2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« ぼや~ | トップページ | 新料金体系 »

2007年9月23日 (日)

ネオロマンス・トークSpecial

東京ゲームショウ内
KOEI presents ネオロマンス・トークSpecial

日付:
 2007/09/23 14:05~14:45

会場:
 幕張メッセ

本日のご出演:
 堀内賢雄、岩田光央、成田剣、関智一、宮田幸季
 (敬称略)

 ※注
 憶えていることを書き出していってるので、ざっくりです。


 この前に行われていたイベントから引き続き観覧する方が
多くいたこともあって、スペース確保のための座席移動が
行われました。予定時間をちょっと遅れて始まりました。

 「いつもの横浜から場所を変え、ここ幕張メッセ、第2の聖地での
 ネオロマンスイベント!」
とNRが流れます。(本当はもうちょっと長いです)
(久遠さんが司会と分かった瞬間に、ちょっとがっかりした
自分が・・・。だって時間短いから・・)


 ステージ中央の小さめのスクリーンにキャラクタが映し出され、
本日のご出演のみなさまが1人づつ登場です。

 オスカー
  「待たせたな、お嬢ちゃん。白馬に乗って幕張まで来たぜ!」
  (親指立ててきめポーズ!)

 ゼフェル
  「お前らよく来たな。おまえらいっつも元気だな(笑)
  今日はよろしくな!」

 アリオス
  「ここまで来るのは面倒だったが・・・
  お前の頼みじゃ仕方ない、来てやったぜ」

 源九郎義経
  「ここは随分と賑わっているな(何故か若干含み笑い気味)。
  はぐれないように俺に掴まっていろ」

 武蔵坊弁慶
  「来た甲斐がありました。君と僕をつなぐ運命を感じましたよ」

 司会の久遠さんも登場し、改めてご挨拶に。

 「改めまして、堀内賢雄です」
 「どうですか、いつもと違って幕張メッセは?」By久遠さん
 「女の人ばっかりですね~。でも、恥ずかしい。
 こういう中で、『お嬢ちゃん・・・』って。よろしくお願いします」By賢雄さん
 「大丈夫ですよ、賢雄さん。男もいます。あっちとか・・・
 (手を振って応える男子一団)俺の目線の先にもいますから!
 (ゲーム)やれ!まずはゼフェルから落とせ!
 よろしくお願いしまーす」By岩田さん
 「珍しく出させてもらってね。(カンペ)見ないで
 言えました。よろしくお願いします」By成田さん
 「関智一です。あの、袖でメッセージの紙を渡されたんです。
 "見ながら"って話だったんですけど、みなさん見ないで
 言われてたんで慌てました。
 でも、宮田くんは間に合いませんでした(笑)
 よろしくお願いします」By智一さん
 「はい、宮田幸季です。"間に合わなかった"宮田幸季です(笑)
 すいません。みなさんに裏切られました(笑)よろしくお願いします」By宮田さん

 「それではみなさん、椅子に・・・」By久遠さん
と促され、用意された椅子に向かう役者陣。賢雄さんはそのまま
一番端へと座ったのですが、
 「賢雄さん、そこは私の・・」By久遠さん
 「分かってました。わざとです、わざと!」By賢雄さん
という1コマも。

 「本日は、いつもと場所を変えて東京ゲームショウ、幕張メッセ。
 この中で(幕張)初めてという方は・・」By久遠さん
しずしずと成田さんが挙手。
 「成田さん、初めて」By久遠さん
 「そうです。駅降りてびっくりしました、すごい人で。
 男性ばかりだったんで、女性がいるとは!」By成田さん

 「まさかこの中で、"ネオロマンス"を知らないという方は・・」By久遠さん
 「あの辺!」By岩田さん
 先ほど岩田さんにRock Onされた男子団体さんがアピール
します。
 「おまえらぜってー知らねぇだろ!」By岩田さん

で、久遠さんからネオロマ4作品についてタイトル紹介があり
 「この後、第1ホールで」By久遠さん
 「真逆の」By岩田さん
 「そうです。第1ホール・コーエーブースで"金色のコルダ"の
 トークショーが行われます。この第8ホールで"アンジェ"と
 "遙か"。第1ホールで"コルダ"と。オセロの原理でいくと
 ネオロマ一色と!」By久遠さん
 「『何を・・』と思ってる人もね(笑)
 あ、だから久遠さん、白黒なんだ(笑)」By岩田さん
 「あぁ、いいところに!」By久遠さん

 まずはアンジェから作品を振り返ります。
 「ちなみに、アンジェリークが始まったのはいつかご存知
 ですよね」By久遠さん
 「10年です!」By賢雄さん
 「いいんですか、言い切って」By久遠さん
 「じゃあ12年」
 「おしい、もう少し長い」
 「13年?14年・・14年!」
 「そうです」
 「乙女ゲームの元祖ですから!」By岩田さん

