2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


2015年1月 7日 (水)

信用性

 北海道・東北方面は猛吹雪で
交通にも影響がでて大変なようですね。
今年も天候不安定なのかな・・

 ここ数日、ファーストフード・マクドナルドで
異物混入のニュースが取り上げられています。
(こちら)

 急激に「異物混入」関連ニュースが増えて、
少し驚いてしまいました。

 これまでもあったけど取り上げていなかった
だけなのでしょうか?あまりに多くて、余計なこと
まで考えてしまいます。
 以前、余計に支払った分の返金で、嘘の申告
して儲けたとか呟いていた人とかいたので・・・

 とはいえ、まずは大元からしっかり調査して
はっきりさせて欲しいです。

2014年1月 4日 (土)

100年前の南極

 ちょっと大きいショッピングセンターへ
行きました。が、駐車場へ入るために
"1時間待ち"!に負けました・・・

 インターネットより。いろいろなことが
驚きです!(こちら)
 南極の雪の下から見つかった写真
ネガの現像に成功したそうです。

 南極遺産基金の支援するチームが
1世紀前の補給基地に、現像されて
いない写真が保管されているのを発見
したとのこと。
 現像した写真には、アーネスト・シャクルトン
の帝国南極横断探検隊や南極の景色が
映っていたそうです。

「帝国南極横断探検隊」とは
 イギリスが20世紀中に派遣した南極探検隊のうち、
4番目の探検隊。船が難破したあと、隊長である
アーネスト・シャクルトンとその隊員達が英雄的な
努力によって南極から生還したことで有名。
<Wikipediaより>


 1世紀前のネガが残っていたことも、
復元可能な状態だったことも、驚きです。
 当時写真にしたものは残っているのかな・・
そんなことを考えると、今、(写真を)見ること
ができるのって凄いなと思いました。

 南極遺産基金のサイト(こちら)で全ての
写真をみることができます。
 この記事で「帝国南極横断探検隊」
を初めて知りました。歴史を知る資料と
しても、今後大事なものになりそうですね。

2013年4月 2日 (火)

今あるだけ

 久々に本格的な雨降り。これでは桜が
散ってしまう~

 インターネットより。なくても不便を
感じませんからね~(こちら)
 財務省から2013年度の二千円札
製造枚数が10年連続で0枚となる
ことを発表したそうです。

 他のお札の2013年度の製造枚数が
  1万円札 10.5億枚
  5千円札  3.8億枚
  千円札  17.2億枚
 ということから考えても、0枚とは驚きです。

 やはり「記念」という位置付けになって
しまうのかな?

 ATMなど保持出来る枚数が決まって
いるけど、金額的に多くしておきたい場合
に有効、と聞いたことがあります。
 でも、日常的には千円で足りてしまい
ますからね。加えて、二千円と千円の
大きさが近いので、間違いやすい
というのも利用頻度が低い理由でしょうね。

 ちなみに、昨年12月時点で、1億枚
二千円札が流通しているとのことですが、
見かけませんよね~
 今出回っている分が消えたらおしまい
と考えると、とっておいた方がよいのかな・・・

2013年1月 5日 (土)

人とロボット両立

 昨夜の「鬼平犯科帳」観ました。
やっぱり面白いな~。あんな人が上に
いたらな~と本気で思ったのでした。

 インターネットより。意外?それとも
予想の範囲?(こちら)
 介護ロボットに関するアンケート
結果を紹介していました。

 介護ロボットによる介護を「受け入れ
てもよい」と考える人は男性で78.7%、
女性で73.6%、という結果です。
 理由で多かったのは「気をつかわなくて
よい」で、9割近くあったそうです。

 記事にもありましたが、介護に携わる人が
不足していることから、頼みにくいというのも
分かる気がします。
 携わる方々も"人"なので、負担が減る
のであれば、(ロボットなどの)利用も考える
べきなのかもしれないですね。

 ロボット導入は保険適用外ということ、
利用する側の研修(使い方とか心構えとか)
など、まだまだ壁が多いようです。
 税金上げることばかりではなく、こうした
こともしっかり考えて欲しいです。

2012年6月14日 (木)

