2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« READING FOR THE TIES 2009 | トップページ | バ部 »

2009年6月22日 (月)

隣で浮気?

「隣で浮気?」
日程:
 2009/06/18~2009/06/24
観劇日:
 2009/06/21(日) 17:00~(2時間40分、途中15分休憩)

会場:
 下北沢本多劇場

 作:アラン・エイクボーン、翻訳:三輪えり花
 演出:ニコラス・バーター

 出演:
  フランク・フォスター(金尾哲夫)
  フィオナ・フォスター(要田禎子)
  ボブ・フィリップス(山口研志)
  テレサ・フィリップス(米倉紀之子)
  ウィリアム・フェザーストーン(平田広明)
  メアリ・フェザーストーン(矢島祐果)

 あらすじ:
  結婚記念日に、フランクは一人で妻の帰りを待つ。
  テレサは育児と家事に疲れ果て、夫ボブの帰りを待つ。
  そんな二人の気持ちをよそに、楽しい夜を過ごす
  ボブとフィオナ。

  夜は明け、ボブとフィオナはそれぞれ本来のパートナーから、
  昨晩遅くなった理由を追求される。
  その場しのぎの言い訳に登場するのは、生真面目で地味な
  ウィリアムとメアリ夫婦。偶然にもフランクはその晩
  ウィリアム夫婦をディナーに招待しており、言い訳を信じられない
  テレサは、真実を暴こうとメアリをディナーに誘う。

  三組の夫婦が繰り広げるノンストップラブコメディ

  (紹介ページより)

 感想です。
 非常に面白かったです。テンポがよくて
(途中休憩を挟んでますが)2時間半の長さを
感じませんでした。

 「ラブコメディ」ということで"ラブ > コメディ"
の比重かと思っていましたが、コメディも
しかっり盛り込まれていて、会場内では
笑い声が頻繁にあがってました。

 今回新鮮だったのは、舞台セットの組み方。
 舞台上にはフォスター家とフィリップス家が
表現されていますが、明確に区切られては
いません。一部(玄関や電話など)を除いて、
1つの空間が役者のセリフと動きでそれぞれの
家庭に切り替わるんですね。

 その構成を利用して、フィオナが朝の慌しい中
ボブと連絡を取ろうとする場面は、同じ時間に
それぞれの家がどんな状況なのかが分かるように
なってます。
 さらに、フェザーストーン夫婦がディナーに
お呼ばれした場面は、フォスター家とフィリップス家
での出来事が同時進行で展開します。
(これはかなり役者のみなさま苦労したそうです)

 かけあいで印象に残っているのは、
  <フランクに浮気のこと告げた後>
  「私のこと、許して下さる?」Byフィオナ
  「それくらいしか、できんだろ?」Byフランク
 とか、
  <メアリを疑ったことをみんなの前で謝ることになり>
  「メ、メアリ・・・その・・・す、すま・・すまなかった」Byウィリアム
  「もう充分」Byメアリ
  (そのまま部屋から駆け出していく)
  「あの人にとっては、あれが精一杯なんです。
  だって、一度だって間違ったことしたことがないから!」Byメアリ

  ※セリフは"そんな感じ"くらいで・・・

 とか。相手をちゃんと分かってる、という感じがしてよいです。
でも、結局フィオナは相手を明かさず仕舞いなんですけど(笑)

 時間の都合がつけば、もう1回観たいところ
ですが・・・。楽しめると思いますので、興味を
もたれましたら是非に!

 終演後、ポストトークショーに参加しました。
役者のみなさまと演出のニコラス・バーターさんが
いらして下さいました。覚えてる範囲でQAの内容を・・
(進行は昴の田中正彦さん)

 Q:苦労したことは?
 A:
  「外国(英国)の本を日本向けに変えていく作業。
  ("階級"のような考え方が日本にはないので)
  本来持つ芝居の意図・意味をなくさずに伝えるか」Byニコラスさん

  「喜劇なので、ちゃんと笑って頂けるか、一番気にしてました。
  今日のお客様はいい人です」By金尾さん

  「フィオナは上流家庭の人なので、優雅で上品で
  自分とは真逆を演じるのに苦労しました」By要田さん

  「僕は普段、家でごろごろ、だらだらしてるので
  ("だらだら"に要田さん大きく頷く(笑))
  ウィリアムはきっちりしてる人で、いくら演っても
  だらだらが出るみたいで。要田と同じく真逆を演じる
  のが大変でした」By平田さん

  「メアリは、自分に自信がなくて(ボブに)"ネズミちゃん"
  と言われるような感じで。Aキャストの落合さんは小柄で
  私はしっかりしてるので、どうやって"ネズミちゃん"が
  しっくりくるか、小さく演じるか苦労しました」By矢島さん

  「テレサはテキパキしてますが、私は普段のんびり
  してる方なので。彼女は頭の回転も早いので
  そのテンポについていくのに必死でした」By米倉さん

  「この役が決まってから、体を作ろうと」By山口さん
  (ボブはシャツを脱いでいたりするシーンがあるので)

 Q:好きなセリフは?
 A:
  「"今朝はいい仕事をした"」By金尾さん

  「"私のこと、許してくださる?"は自分では言わないので
  いつも大切に言っています」By要田さん

  「フランクの
  "コーヒーは如何かな?私のでもいいがねじが入っているが"とか
  (電動歯ブラシを直そうとして、ねじがコーヒーにというシーンです)
  フィオナの"(フランクに)あら、そ、よかった"の言い方とか・・
  人のはいっぱいあるんだけど、自分の全然ないです!」By平田さん

  「(電話のシーンの)"もしもし"」By米倉さん

  「自分きっかけで面白くなるセリフはないので、特には・・」By山口さん

 Q:皆さんよいお声ですが、鍛え方とかありますか?
 A:
  「そう言ってもらえると嬉しいけど。
  急には無理なので、毎日練習するのが一番!」By金尾さん
  「本多劇場は声の通りが非常によいので、そう聞こえるんだと・・
  三百人劇場のそうでしたので、我々はあまり力を入れて
  なかったんで。
  Aキャストのお手伝いに来たときに、宮本くんとかが
  舞台で発声練習を、『あえいうえお』とかしてるのを
  見ましたが、我らBチームは、誰一人、そんな光景
  なかったですから。きっとみんな、家でやってきてるんでしょう」By平田さん

 Q:相手チームは気にならない?
 Q:笑い声は気にならない?
 Q:移動するときにぶつからない?
 Q:空き時間は何をしてる?
 Q:原作を読んで演出家、脚本家と話し合いした?
 Q:本当に殴られたことはない?
<後ほど続き>

|
|

« READING FOR THE TIES 2009 | トップページ | バ部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/45416645

この記事へのトラックバック一覧です: 隣で浮気?:

» 握力 鍛え方 [握力 鍛え方]
握力 鍛え方について。 握力 平均を超えるために、握力トレーニングをしましょう。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 07時52分

« READING FOR THE TIES 2009 | トップページ | バ部 »