2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


« 行列の謎 | トップページ | 100年前の南極 »

2014年1月 3日 (金)

いかにんじん

 おせち料理。よく食べるものだけに限定
してもなかなか消費できないので、我が家では
殆ど登場する機会がありません。
 でも作れるようにはなりたいな・・・

 ラジオを聴いていたら、「おせち以外に食べる
正月料理は?」という話題になり、パーソナリティ
の人が"いかにんじん"なるものを紹介していました。
 説明によると、福島方面の料理で"イカとにんじん
と数の子を和えたもの"とのことでした。

 それを聴いて
  イカとにんじん?かきあげ風?
  数の子を使うならそれはない?
  松前漬けとは違うの?
 と疑問だらけに。味の説明も特になかった
(と思う)ので、興味は増すばかり・・・

 なので、検索してしてみました。
 料理レシピ紹介サイトやWikipediaなど
多数でてきました!一般的な料理だった
んですね、知りませんでした(^^;

作り方は、以下になります。
[材料]
 にんじん:300グラム
 スルメ:1枚
 塩・砂糖・酒:少々
 漬けだれ
  しょう油:100cc
  砂糖:大さじ2分の1
  みりん:小さじ2分の1
  酒:小さじ2分の1

 1.スルメは、横に3~4等分に切り(3~4cm)、
  さらにそれを縦に適当な太さに切る。
  さっと水洗いをして、水気を切り、酒をふりかけて
  30分~1時間くらいおく。
 2.にんじんはスルメと同じくらいの長さに切り、
  全体に塩・砂糖をふり軽くもんで、30分~1時間くらいおく。
  おいたあと、水で塩気をしっかり洗い流す。(パリっとなります。)
 3.鍋に漬けだれの材料を入れて、火にかけ沸騰する
  直前に止めて冷ます。冷めたら、1と2の具を入れて混ぜ、
  軽い落し蓋をして2~3日漬け込む。
(福島市HPより抜粋)

 基本はいかとにんじんで、数の子入りは
松前漬の影響らしいです。でも、その松前漬
のルーツはいかにんじんとの説もある
そうです。

 レシピが分かってすっきりしました。
 おつまみにもよいそうなので、気になった方は
作ってみては如何でしょう?

|
|

« 行列の謎 | トップページ | 100年前の南極 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113180/58904541

この記事へのトラックバック一覧です: いかにんじん:

« 行列の謎 | トップページ | 100年前の南極 »