責任逃れ

 少々涼しいので温かい(飲み)もの選択。
が、そのうち暑くなって冷たいものも並んで
いる状況に・・・

 ニュースより。関係なくはないけれど
何か違うような気がします(こちら)。
 東京電力の電気料金原価に原子力
発電所関連費用が含まれる可能性が
あるみたいです。

 料金値上げの検証をする政府委員会で
「原子力発電所関連費用」を含めて計上
しているのだとか。

 「原子力発電所関連費用」の対象は
停止中の福島の6基(第一原発の5、6号機、
第二原発の4基)です。
そして、費用の内容は
 ・減価償却費 414億/年 (3年間平均)
 ・冷温停止維持費 486億/年
となっており、\90000000000分が付加
されています。

 "廃炉の可能性があるのにどうなんだ!?"
と言う指摘が消費者団体から挙がっている
ものの、(恐らく東電の)公認会計士から
"再稼動の可能性は0ではない"と言って
いるそうです。

 これに対して、ネットユーザからは多々
疑問や不満の声が挙がっているそうです。
 以下は記事に掲載されていた一例です。

  「また冷温停止とか言ってるし。
  燃料がどうなってるかどこにあるのかも誰もわからないのに」
  「妥当なわけがない」
  「何でも思い通りに決めてきた。これからはそうはいかせない。
  今まで通りじゃダメなんだ」
  「これからどんどん経費として入れて行くで一」
  「東電の過失は東電の持ち出しで対処だろ、一般企業の考え方なら。
  赤の他人に押し付けるなや」
  「そんなものが今までまかり通っていた。電気料金詐欺だ」
  「呆れてものが言えないス」
  「この委員会って、本当に国民の視点で検証されているの?」

 費用に挙がっている項目って東京電力
っていう会社がどうにかするものではない
んですかね?
 多くの人が購入する商品をたまたま
扱っているからといって、まともに運営
できてない不備を、消費者へ課すのは
おかしいのでは?

 結局、最終決定はまだみたいですが
東電の裏に政府がくっついている限り、
無理やり押し切るような気がします。
 仮に「政府が補助」ということになっても
"消費税増"という形で消費者へ周って
くるんだろうな・・・

 こういうことばかっりやっているから
あっちもこっちも信用なくなるのだと
個人的には思いますね。

2012年6月13日 (水)

ちゃんと考えた?

「梅雨の合間の晴れ」と天気予報は言って
いたものの、肌寒い1日でした。豪雨じゃない
だけいいのかも・・

 インターネットより。ちゃんと考えてから
実施しているのか疑問(こちら)
 国が白熱電球の販売自粛を要請した
そうです。

 対応方法に対して意見の飛び交う
夏場の電力不足への対応の一環
みたいです。
 早々にLEDに切り替えて使用量を
抑えたいから白熱電球は売るな
ということですよね。

 どうも、今あるもので対応できないか
ということはあまり考えていないように
思えるのですが?

 確かにLEDは白熱電球よりも消費電力
が少ないので節電には効果があると思い
ますが、1つの単価はまだまだ高いです。
 長期的に見れば、高いLEDに替えても
元はとれるとTVでも言ってましたが、
我が家のお財布事情では、後々価格が
下がるかと思うと、今、買い替えようとは
思えないです。

 白熱電球に(抵抗とか)つけて電力抑える
部品とか作れないのかな?

 電気関連メーカの売上upを狙っている
ように思えるんですけど。
 加えて、「消費税をあげよう!」とか言ってる
ことを考えれば、「早く買え!!」と迫られている
感じだし・・・

 毎回のことですが、やってること(対策)が
直接影響を受ける側を考慮してないですよね。

 急に白熱電球の販売が終了することはない
とのことですが、油断はできないな・・・

2012年2月15日 (水)

他人の財布

 日本のおえらいさんたちが、またまた
おかしなことを考えているみたいですよ。

 ニュースより。何かと言うと、国民の
財布を当てにしてないだろうか?(こちら)
 「休眠口座」を地震で被害を受けた
地域の企業を支援する費用にあてる
ことを検討しているそうです。

 「休眠口座」とは、金融機関に預けた
まま長期間入出金がなく、預金者との
連絡もとれない口座を指します。
 "長期間"は金融機関によって異なる
そうですが、10年が一般的みたいです。

