2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« カラオケリスト(20130716版) | トップページ | 真夏のカラオケ祭 »

2013年7月21日 (日)

オジサマ専科 夏まつり

オジサマ専科 夏まつり
日時:
 2013/07/21(日)
  昼 13:30~15:20
  夜 19:00~21:00

会場:
 CLUB'CITTA(川崎)

本日のご出演:
 昼 井上和彦、大川透、中尾隆聖、中原茂
 夜 石川英郎、内田夕夜、関俊彦、てらそままさき
※敬称略

全体の流れ:
・開演前注意事項
 ドン・マッコウさん担当。客席後ろのブースで生ナレ。

・ドラマ
 [昼]
  夏祭に東郷コーポレーションも出店することに。
  そして、夏祭ステージイベントに招待された教授たち
 [夜]
  警護のため、撮影小道具を届けるため、取引のため
  とそれぞれの目的で夏祭に来た4人。誤解が錯綜!!

・CM1
 オジサマ専科vol.7~9

・フリートーク
 [昼]
 「改めまして、こんにちは。オジサマ達です(笑)。
 ようこそおいで下さいました」By和彦さん
 そして、みなさま「○○役のxxです」と改めてましての自己紹介。

 「隆聖さん、持ってきますよね~」By和彦さん
 「そうそう」By大川さん
 「出てきた途端に『キャー!!』って」By和彦さん
 「その前に、"戦後の焼け野原を~"(※)ってアレなに!?」By大川さんに詰め寄る中尾さん
 「あれは台本!!」By大川さん
 「俺のにはなかったもん」By中尾さん
 「リハの後に変わったの!」By和彦さん
 ※後ほど書く予定ですが、ドラマの中で"中尾さんなんて戦後の焼け野原を生きて~"
  みたいなセリフがあったのです


 「みなさん、中尾さんは貴重ですよ。普段は舞台が多いから」By和彦さん
 「和彦、("キャー"って)そういう意味だったの!?」By中尾さん
 「違います。中尾さんが"いっちゃんカッコいい"ってことです」By和彦さん

 「和彦とこういうの、久しぶりだね」By中尾さん
 「武道館で歌って踊ってましたね。
 中尾さん、ギター1本で歌ってたんだから!」By和彦さん
 「みんなオーケストラなの。俺だけ、『中尾さん、ギターでお願いします』って
 言われて。『はーい』って。和彦も持ってたじゃん」By中尾さん
 「ありましたけど・・」By和彦さん
 「12弦(ギター)持ってたから、俺の6弦と合わせて何かやろう!って。
 リハで・・・」By中尾さん
 「それ言うの!?DVD残さないからって!!」By珍しく抗議の和彦さん
 「昔は音合わせるのに音叉とかだったからものすごく大変で。
 音あわせに3時間かかって、リハ出来なかった!」By中尾さん
 「えーっっ!!」By大川さん&中原さん + 会場

 [夜]
 「はいどーも!(みなさま登場)
 夜の部、ドラマを聞いてもらいましたが・・ひどかった!」By石川さん
 「ひでちゃん、ひとり名前を言ってない人がいる!」By関さん
 「そうだ!じゃ改めて・・」
 「松崎しげるです!(笑)」
松崎押しのてらそまさん※
 ※後ほど書く予定ですが、お出かけして日焼けで黒かったので
  他のみなさまにドラマで突っ込まれた経緯がございます


てらそまさん以外のみなさまも、改めての自己紹介。
 「(自己紹介後)44で年下ってどーいうこと?」By石川さん
 「(自己紹介後)ありがとう、シニョリーナ!」By内田さん
 自己紹介後、ポーズをとる関さん
 「そして、あなたは一体何者なんですか!?」By石川さん
 「てらそままさきです(笑)」
やっと名乗ったてらそまさん。

ここで関さんから質問が・・
 「みんな別々(のCD)なの?」
 「僕とてらそまさんが一緒で。あと黒田さんって"悪い人"がいます」By石川さん
 「僕は銀河万丈さんと成田剣"様"です」By内田さん
 「そうなんだ。僕は昼間の大川さんと井上"かずひさ"さん・・・!!」
思わぬことに関さん崩れ去る!
 「しっかりしてくれよ、モモタロス!」Byてらそまさん
 「(ドラマのは)俺が2人に頼んだんです。
 どうしても聞きたかったんで・・・すいません・・」By石川さん