 「最初は、"どうなるんだ"って感じで。CDドラマは
 まるで雲を掴むようでしたから」By賢雄さん
 「本当。まさかここまで広がるとは思ってませんでしたよ。
 まさかね、パシフィコで『キャー』と言われるとは!」By岩田さん
 「ゲームはファミコン?スーパーファミコンで・・」By賢雄さん
 「ちょっと待って下さい。成田さん、ゆるすぎ!
 お客さんにならないで下さい!」By岩田さん
 「あの~、僕は最初っから出てないんで、14年前のことは
 よく分からないんですよ」By成田さん
 「あ、そっか!」By岩田さん
 「成田、途中からだから」By賢雄さん
 「そうです。かれこれ8年前くらいからですね」By成田さん
 「俺たちが盛り上げたところで、途中から出てきて全部
 もってちゃって」By賢雄さん
 「いやいや・・・」By成田さん
 「"謎の青年"ですよ」By岩田さん
 「でも、いきなり出て、いきなり失敗だから」By成田さん
 「あ~、CDの"White Dream"」By岩田さん

 「そのお話を・・」By久遠さん
 「座談会みたいなのがあって、そこで成田くんが
 司会をすることになったんですけど、来たばっかりだから
 (キャラとか)分かってなくて。何を聞いても『なるほどね~』
 しか言わない!」By賢雄さん
 「だってあの時は、それしかなくて・・」By成田さん
 「俺をガン見しながら言わないで下さい(笑)」By岩田さん
 「(岩田さん見ながら)もうね、それしかでなかった」By成田さん
 「(会場に向けて)ごめんな。後ろもごめん!
 成田さんが『なるほど』って言ってるときは、答えを考えてる
 ときだから。それを知ってて見てもらうと、また違う楽しみ方が
 できるんで」By岩田さん

 「アニメでもアリオスは活躍してましたね」By久遠さん
 「でも、ゼフェルもね」By成田さん
 「最初はゼフェルも活躍してました。
 でも、1人で悩んで、1人で解決しちゃって」By岩田さん
 「オスカーが、ゼフェルに『大人になれ』ってシーン」By賢雄さん
 「おいしかったですよね」By岩田さん
 「カッコよくて嬉しかった~」By賢雄さん
 「ゼフェル、全部持ってかれましたから。
 ゼフェルは、オスカーとルヴァに大人にしてもらって、
 アリオスがエンジュを育てた!"いいこと"言って」By岩田さん
 「そうです」By成田さん
 「なんて言ったの?」By賢雄さん
 「え~・・・」By成田さん
 「忘れた?」By岩田さん(?)
 「あっ!!・・・なんか言ったんだよ」By成田さん

 「ちなみ、DVDを買ったという方」By久遠さん
 (ちらほら挙手)
 「少ねー!」By岩田さん
 これから購入ってことで、お次は遙かを振り返ることに。

 「(遙かの説明後)遙か1~3はキャラが違いますが演じ分けは?」By久遠さん
 「1の僕と関くんは現代から来た設定だったんで
 やりやすかったですね」By宮田さん
 「2、3と進むにつれて、僕ら2人はどんどん(言葉が)
 難しくなって。セリフは忘れたけど・・・(笑)」By智一さん

 「幸季、弁慶だよな?」By岩田さん
 「そうです。僕の演ってる弁慶は小さい!ちょっと中性的で」By宮田さん
 「イメージが随分と違って」By久遠さん
 「"髭"ってイメージがね」By宮田さん
 「毎朝ヒゲそってますから(笑)」By智一さん

 「そして、遙か1と言えば、劇場版!ちなみに
 ご覧になった方」By久遠さん
 (ほぼ挙手)
 「アンジェよりも多い!!」By岩田さん(?)
 「どうでした?」By久遠さん
 「アニメになったときも驚きましたけど、劇場版も嬉しかったです」By宮田さん
 「みなさんのおかげです」By智一さん
 「オリジナルなんで、劇場版からでも楽しめますし」By宮田さん
 「各キャラのみどころは?」By久遠さん
 「多季史っていう・・櫻井孝宏君が演じてる新キャラなんですけど、
 神子様に近づいて。我らの神子様をたぶらかす訳ですよ。
 で、神子様も『あ・・』って感じで惹かれて・・・
 天真は"神子様一筋"なんで、幸せになるようにと、こう・・ね」By智一さん

