2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« 安全かつ楽しく | トップページ | メタボ対策 »

2008年5月24日 (土)

S.S.D.S. とことん診察会

S.S.D.S. とことん診察会
2008/05/24(土)

会場:
 日本青年館
  昼 真昼の血糖値    14:00~16:05
  夜 夕日のガンマーGTP 18:00~20:40

本日のご出演:
 Dr.HAYAMI(速水奨)
 沢登達哉(松本保典)
 君島究(檜山修之)
 ブラディ・トランシルヴァニア伯爵(堀内賢雄)
 ミヒャエル・シューマイヤー(森川智之)
 日下真一郎(千葉進歩)

 声のご出演
  中管制官(中博史)
 (敬称略)

全体の流れ:
 ・中管制官カウントダウン
 ・OP
 ・名刺交換
 ・Joy三郎記念聖ラ・フォーレ病院 院歌斉唱
 ・ラジオ体操
 ・診察 Part1
 ・身体のためになる朗読
  [昼]微笑み細胞
    君島先生、沢登先生、Dr.HAYAMI
  [夜]生命
    ブラディ伯爵、シューマイ君、日下事務長
 ・プチ診察
  [昼]ブラディ伯爵、シューマイ君、日下事務長
  [夜]君島先生、沢登先生、Dr.HAYAMI
 ・ドラマ
  [昼]山へピクニックへ・・・
  [夜]犯人はどこのどいつだ!?
 ・診察 Part2

 ・再診察
  身体のためになる朗読
  [昼]蠕動(ぜんどう)運動
    ブラディ伯爵、シューマイ君、日下事務長
  [夜]タバコとアルコール
    君島先生、沢登先生、Dr.HAYAMI
  診察EX
  音の癒しEX
   デオキシリボ助さん(ALL)
   刹那の英雄2007(Dr.&君島 with ALL)

・開演前
 中管制官のカウントダウンが始まるまでの
Dr.&日下事務長を交えたショートストーリ(小話)です。

○昼の部
 Dr.に呼ばれて、とある扉を「開けてみて」と言われた
中管制官。開いた扉の先は、なんと"聖ラフォーレ病院
付属女子医大"が!
 病院が壊れた際にできた異空間を利用して、Dr.と
シューマイ君でこっそり創設したらしい。
 「お金がかかるから、事務長にはナイショね」ByDr.
 「もちろんです。でも・・たまには私もこちらに伺って・・・
 あ、疚しいことではなく、娘がここへ来れたらと
 思いまして・・・」By中管制官
 「あぁ、構わないよ。私は専任講師だし」ByDr.
などなど話ながら戻ったところで
 「急にいなくならない下さい」
と言う事務長と合流します。そしてカウントダウンへ・・

○夜の部
 なぜか突然、劇団の楽屋模様。座長なDr.に
戸惑う事務長。
 中管制官の話によると、セルフメンテナンスを
したDr.の調子がおかしくなって、そのまま話を
合わせているのだとか。途中で正気に戻ったDr.。
 「大丈夫ですか、Dr.?」By日下
 「え、何がだい?」ByDr.
 「お疲れのようで調子が悪かったみたいですが・・」By日下
 「誰が?」ByDr.
 「Dr.がです」By日下
 「どこが!?」ByDr.
 「先ほどおかしなことを・・」By日下
 「誰が?」ByDr.
と、延々と繰り返されるので、カウントダウンへ・・・

・OP
 舞台設定の説明:
 舞台3箇所に一段高くなったステージがあります。
(中央が左右に比べてちょっと高め)

○昼の部
 それぞれのプチステージお2人づつ登場!
音楽に合わせてスローな動きで交互にポーズをとります。
どうも相撲をとっているように見えましたが、本当の
ところは不明です。
(左手から、千葉さん&松本さん、速水さん&森川さん、
賢雄さん&檜山さん)

○夜の部

 各先生の紹介でのフレーズです。本当はもっと長い
のですが、記憶に残っている分だけです。

 君島先生
  一応耳鼻科!バラって漢字で書けるかい?

 ブラディ伯爵
  夜と朝の間に一人の男。流離って、砂漠の中からウソ1つ

 シューマイ君
  聖ラフォーレ・病院 秋葉支店?

 Dr.HAYAMI
  最近、単独が多い

 沢登先生
  甘いマスクと辛口トーク

 日下事務長
  片手にそろばん、片手に札束

 そして、プチステージから降りて来て一同そろった
ところでご挨拶です。(舞台左手から千葉さん、
松本さん、速水さん、森川さん、賢雄さん、檜山さん)

<作成中>

 感想です。
 "とことん"の名の通り、問診メインでした。
内容は様々でしたが、夜の方がちょっと
重い傾向だったような気がします。
 どこまで本気か分からない診察ぶりが
楽しかったです。

 今回初の「プチ診察」。さらに少人数で
受けた問診は1つというまさに"プチ"でした。
でも、内容は通常診察と変わらず盛り上がり
ました。
 昼は飲み屋で話ているようでしたし、夜は
容赦なくツッコむお2人でしからね。

 早稲田のときから復活の「朗読」。みなさま
普通によい声で読んでおりました。昼の部の
賢雄さんはどこかの番組NRのようでした。
 ラジオ体操とリボ助さん以外、動きがあまりないためか
夜は特に激しく踊ってました。森川さん飛んでましたよ。

 そして、S.S.D.S.と言えば「雨」。会場着いたとき
には晴れてましたが、昼が終わったときには降って
ました。確か前回のときに、「福山さんが雨男!」という
ことになったはずですが・・・

 診察だけならば、本日くらの人数がちょうど
よいですね。
 次回は11/02(土)だそうです。今度は「音の癒し」
もあるはずなので、また参加したいです。

|
|

« 安全かつ楽しく | トップページ | メタボ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/41321875

この記事へのトラックバック一覧です: S.S.D.S. とことん診察会:

« 安全かつ楽しく | トップページ | メタボ対策 »