 毎年800億
(銀行:\700億前後、信用
金庫等:\100億)発生していることに
目をつけ「(社会に)還元すべき」と一部活用
を検討しているとのこと。

 個人のお金を国が使うって・・・


 「地震被害の支援用」
と言ってますが
また適当な理由をつけて、他のことにも
使いそうで仕方がないんですけど?
 管理している銀行すらも"おかしい"
と言っているのに・・・・

 なお休眠口座は、預金者からの申請
があり、確認がとれると払い戻されます。
 おそらく、この辺りのことは殆ど考慮
していないと思います。その時にまた
どこからか持ってくればいい、くらいでは
ないでしょうかね?

 自転車操業的に財源を扱っている
ようでは、国ごと破綻も遠くないかも
しれないな・・

2012年1月16日 (月)

問題山積み!

 なんにもしていないうちに1月も半分
終わってしまった・・・個人的なこと以外に
時間とられすぎだ、絶対!!

 ニュースより。今年も落ち着いた実施
ではなかったようです(こちら)。
 週末に行われたセンター試験、問題が
多々起きたようです。

 こちらに今年のトラブルがまとめられて
います。大小いろいろあったみたいです。
 影響を受けた人数が多かったのは
初日の社会科。問題配布間違い、試験
開始に合わないなどで約4500人が時間が
遅れたそうです。

 希望者は再試験を受けることができる
そうです。「運営側の問題があったとき」が
対象なので、今回は該当する訳ですが、
個人的には「トラブルにあった方が(試験の)
機会が多くなるのでは?」と思ってしまいました。

 特に英語のヒアリング。ICレコーダ配布に
してから毎年問題のおきている気がするのですが?
 会場によって"一斉放送では聴き取りづらい"
ということで始めた措置ですが、そこまで優しくし
ないとダメなんですかね?

 大学より前の学校入試や英検では一斉で
行っているのに、大学だけ対応がよいのは
次の社会への一歩に大きく繋がるから、と
いう考えがあるのかと思いますが・・・
 問題増やしているだけにしか見えないん
ですけど?1回、戻してみたらどうですかね?

 来年は落ち着いた試験にするために、
今から見直しを始めてほしいものです。

2011年10月 6日 (木)

一時代を築く

 本日のお仕事場は西日が直撃して
非常に暑い!昨日までの寒い環境が
ありがたかったりする・・かも?

 ニュースより。
驚きが何よりも先でした(こちら)。
アップルの創始者スティーブ・ジョブズ氏
が亡くなったそうです。

 ちょっと前に最高経営責任者から退いた
んだ、と思っていたら、数日前に製品発表が
あったばかりだったので余計に驚きました。

 個人的にアップル社の製品はあまり
使っていないので、ジョブズ氏の体長不良
のことは記事を読んで知りました。
 年齢的には"これから"というところです
から、まだ何か出てきたかもしれませんね。

 好き/嫌いはあるかと思いますが、今後の
アップル社、パソコンや携帯などITや音楽関連
にも影響が出るのではないでしょうか。

2011年9月10日 (土)

言葉の重み

 「残暑厳しい1日が~」と朝の天気予報。
でもでも、"真夏でしょう!?"という暑さでした。
扇風機まわしてしまいました。

 ニュースより。こんなことばかりが続いて
ますよね(こちら)。
 鉢呂吉雄経済産業相が不適切発言の
責任をとって辞めるそうです。

 発言内容はここ数日の新聞やニュースで
取り上げられているのでそちらで確認して下さい。
 「大臣」という名前に舞い上がってしまった
のでしょうか?

 日本の政治に関わる人は、発言内容がどこか
で影響を及ぼすかも・・と考えないのか?と思うくらい
似たような件が続いている気がします。
 「口から出た言葉は消せない」ということを
言いますが、今は様々な形で残りますからね。

 選んだ言葉で聞き手の解釈は変わると
思います。また、真意とは違ったとき、真逆
の場合は、相手に理解してもらうのはとても
難しいと思います。
 自分も気づかないところで"失言"をして
いないか不安になってきた・・・

 始まった途端の今回の騒動ですが、やること
はちゃんとやって続いて頂きたいです。

より以前の記事一覧