2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« 2013年12月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年1月 6日 (月)

Oki-Waha

 今年の仕事はじめ。いきなり電車遅延です。
最初から気持ちが下っていくできごととは・・

 インターネットより。「いいとこどり」に
なるのかな?(こちら)
 三線とウクレレをあわせた楽器が
販売されているそうです。

 「Oki-Hawa」(沖縄+ハワイ?)という名前で
胴は三線、ネックはウクレレになっています。
 一見、"小型の三線?"と思いましたが
弦が4本なので違うな~という印象です(^^;

 音色は2つを合わせてはおらず、独自の
ものらしく、ウクレレ・三線どちらの演奏者も
楽しめる楽器になっているそうです。

 歌や踊りがとても身近にある人たちには、
新しい音は興味があるのではないでしょうか。
 この新楽器から、新しい音楽ができることに
繋がるかもしれないですね。

2014年1月 5日 (日)

空中ホテル

 いつものことですが、休みが終わって
しまうときは、お仕事復帰したくないと
思ってしまいます!!

 インターネットより。
 ちょっと先行く(?)自然の楽しみ方
になるのかも・・・・(こちら)
 森の中にある吊るした球体宿泊施設が
あるそうです。

 場所はカナダ。子供の頃から森が好きだった
男性が木製の丸い小屋を作成。100000£の費用に
家族から非難の声が最初あったそうです。
 実際使い始めると、多くの人が"宿泊したい"と
興味を持ったため、今のホテルができたそうです。
風が吹くと揺れるのも人気の1つとのことです。

 球体なので、広さがちょっと分かりませんが
おしゃれな感じです。球体というのはおもしろ
そうですが、個人的に揺れがあるのは落ち着か
ない気が・・・
 ハンモックみたいな感じって思えばそれほど
でもないのかな?

 記事の写真には冬の様子をありましたが
雪の重さに負けることはないんですかね?
 地上からではなく、空中からも森の空気を
楽しみたい方は、出かけてみては如何でしょう。

2014年1月 4日 (土)

100年前の南極

 ちょっと大きいショッピングセンターへ
行きました。が、駐車場へ入るために
"1時間待ち"!に負けました・・・

 インターネットより。いろいろなことが
驚きです!(こちら)
 南極の雪の下から見つかった写真
ネガの現像に成功したそうです。

 南極遺産基金の支援するチームが
1世紀前の補給基地に、現像されて
いない写真が保管されているのを発見
したとのこと。
 現像した写真には、アーネスト・シャクルトン
の帝国南極横断探検隊や南極の景色が
映っていたそうです。

「帝国南極横断探検隊」とは
 イギリスが20世紀中に派遣した南極探検隊のうち、
4番目の探検隊。船が難破したあと、隊長である
アーネスト・シャクルトンとその隊員達が英雄的な
努力によって南極から生還したことで有名。
<Wikipediaより>


 1世紀前のネガが残っていたことも、
復元可能な状態だったことも、驚きです。
 当時写真にしたものは残っているのかな・・
そんなことを考えると、今、(写真を)見ること
ができるのって凄いなと思いました。

 南極遺産基金のサイト(こちら)で全ての
写真をみることができます。
 この記事で「帝国南極横断探検隊」
を初めて知りました。歴史を知る資料と
しても、今後大事なものになりそうですね。

2014年1月 3日 (金)

いかにんじん

 おせち料理。よく食べるものだけに限定
してもなかなか消費できないので、我が家では
殆ど登場する機会がありません。
 でも作れるようにはなりたいな・・・

 ラジオを聴いていたら、「おせち以外に食べる
正月料理は?」という話題になり、パーソナリティ
の人が"いかにんじん"なるものを紹介していました。
 説明によると、福島方面の料理で"イカとにんじん
と数の子を和えたもの"とのことでした。

 それを聴いて
  イカとにんじん?かきあげ風?
  数の子を使うならそれはない?
  松前漬けとは違うの?
 と疑問だらけに。味の説明も特になかった
(と思う)ので、興味は増すばかり・・・

 なので、検索してしてみました。
 料理レシピ紹介サイトやWikipediaなど
多数でてきました!一般的な料理だった
んですね、知りませんでした(^^;

作り方は、以下になります。
[材料]
 にんじん:300グラム
 スルメ:1枚
 塩・砂糖・酒:少々
 漬けだれ
  しょう油:100cc
  砂糖:大さじ2分の1
  みりん:小さじ2分の1
  酒:小さじ2分の1

 1.スルメは、横に3~4等分に切り(3~4cm)、
  さらにそれを縦に適当な太さに切る。
  さっと水洗いをして、水気を切り、酒をふりかけて
  30分~1時間くらいおく。
 2.にんじんはスルメと同じくらいの長さに切り、
  全体に塩・砂糖をふり軽くもんで、30分~1時間くらいおく。
  おいたあと、水で塩気をしっかり洗い流す。(パリっとなります。)
 3.鍋に漬けだれの材料を入れて、火にかけ沸騰する
  直前に止めて冷ます。冷めたら、1と2の具を入れて混ぜ、
  軽い落し蓋をして2~3日漬け込む。
(福島市HPより抜粋)

 基本はいかとにんじんで、数の子入りは
松前漬の影響らしいです。でも、その松前漬
のルーツはいかにんじんとの説もある
そうです。

 レシピが分かってすっきりしました。
 おつまみにもよいそうなので、気になった方は
作ってみては如何でしょう?

2014年1月 2日 (木)

行列の謎

 天気もよかったので、近くの神社へ初詣に
行きました。

 大きな神社ではないため、お参りする場所
(拝殿)までの参道が細いこともあり、毎年
手水舎・境内まで行列になります。

 そして、お正月でお賽銭を投げ込む範囲が
広めにとってあるのにも関わらず、なぜか
そのまま列が続きます。
 どういうことかというと、拝殿真正面に向かって
行列なのです。

 「こちらからも参拝できます」と拡張お賽銭箱
の両側に張り紙を出してくれているのに・・・
 "正面で参拝したい"という人が多いだけ?
それだけではないような気がしますね。列から
外れて前に行くのが気が引けるとか?

 毎年のことながら、よく分からないです(^^;
 私はというと、すーっと列からはずれて前へ
行き、端っこの方でお参りしてきましたよ(^^;

2014年1月 1日 (水)

新年を迎えて

 紅白のあと、「2355・0655年越しスペシャル」
を見ながら新年を迎えました。

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い致します。

 最近は多くのお店が年末ギリギリまで、
年始から開店していて、買い物にそれほど
慌てることもなくなりました。

 いつもは(ちらしで)気になるものがあっても
"01/01から買い物に出なくても・・・"と思って
おりました。
 ですが、今年は気が向いて年始からお店に
足を運んでみました。

 福袋やお年玉商品を購入するために
並ぶ人はいると思っていましたが、食料品
売り場も意外と人がいて驚きました。
 眺めるだけの予定でしたが、福袋1つ下げて
帰ってきました。こうやって購入する気持ちに
なるんですね(^^;

 今年はちょっと違う年初めになりました!

« 2013年12月 | トップページ | 2014年6月 »