 「前説やったのあの人(ドン・マッコウさん)?」By石川さん
 <そう!>By会場
 「やっちゃたんだ・・・出たがりプロデューサめ!!」By石川さん

話題は本日の衣装に・・・
 「みなさん浴衣で・・似合ってますよね。でも、俺だけ甚平なの」By石川さん
 「でも、カッコいいよね!」By関さん
 「さっきも言ったんですけど、コレ自前で。
 昔、三木眞一郎と笠原留美と俺でグループやってたときに
 笠原が作ってくれて。三木のは金色でチンピラみたいので
 俺はこれで」By石川さん
 「笠原が作ったの!?手作り!?」By関さん
 「そうなんです。"いつ寸法計ったんだ?"ってくらいピッタリで」By石川さん
 「女子力全開だね」By関さん
 「本当に。そのときは『あ、おぅ』しか言えなくて・・
 笠原ー!!ありがとう!今、俺着てるぞー!!」By石川さん


 「遠くから来た人ー」By関さん
 <北海道、東北、関西、近畿などなど>
 「昼も来た方は?」By関さん
 <場内8割強が挙手!!>
 「えーっっ!!!」Byみなさま

 「ところで、昼は進行がよくて、さくさく進んだって聞いたんだけど」By関さん
 「なんか時間余って"なんかやってくれ"って言われたとか・・」By石川さん
 「だから我々は時間をたっぷりつかってやろう!って
 決めたんだよね?」By関さん
 「そうです!」By石川さん
<続く予定>

・むちゃぶりスクリーン
 スクリーンに映し出された指示に従ってのトーク&実演

 [昼]
 お題:
  浴衣なので、夏祭りの浴衣でデートの思い出をお願いします。
  "なし"はなしで!

 「話したら夜(の部)始まんねぇよ」By中尾さん
 (盛り上がる会場)
 「関たち、出さないよ(笑)」By中尾さん
 「(内田)夕夜、出さないよ(笑)」By和彦さん
 「あいつら、強引に入ってきますよ(笑)」By大川さん

で、大川さんから
 「僕は、浴衣持ってなかったんですよ。
 お稽古用のはあったんですけど・・・それはね~
 だから、彼女とデートは"本当に"ないんです。
 どーすればいいですかね?」
 「大川ちゃん、大丈夫。じゃ、百戦錬磨の中尾さんに・・・」By和彦さん
 「だからなんでそういう・・(笑)」By中尾さん

ということで、中尾さん
 「寝巻きが浴衣の時代ですよ。
 だから、夏祭りといえば"どんぶり"」By中尾さん
 「"どんぶり"?」ByAll
 「"どんぶり"って言って、ふんどしに腹掛けの神輿を
 担ぐスタイルに憧れていて・・・」By中尾さん
 「話を逸らさない!浴衣デートは?」By和彦さん
 「ないな~」By中尾さん
 「どんぶりデートは?」By和彦さん
 「それはダメだろ(笑)」By中尾さん

お次は中原さん
 「茂ちゃんは?」By和彦さん
 「僕はないですね~。浴衣の彼女を連れてって・・・」By中原さん
 「"よいではないか"って。(中尾さんくるくるしてた??)
 茂ちゃんやったでしょ?」By和彦さん
 「小中学生でそれは怖いですよ」By中原さん
 「中学生?」By和彦さん
 「はい。俺は浴衣じゃなかったですけど」By中原さん
 「オジサマにそれを聞くのはダメでしょ。
 記憶が"いいほう"に改ざんされてるから」By和彦さん

締めは和彦さん
 「和彦さんは?」By中原さん
 「僕もないですね~」By和彦さん
 「あるある!!」By間髪いれずに中尾さん
 「僕の過去を知っているからって!」By和彦さん
 「今日は言うよ~(笑)」By中尾さん
 「昼、時間が足んないですよ」By中原さん
 「最終までには帰れる!」By中尾さん
 「高校生くらいですかね~。僕はTシャツにGパンで」By和彦さん

暗転して有無を言わさず次のむちゃぶりに・・・・
 お題:
  恒例実演コーナー!
  彼女と金魚すくいに来ました。悪ガキが彼女の金魚も
  全部とってしまい自慢げです。オジサマとしてどう対処しますか?

