジェからこの方が舞台に登場です。

 ベルナール・平川さん
  「さあ、そろそろ時間だよ。出発の準備はいいかい?」

 階段を下りて平川さんが中央へ。それをきっかけに
みなさま舞台中央へと並びます。
(左手から、三木さん、智一さん、高橋さん、宮田さん、
平川さん、伊藤さん、岸尾さん、内田さん、浪川さん、
飛田さん、森川さん、関さん)
 みなさま揃ったところで、久遠さんがやってきます。
今回のテーマに合わせた機長という設定で、制服を着て
ました。昼の部では、
 「当機は定刻通り・・」By久遠さん
 「10分遅れる~」By会場
 「え~、当機は10遅れてパシフィコ空港を出発しました」
とツッコまれてました。

○昼の部
 「本日はもう1つアニバーサリーが・・・関智一さんの
 お誕生日です!」By久遠さん
 「あっっ、ここですか!驚きました!」By智一さん
 「みなさん、せーので『おめでとう!』と言いましょう。
 せーの!」By久遠さん
 「おめでとー!!」By会場
 「ありがとうございます。35歳になりました。
 すげー!!僕、初めてですよ。こうしてお祝いして
 もらったの。嬉しいですね。いいもんですね」By智一さん

 ここで、役者のみなさまは一度下がります。そして
シャッフルドラマへ。

・ライブドラマ
 「ネオロマンスの世界を巡る初秋のツアーへようこそ!
 今から巡る4つのツアーは、
  辺境の惑星を訪れるスリリングな冒険、
  熊野山中のお宿での不思議な体験、
  学院と空港、2つを結ぶ絆
  謎を追いかける新聞記者の1日
 以上、お気に召して頂けたら、幸いです。
 それではみなさま、快適な旅をお楽しみ下さい・・・」

 (昼の部は平川さん、夜の部は内田さんがNR担当)

・ドラマ「秘境の惑星へ」
 ユーイ、リュミエール、エルンスト、ルヴァ
 ゲスト 精霊 岸尾さん&高橋さん(昼)
         智一さん&伊藤さん(夜)

(舞台右手に登場。左から浪川さん、飛田さん、森川さん、関さん)
 「おや?ユーイではありませんか」Byリュミエール
 ->BGM(サクリアの輝き?)と共に縦2分割のスクリーンに
  キャラと役者様が映し出されます
 「やぁ、リュミエール様」Byユーイ
 ->ユーイ、スクリーンに映る
 「こんなところで逢うなんて奇遇ですね。
 何か神鳥の宇宙にご用でも?」Byリュミエール
 「あぁ。今、探検中なんだ」Byユーイ

和やかな雰囲気の中、遠くからなにやら声が聞こえてきます。
 「ルヴァ様、ですから私は・・・」Byエルンスト
 ->エルンスト、スクリーンに映る
 「そうは言いますが、エルンスト~」Byルヴァ
 ->ルヴァ様、スクリーンに映る

 「この古文書によれば、この場所にですね~」Byルヴァ
 「ですがデータは、この座標を示しています」Byエルンスト
 「あれ?ルヴァ様とエルンストだ」Byユーイ
 「随分と熱心にお話しているようですね」Byリュミエール
と、ルヴァ&エルンストの下へ。
 「データと古文書の場所は一致しています」Byエルンスト
 「そこが不思議なんですよ。他の原因から考えても、
 ズレるはずがないんですが・・」Byルヴァ
未だ意見衝突中のルヴァ様&エルンストさん。

 「声をかけてみましょう。あの・・こんにちは」Byリュミエール
 「あっ!」Byルヴァ&エルンスト
 「リュミエールにユーイではありませんか」Byルヴァ
 「何かもめているようでしたが・・何か問題が?」Byリュミエール
 「あんた達がケンカなんて、珍しいな」Byユーイ
 「ケンカではありません」Byエルンスト
 「ただ、少し意見が合わなくて・・話すと長~くなるんですけどね」Byルヴァ
 「手短に
  (同時に)お願いします
      頼むぞ
 」Byリュミエール&ユーイ