 「天真は、なんか空回りなんですよ。詩紋と3人で一緒に
 暮らそうと家探したりするんですけど」By智一さん
 「天真が『一緒に住もうぜ!』って言ってるのに、詩紋とあかねが
 『う~ん・・・』みたいな感じで」By宮田さん

 「詩紋のみどころは?」By久遠さん
 「あかねちゃんを守ろうと、弱いんだけど一生懸命で。
 あかねちゃんを持ち上げてましたから(笑)
 天真は、"あかね"を見てるんですけど、詩紋は全体を見てる
 んですよ、中学生なのに。自分がいじめられていた経験があるから、
 弱い立場も分かろうとするんです」By宮田さん

 そのまま"舞一夜・舞台化"の話へ・・・
 「芝居?智一(ちいち)も出んの?」By岩田さん
 「いいえ、僕は。イケメンの方々が・・・」By智一さん
 「智一(ちいち)もイケメンだよ」By岩田さん
 「ありがとございます。でも、"適材適所"で(笑)」By智一さん

 「遙か3も動きが・・」By久遠さん
 「はい。遙か3がアニメ化です」By宮田さん
 後ろのスクリーンに遙か3のゲームパッケージが
映し出されます。(みなさま振り返って観賞)

 「(将臣見て)これ、カッコイイ!」By岩田さん
 「それは三木さんです」By智一さん
 「これ、三木眞なんだ。カッコイイ」By岩田さん
 「三木さん主役なんで。僕はそっちの黄色いので・・」By智一さn
 「これ?」By岩田さん
 「そうです。宮田くんが・・」By智一さん
 「ほっかむりしてるのです」By宮田さん
 「どれ?」By岩田さん
 「顔、隠してる・・」By智一さん
 「マチコ巻きです」By宮田さん
 「あぁ!このミニスカの子かと(笑)」By岩田さん
 「それは、神子さんです」By智一さん
 「で、成田さんは?」By岩田さん
 「えっ!?」
岩田さんの急なフリに本気で戸惑う成田さん。

 「え・・・僕は出てない」By成田さん
 「これだよね」
と、将臣の持つ剣を指す岩田さん
 「あぁ~」By会場
 「・・すいません」By岩田さん

(イベントを振り返る)
 「先日のネオロマンスフェスタ9に行かれたという方」By久遠さん
 (8割くらいの方が挙手)
 「賢雄さん、関さん、宮田さんが参加されて」By久遠さん
 「3Fまでびっしり入ってて。ステージ上がるたびにいつも
 思うことがあって。みんなの持ってるペンライト?
 がすっごく綺麗で。あの美しさは、ちょっとしたもんですよ」By賢雄さん
 「みんなにもね、見せてあげたいくらい!あ、でも、全員舞台は
 無理なんで、こっち(舞台)から映したのを」By智一さん

 「今回はドラマが中心だったんで。自分の持ち役以外
 にもあって」By宮田さん
 「俺は1日だったけど、"ほら吹きじいさん"の役とかあって。
 大変でした、台本読むのが」By賢雄さん
 「賢雄さん、初見?」By岩田さん
 「違うよ!」By賢雄さん

 「最初のイベントは、2000年のアンジェリーク!
 こちらに来た方は・・・」By久遠さん
 (数名挙手)
 「おぉっ、いる!ありがとう」By岩田さん
 「こちらは、賢雄さんと岩田さんが」By久遠さん
 「"お客さん、来てくれるのか!?"、"埋まるのか?"
 って思いましたね」By岩田さん
 「パシフィコって"でかい"でしょ?
 キャストもスタッフも慣れてなくて。ドラマもやらなきゃ
 歌もあって・・・」By賢雄さん
 「歌は?」By久遠さん
 「なんで俺にその話をフるの?」By賢雄さん
 「賢雄さんの歌、聴きたいな~」By岩田さん

 「あの、床にカンペが貼ってあって、それを
 (岩永さんが)たたんだって聴いたんですけど」By智一さん
 「あ~。今だから言うけど、最初は床におっきなカンペを
 貼ってもらって。でも、ライトがあたると反射して
 全然見えなくて。要は、俺が歌詞を覚えればいいだけ
 なんだけど(笑)」By賢雄さん

 「大阪に行ったときに、歌で保志くんがずっと揺れてて。
 "長い間奏だな~"って思って、戻ったときに聞いたら、
 『歌詞忘れたから揺れてたんです』って」By賢雄さん
 「いろいろありますよね、成田さん」By岩田さん
 「あれはね、初めてだったから、どうしていいか
 分からなくて」By成田さん
 「裏でモニタ見てて、成田さんが消えたときは
 びっくりしましからね」By岩田さん
 「よくやりました」By成田さん