 「彼女を井上さん、悪ガキを中尾さんでお願いします。
 じゃ、トップは大川さん」
 ->これもスクリーンの指示

 その1・大川さん編
 「今日の夏祭り、楽しみ~」
 「そうだな」
 「あら、金魚。かわいい~」
そこへ現れる中尾少年。かず子さんの前で次々金魚をすくっていきます
 「なによ、この子~」
 「おい、坊主。それはお姉ちゃんに金魚だからな。
 お姉ちゃんにも金魚すくいさせてもらえないか?」
 「そうよ!」
 「イヤだー!」
 「そんなこと言っていると、黒くて角があるバイ○○○になっちまうぞ」
 「・・・分かった」
中尾少年が大人しく帰ったところで終了!

 その2・和彦さん編
 配役は、彼女:中原さん、悪ガキ:大川さん
 ->「続けてやると、中尾さん疲れちゃうから」By和彦さん

 「見て、金魚よ」
 「そうだね」
大川少年、金魚を総取りするため近づきますが・・・
 「あ、こっちにもいるよ」By和彦さん
 「そうね」
と舞台下手(向かって左)へ走っていきます。大川少年が追いかけると
 「あ、こっちにも!」By和彦さん
と今度は舞台上手へ走る!!しばらく追いかけっこが続き、大川少年も
疲れてきたところで
 「残念、全部とりました~」By和彦さん
と打ち切って終了!

 ~お題変更~
 お題:
  彼女と夏祭り。帰りに地元の不良にからまれました
  どうしますか?

 「中尾さん、お願いします。彼女は大川さん、不良は中原さんで」
 「彼女?」と大川さんに確認して大笑いの中尾さん
 「顔みて笑わないでください!」By大川さん

 その3・中尾さん編
寄り添い歩く二人を遠くから見つめる中原さん
 「隆ちゃん、キモいわね」
 「ちょっとそこの2人!僕は川崎に不良です」
聞こえないフリを決め込む2人を追いかける中原さん。
 「そこの2人。僕は川崎の不良です。
 今日、2人分のカツアゲをしないと、和兄ちゃんに怒られて・・」
 「おぉ、いいのつけてんじゃん!」
中原さんのアクセサリに気づく中尾さん
 「それ欲しい~!!」
 「それはダメダメ・・」
と、逃げ出す中原さん
 「こっちのもいいな」
 「あ~ダメダメ」
逆にカツアゲされて、和彦さんの下へ逃げ込み
 「和兄ちゃん、助けて!」
 「しっかりしろよ」
ドスの聞いた声で怒られて終了!

 その4・中原さん編
 配役は、彼女:中尾さん、不良:和彦さん

 仲良く腕を組む中尾さん&中原さん
 「怖いわ~あのお兄さん」By中尾さん
 「そうね~」By中原さん
 「あら、あたし達2人とも女?」By中尾さん
 「そう!」By中原さん
すごい設定になったところで、不良の和彦さん登場
 「おい、ここをどこだと思ってんだよ!」
 「クラブチッタ!」By2人
 「誰に断ってイチャイチャしてんだよ!!」
 「井上和彦さん」By2人
 「(胸板チェックして)あら、あたしこの人がいい!!」
そしてりゅう子さんは和彦さんに腕組み
 「待って、りゅう子ちゃ~ん!!」
2人が去って行き終了!!