・語り(Part1)
 ○昼の部
  ルヴァ
  ユーイ
  有川将臣

 ○夜の部
  リュミエール
  エルンスト
  武蔵坊弁慶

・ドラマ「熊野山中、怨霊のお宿へ」
 ヒノエ、武蔵坊弁慶、有川将臣、源九郎義経
 ゲスト
 ○昼の部
  青年 飛田さん
  怨霊 内田さん&森川さん
 ○夜の部
  青年 関さん
  怨霊 平川さん&浪川さん

・作品情報
  *舞一夜舞台化
  *遙か1・2・3CD「花祭」概要
  *遙か3アニメ化
   紹介担当 三木さん(昼)
          智一さん(夜)

・ネオロマンスの旅(ドラマ&トーク)
 ある国を取り上げて、各自のキャラクタでその国に関連する
ドラマと"旅"をテーマとしたトーク
 ○昼の部
  ドラマ:「ネオロマンス西遊記」
  トークお題「中国」
 ○夜の部
  ドラマ:「ネオロマン・スイソップ物語」
  トークお題「ギリシア(ヨーロッパ)」

・作品情報
 *金色のコルダ2アンコール紹介
  紹介担当 伊藤さん&内田さん
         岸尾さん&内田さん
・語り(Part2)
 ○昼の部
  源九郎義経
  吉羅暁彦

 ○夜の部
  ヒノエ
  土浦梁太郎

・ドラマ「ワルツはお好き」
 土浦梁太郎、柚木梓馬、吉羅暁彦、
 ○昼の部
  サブタイトル びびらせちゃかわいそう
  音楽科1年生 浪川さん
  ファータ    三木さん
 ○夜の部
  サブタイトル ケンカはダメよ
  音楽科3年生 森川さん
  ファータ    宮田さん

・語り(Part3)
  柚木梓馬
  ベルナール
 (昼夜変わらず)

・ドラマ「情報提供者を追え!」
 ベルナール、ニクス(音声のみ)、
 ○昼の部
  デスク 関さん
  情報提供者 伊藤さん
  メッセンジャーボーイ 宮田さん
  村人 智一さん
 ○夜の部
  デスク 三木さん
  情報提供者 飛田さん
  メッセンジャーボーイ 高橋さん
  村人 岸尾さん

・商品情報
 *ネオロマンスライブ2007 Summer DVD
 *Hot!10 Countdown Radio CD
 *ロケットパンチ2開催決定

・ライブ
 ○昼の部
  ♪ANOTHER REVOLUTION 土浦梁太郎(伊藤健太郎)
   (金色のコルダ~espressivo~)
  ♪愛しさのほとりで リュミエール(飛田展男)
   (恋する天使アンジェリーク キャラクターソングvol.7)
  ♪露華衣の秘めたる誓い 彰紋(宮田幸季)
   (遙かなる時空の中で123~花祭~)
  ♪HAPPY DATE ベルナール(平川大輔)
   (ネオアンジェリーク My First Lady)
  ♪市場にて ルヴァ(関俊彦)
   (アンジェリーク Twin Collection6)

 ○夜の部
  ♪箒星のゆびきり イノリ(高橋直純)
   (遙なる時空の中で~舞一夜~ヴォーカルコレクション)
  ♪手のひらのmy love ユーイ(浪川大輔)
   (恋する天使アンジェリーク キャラクターソングvol.11)
  ♪Black & White 柚木梓馬(岸尾だいすけ)
   (金色のコルダ~primo passo~Extra MISSION:B×B×B)
  ♪NIGHT PIECE 吉羅暁彦(内田夕夜)
   (金色のコルダ2~felice~)
  ♪Love is pain エルンスト(森川智之)
   (恋する天使アンジェリーク キャラクターソングvol.14)

 ※すべてShort Ver.
・ED

ルヴァ
 (階段に腰掛けて)いかがですか?見渡す限りの砂漠でしょう。
 この景色を、あなたに見せたかったんです。私の生まれた
 故郷によく似てるのですよ。
 気に入って頂けましたか?そう、それはよかった・・・