 「次は海外とか・・・あ、台湾に行ったよな」By岩田さん
 「岩田さん、しきってますね(笑)
 行きました、僕ら2人台湾に」By智一さん
 「どうだった?」By岩田さん
 「台湾も日本と変わらなくて。そのまま楽しむため
 日本語を勉強してるんですよ」By智一さん
 「だから、通訳前に僕らの言うことが分かって、
 笑ってくれたりして」By宮田さん
 「向こうの役者さんとも交流があって楽しかったです」By智一さん
 「いいな~。おいしいもの食べた?」By岩田さん
 「小龍包食べました、夜中にこっそりでかけて」By宮田さん
 「お茶は、お茶!」By岩田さん
 「あ~、お茶は・・・」By宮田さん
 「なんで!?本場なのに」By岩田さん
 「イベントで出たお茶は飲みましたけど、岩田さんが
 淹れてくれるような本格的なのは・・・時間がなくて」By宮田さん
 「岩田さんイベントのとき、お茶淹れてくれて。
 お茶セット持参で、すっごい本格的ですよね」By智一さん
 「次の日、03/10に間に合うように移動だったんで」By宮田さん
 「朝から仕事だったんだ。大変だな~」By岩田さん
 「ちなみに、台湾イベント行ったって方・・・」By久遠さん
 (数名挙手!!)
 「おぉっ!!」Byみなさま
 「イ尓好!あ、台湾イベント行ったからって、台湾の人とは
 限らないか!」By岩田さん
 「それはそれですごいですよ」By智一さん(?)

 「海外はどこに行きたいですか?」By久遠さん
 「台湾で!」By宮田さん
 「俺も」By賢雄さん
 「僕も」By智一さん
 「俺、ヨーロッパがいいな。ある意味、あっちは
 本場でしょ?だからどんな風に受け入れられるのか
 気になる」By岩田さん
 「アンジェリークは、ベルサイユ宮殿とかがモチーフに
 なったそうですよ。ヨーロッパ公演、来てくれるかな?」By久遠さん
 (微妙な反応の会場)

 「次回のイベントは、11/11にROCKET PUNCHⅡが。
 こちらは岩田さんが・・」By久遠さん
 「はい。GRANRODEO、2HEARTSと一緒にやりますので
 ぜひ、来て下さい」By岩田さん
 「そして、12/07、08は、ネオロマンスアラモード!
 こちらは賢雄さんと成田さんがご出演と・・如何ですか」By久遠さん
 「出たとこ勝負ですからね、うちら(笑)」By賢雄さん
 「久しぶりなんでね、飛びますよ~!
 下に置いてくれば」By成田さん

 最後に再び、各キャラでメッセージを下さいました。
 「(カンペ)見ますよね?」By宮田さん
 「あ、見ます」By智一さん
 「今度は裏切らないで下さい(笑)」By宮田さん

 オスカー
  「いきます・・」By賢雄さん
  「このまま、君をさらっていきたい・・お嬢ちゃん」

 ゼフェル
  「そんな顔するなよ。またすぐに逢えるさ」

 アリオス
  「ふ・・」

  「なに、『ふん』って」By賢雄さん
  「ここはね、読んじゃいけないんです。"フッ"ってクールに。
  でも読んでしまうのは、恥ずかしいから、テレ隠しです」By成田さん

  「(改めて)フ、たまにはこういうのも悪くない・・・じゃあな」

 源九郎義経
  「信じて欲しい。俺は、お前をずっと見守っている」

 武蔵坊弁慶
  「(カンペ)見るって言ったじゃん!」By宮田さん
  「短かったんで(笑)。頑張ってみました」By智一さん
  「僕は見ます!(笑)じゃ・・・」By宮田さん

  「君と逢えて本当によかった。ここで逢ったことは
  2人だけの秘密にしてくれますね?」

 会場からの拍手に送られて、役者のみなさまが舞台から
下がり、これにて終了となりました。
*****

 臨時収入があったので、思わず行ってしまいました・・
時間が非常に短かったのですが、いつも通りの役割分担で、
 進行:岩田さん
 つっこみ:賢雄さん
 予測不能:成田さん
 ぼけもつっこみおまかせ:智一さん&宮田さん
という感じで。
 それぞれの作品の原点を中心とした内容で
楽しかったです。

 端から端への移動がやってられなかったので
コルダ組は見ておりません、あしからず。

 この前に発表されていた「日本ゲーム大賞」も
ちょっと見たので受賞ソフトのブースへ行ったの
ですが、どこの試遊台も混んでおりました。
 やはり注目度高いんですね~。

|
|

« ぼや~ | トップページ | 新料金体系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/16551025

この記事へのトラックバック一覧です: ネオロマンス・トークSpecial:

« ぼや~ | トップページ | 新料金体系 »