 「中原くん、おもしろすぎー!!」By中尾さん
 「そんなことは・・・隆聖さんも素晴らしい~」By和彦さん

そして、感想など・・・
 「僕は去年もやりましたが、今年は疲れた・・・」By大川さん
 「茂ちゃんは?」By和彦さん
 「初めてでしたけど、どうなるかと昨日の晩から悩んでて。
 でも、これはこれでよかったかなと・・・」By中原さん
 「昨日の晩から!?」By中尾さん
 「独走態勢でしたよ(笑)。中尾さんは?」By和彦さん
 「楽しいイベントでした」By中尾さん
 「先輩がはじけてくれると、僕らもね」By和彦さん
 「(和彦さんと)そんな変わんない!」By中尾さん
 「10コ違います(笑)
 ・・白状します、2つです。2コは大きいですよ!」By和彦さん
 「かわんない、かわんない」By中尾さん
 「だって隆聖さん、ずっと先輩だし、ずっと人以外(キャラ)!」By和彦さん
 「最近は"シュロロロロ"って(シーザー・クラウン@ONE PIECE)」
 <会場、歓声が沸く>
 「もう人間は諦めた!!(笑)」By中尾さん
 「昔は(スタジオ)入ると、『よぉ』って。まじめにやってたのに・・
 最近は入ると『和彦~』って」By和彦さん
 「スタジオの話はするなよー(笑)」By中尾さん
まだまだ暴露話のネタはありそうでしたが、
コーナー終了となりました。


・CM2
 オジサマ専科キャラクタードラマCD 古川透
 キャラクターソング vol.6 坂之上龍

・ライブ
 昼:
 ♪聖女生花 壬生之哉(井上和彦)
  (「キャラクターソング Vol.1 壬生之哉」より)
 ♪OJC 東郷匡彦(大川透)
  (「キャラクターソング Vol.5 東郷匡彦」より)
 夜:
 ♪SKY SCRAPER 立花栄(内田夕夜)
  (「キャラクターソング Vol.4 立花栄」より)
 ♪今夜はダンシングナイト 刈谷敦(関俊彦)
  (「キャラクターソング Vol.2 刈谷敦」より)

・OJS総選挙結果発表
 1位 刈谷敦(関俊彦)
 2位 東郷匡彦(大川透)
 3位 古川透(中田譲司)

・ED
 昼:
 夜:

・アンコール
 出演者のみなさま、再び登場!
 昼:
  会場に向かってそれぞれ声援に応えた後、
  並んで手をとり深々一礼
  (和彦さん、中原さん、中尾さん、大川さん)
 夜:
  適度に間隔保って並んだ後、関さんの「せーの」で
  全員で会場に向かって「愛してるよー!」
  (てらそまさん、関さん、内田さん、石川さん)

※ドラマやトークの内容は、大体こんな感じのことを言ってたな~
 くらいです。勘違いも多々あるので雰囲気だけでも・・・


 とりあえずの感想です。
「DVDに収録されない」というのは魔法の一言ですね。
昼夜共に非常に楽しかった!!

 本日の衣装はみなさまパンフレット撮影で
着こなしていた浴衣&自前甚平(笑)でした。

 舞台での活躍も多い方々揃いなので、
台本ありドラマもフリー演技もちょっと逸れよう
ものなら、アドリブで広がる広がる!
 ただ、マッコウさんもちょこちょこネタを入れて
いるので、どこまで台本通りなのか不明ですが・・・

 トーク以降の進行は、昼が和彦さん、夜が石川さんでした。
お2人とも共演者の方々の性格をうまく引き出しつつ、
自分も楽しんでいるみたいでした。

 ライブは、和彦さん以外の方々は初披露となります。
みなさま相当緊張していたご様子で、夕夜さん曰く
「あんなに緊張している関さんを見たのは初めてです」
と。歌う前からそわそわしていた大川さんは、入りを
間違えてしまって、Take2がありました(^^)
 和彦さんは、昨年のクリスマスでのリベンジを
果たしました!

 昼夜一緒でもいいかな、と思いつつ、少人数だから
実演もトークも全員が参加できてテンポがよいのかな
とも思い・・・。
 OJS総選挙が意外とあっさりだったので、ここは
8人だったら違ったのかもしれないですね。

 今後も展開があるようなので、またイベントが
あることに期待です!!

|
|

« カラオケリスト(20130716版) | トップページ | 真夏のカラオケ祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/57840213

この記事へのトラックバック一覧です: オジサマ専科 夏まつり:

« カラオケリスト(20130716版) | トップページ | 真夏のカラオケ祭 »