 おや、どうしました?星の形をした砂ですね。
 これは珍しいですね、海辺でもないのに・・・
 あぁ、もしかしたら、この空から降ってきたのかもしれません。
 この空を、海と例えるなら、星々は舟と考えられますから。

 (立ち上がって)私達守護聖は、果てしない時間を見つめ続ける
 存在です。そのせいでしょうか。一瞬の星の輝きを愛さずには
 いられないのは・・・

 いつか、私も旅の果てに辿り着き、故郷へ帰ることが
 あるでしょう。そのときは(振り返り)あなたに傍にいて欲しい・・・
 星の輝きを手に出来ぬように、叶わないものなのかも
 しれませんけど・・・

ユーイ
 よし。さぁ、いこう。風が呼んでる!(階段下りる)
 へぇ~、この森はちょうど実りの季節を迎えているんだな。
 よーし、少しわけてもらおう!しっかり受け取れよ。

 辺境の惑星だけど、いいところだろ?
 木の実もいっぱいだし、動物もたくさんいる。
 ここにいるだけで、聖獣の宇宙も立派に成長してるって感じる。

 この森はこの星の母さんなんだな。ここから生まれて
 育っていくのを一緒にこの目で見てみたい。

 お前が嬉しいと、オレも嬉しいんだ。
 だから、その笑顔をもっともっと見せてくれ。
 オレだけに、さ・・・

リュミエール
 (ハープの音色に合わせて弾くマネ)
 ご存知でしょうか、とある川辺に住む美しい
 精霊の話を。歌声で旅人を水辺へ誘うとか・・・

 この世界には、目を背けたくなる争い事もたくさん
 あります。心を魅かれる音色、景色もあります。

 あなたをその精霊に重ねている訳ではありません。
 私は、あなたに心惹かれているのです。その美しさに
 目を奪われずにはいられないのですよ。
 せめてこの音色に、私の心を託しましょう。
 この音色が、あなたの心を癒すように・・
 あなたの幸せを祈っていますよ・・・愛しい人・・・

有川将臣
 (階段中央で座り込み)
 おい、まだ湯船につかってんのか?
 あんまり頑張ると、のぼせて倒れちまうぞ
 なんだよ、テれることないだろ。昔は一緒に入ったのにな~
 ・・・冗談だよ。そうだとしても、憶えちゃいないって・・

 こうしてると、実感湧かねーなぁ。オレ達、同じ高校に
 通ってたんだぜ。お前もそうだろ?
 ここに来た頃は、携帯も電車もなくて"不便だ"って
 思ったけど、慣れたらどうってことないって言うか・・

 元気がなかったみたいだから、温泉に誘ったが・・・
 それだけオレに食ってかかれるなら、大丈夫だ。
 今は、お前の側にいられるから、All OKだ!
 今?"今だけか"って、細かいとこツッコむなよ。

 今こうして、お前と一緒に笑ってられる・・・
 それでいいじゃねぇか!

源九郎義経
 (左手階段に登場)
 静かだな・・・
 お前とこうして熊野の景色を眺めていると、忘れそうになる。
 すぐに戦が始まるということを・・・

 (階段下りつつ)
 本来なら、もう少しこの地にとどまって、いろいろと案内して
 やりたいところなんだが・・・。俺達は、進まなければならない。
 源氏のため、兄上のため、そして何より、俺を慕ってくれる
 みんなためにも、必ずこの手で勝利してみせる。
 (さらに下へ降りてくる)

 それにしても、この夕陽。なんて色だ・・・
 この血の色のような景色にお前を見ていると、いつか
 戦いの中で失くしてしまいそうで・・怖いんだ・・・

 俺の命は、源氏のために喜んで捨てよう。
 だがお前の命は!・・・・お前の命だけは・・・
 いや・・・その先は言ってはならないな。
 今は・・・、側にいてくれ

土浦梁太郎
 (舞台右手階段上に登場)
 おぉ!橋の下を見てみろよ。"豪華客船"ってヤツだな。
 あんなにでかいプールもあって・・・
 あんな船なら、旅も楽しめそうだ。

 そんな乗り出すなよ、危ないって・・・おっと!
 (後ろから抱えとめる)これは、第1話のシーン!
 危ないだろ。別に礼を言われることじゃない・・・
 船が見たいんだろ?このまま、抱えててやるよ

 なぁ、知ってるか?船を降りずにピアノを引き続けた
 ピアニストの映画。俺も、ピアノがあれば生きていける。
 俺のピアノを喜んでくれる人がいれば・・
 けど、弾くだけで満足できる頃には、戻れない。
 誰かに聴いてもらう、誰かと音を合わせる・・・
 それがどんなに素晴らしいか、知ってしまったから。
 ・・もう戻れない。

 "それは誰か?"って?
 この腕の中にいる、お前のことに決まってるだろ

吉羅暁彦
 ここが例の場所か。
 かつて、曽祖父がアルジェントの命を救った
 という場所。やっかいな約束の、因果の地か・・・

 曽祖父よー(祖父よー、祖父よぉ・・・@一人エコー)
 あなたは夢に生きた人だ。
 その中で、私は私のやりたいようにしよう。
 あなたの愛した学び舎は、なくなりはしない。
 それで満足でしょー(でしょー、でしょぅ@一人エコー)

 私は、あなたの生き写しだ。
 あなたのようにあの学園を、喜びとすることが
 できるのか・・・今は、この状況を楽しんでいる。
 すべては、私の手の中にあるのだろうか・・・・

ベルナール
 (舞台中央に登場)
 ん~、こんなにたくさんあると、目移りするね。
 ファリアンは商都だけあって、買い物しがいがある。
 たまには、賑やかなところもいいね。
 ここへは時々来るけど、仕事だと疲れてしまうんだけどね。
 今日は不思議と"全然"疲れない・・
 君と"一緒"だからかな。・・・我ながら、現金だな。

 おっと、人が多くなってきたね。はぐれるといけない。
 手をつないでおこう。うん、こうしていれば安心だ。

 (階段下りながら)ん?何か見つけたかい?
 ピンクのトルマリンリングか。可愛い色だね、君によく似合う。
 ・・・すいません、これ、ください。
 はい。これは僕からのプレゼント。

 でも、いつか、このトルマリンよりも
 もっと素敵な石を・・プレゼントしたいな。
 例えば・・・ほらこれ。ピンクのトルマリンも十分素敵
 だけど、ピンクのダイヤも素敵だと思わないかい?

 「どうしてか」って?
 だって君は、僕が知っていたあの小さな女の子じゃない。
 一人前の素敵な女性だから・・・
 それに、君を家まで送るんじゃなくて、
 君と"一緒"の家に帰りたいから・・・

 (詳細後ほど)

 感想です。
 久々のフェスタで、「何ゆえこんなに長時間?」
と思ってしまうくらい、ボリュームがありました。

 ドラマは作品毎だったので、それほど無理なく
まとまっていてよかったと思います。同じシチュエーション
でも、脇役に入ってくる方によって、随分と雰囲気が
変わってしまうのも楽しかったです。(役者の勝負どころ!)

 歌は、ショートだったのが残念(フェスタなので・・・)
でしたが、予想外の選曲にちょっと驚きましたね。

 ただちょっと、トークが・・・

 あの状況はどうなのだ!?

 テンポや話の振り方に左右されるところも大きい
と思うのですが、あまりにも間延びしすぎて、面白み
が半減していたと思います。(明日はもう少し改善を)
 他がまとまってただけに、余計目立っていましたね。

 「僕たちのAnniversary」は歌入りVer.(一番最初の)
でした。せめてカラオケが・・と思いましたが、本日
欠席の賢雄さんのパートで、全員がそこにいるかの
ごとく、手をひらひらさせていたので、それも1つかな
と。

 明日はメンバが大幅に入れ替わります。ドラマの
配役はどうなるのか?歌は?いろいろと気なるところ
です。楽しみです!

|
|

« 休みのはずが・・ | トップページ | ネオロマンスフェスタ9:2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/16376686

この記事へのトラックバック一覧です: ネオロマンスフェスタ9:1日目:

« 休みのはずが・・ | トップページ | ネオロマンスフェスタ9:2日目 »