2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


2011年8月 6日 (土)

皇帝の愛したガラス

国立エルミタージュ美術館所蔵
「皇帝の愛したガラス」展

 開催期間:2011/07/14~09/25
 会場:東京都庭園美術館

 たまたま新聞で紹介しているのを
見かけて行ってきました。

 始めて庭園美術館に行きましたが
高速道路のすぐ近くに、緑茂る場所
があるとは驚きました!
 美術館は、朝香宮邸だった建物を
そのまま使用しています。建物自体
が"美術作品"ですね。
 
 入り口で今回のガラス展をイメージした
飴作りがちょうど庭園で始まったこと教えて
もらったのですが、"見てからでも十分
間に合うだろう"と思って先に中へ入って
しまいました。
 広い1フロアにいくつか展示されていて
30分くらいで見終わると思ってたんで。

 しかし、大間違い!
 パンフレットの作品番号を見ると、最後が
「189」!1F~3F(?)まで使った大掛かりな展示
で見終わった頃には飴づくりも終わってました・・
 見くびっていました、ごめんなさいm(_ _)m

 でもこれだけの作品を見る機会はない
と思います。1つ1つ真剣に見ちゃいました。
目と心の保養には十分でした。
 1つもらえるなら・・クリスタルガラスの"やしの木"
かな・・でも置き場所に困るな・・・

 08/13~19は夜間開館します。
興味はあるけど平日お忙しい方も
この機会にぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 1日 (水)

カプセルを間近で

 2学期初日、防災訓練しましたね。
2学期制だとやらないのかな・・

 インターネットより。これなら多くの
人が見れますね(こちら)。
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、
「はやぶさ」が持ち帰ったカプセルを展示したい
科学館や博物館の募集をしているそうです。

 展示用に貸してくれるのは、
  ・カプセルの本体部分
  ・電子機器搭載部
  ・パラシュートの実物
  ・地上試験用の模型
 の4つ。科学館や博物館など宇宙活動
の展示・企画をやっているところが対象
なのだそうです。

 通常、募集とかするんですかね?
企画展示って、首都圏など大きなところ
で行われることが多いと思います。
 近くでやっていれば、「ちょっと見てみよう
かな」と気軽に多くの人が目にすることが
出来ますよね。

 展示期間は今年の11月中頃から
2012年3月までとのこと。
 我が家の近くにも来ないかな・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月25日 (日)

浅草に博物館

 寒くて夜中に厚めのふとんを引っ張り
出してしまいました。風邪対策、風邪対策!

 インターネットより。いつの間に出来てた
んでしょう?(こちら)。
 浅草に民族文化博物館「アミューズミュージアム」
がオープンするそうです。

 記事では博物館内に併設されている
バーを中心紹介しています。
 でも"博物館"なので、展示内容が個人的には
気になりまして・・・HPを見てみました。(こちら)

 主に衣類や古民具を扱っているそうですが
企画展も行われるみたいです。
(オープニングは企画展示は「刺し子着物」)
 もう1つの注目が「UKIYOシアター」。現状維持
のため、公開しなくなった浮世絵をデジタル化
して見てもらう、という展示です。これ、見て
みたいですね~

 他にもイベントスペースを利用した企画も
準備されているようです。HPでご確認を。

 地図で場所を確認してみましたが、博物館
建てていたなんて全く気づきませんでした。
 開館から一段落ついた頃に一度、のぞきに
行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月13日 (月)

25 x 20

 ちょっと前に植え替えしていた花壇のチューリップ
が散ってました。大通り沿いにあるので、車の影響
だと思うのですが、なんだか残念です。

 新聞で目にして気になったもの。全500色
の色鉛筆です。(こちら)

 色鉛筆が並んだカラー記事だったのですが
「おぉっっ!!」と思ってしまいました。
 "色鉛筆"なので、500色それぞれに色名が
ついているのですが、これがまた奥が深い。
一例を載せますと・・

 [赤系]
  火の鳥の舞
  にんじんのグラッセ
  雪降る夜のペチカ

 [黄色系]
  あぜ道のたんぽぽ
  輪切りのレモン
  粋に着こなす黄八丈

 [青系]
  星のきらめく夜空
  朝日を浴びるなすび
  サファイアの祈り

 という感じで、想像が膨らみます。

 インターネットからの申し込みで
購入することができます。
 500色入ったものが届くのではなく、
毎月25色づつ小分けで手にすることに
なります。なので、全色揃うのは20ヶ月
(1年8ヶ月)。

 1回分が同じ系列の色なので、"使いたい"人
にはちょっと気の長い話のように思えます。
ただ、揃った時には感動するかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月 1日 (火)

江戸東京博物館

 傘を購入した翌日に雨が降ろうとは・・。あまりにも
絶妙すぎます。

 本日のテーマ:「博物館」

 雨が本降りなってもいいように、江戸東京博物館
行ってきました。(噂に聞いて、一度行ってみたかった
のです)

 江戸時代から近代にかけての東京を中心に展示、紹介
がされています。「常設展示室」は5Fと6Fなのですが、

 広い!!

 入ってすぐに日本橋(復元)があるし、神田明神祭の
山車が置いあるしと、広いスペースを利用した作り
になってました。

 資料の他に展示されている、町並みや建物のミニチュア
模型には、双眼鏡が一緒に置いてあります。模型の中の
世界を見る様という訳です。

 実際に触れたり、乗ったり(自転車、人力車など)もできるし
場所によっては撮影もOKでした。
 また、今回は利用しませんでしたが、一緒に回って
解説をしてくれるガイドボランティア、イヤホンガイド
などもありました。

 のんびり見ていたこともありますが、ひとしき
回るのに1.5時間くらいかかったかな。個人的には
興味深く楽しみました。(それほど混んでなかったし)
 月2回くらいで展示替えがあるみたいなので、間を
あけてまた行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月 3日 (金)

東京時代まつり

 「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨
としたのが"文化の日"です。

 「東京時代まつり」を観に浅草に行ってきました。

 浅草の存在と独自性を樹立するため、平成元年11月3日に
始まったのが「東京時代まつり」です。浅草の始まりから
現代までの文化や伝統の紹介しながら、各時代の扮装を
した人たちが練り歩くというもの。

 以前、それと知らずに"白鷺の舞"だけ見たのですが、
通しで見たのは初めてです。
 途中で披露される出し物?(金龍の舞、白鷺の舞、出初式、
歌舞伎、奴隊などなど)がいろいろとあって、
感心したり、笑ったりしながら楽しみました。

 行列に携わる人たちの紹介が入るのですが、
地元の人も然ることながら、遠くから来てくれている
方々もたくさんいました。
 こうやって支えてくれる人たちがいるから、成り立つ
ことなんですね。

 今年で18回目、来年以降も続いてくれることに
期待です。

 行列の内容は以下のとおり
先導 子供江戸囃子屋台
一  東京時代まつり本旗、手古舞
二  奉行
三  東京のあけぼの 浅草観音示現
四  浅草のよろこび 金龍の舞
五  在原業平 東下り
六  源頼朝 隅田川陣営
七  北条政子 浅草寺参詣

八  三社大権現祭礼 船渡御(びんざさら舞、白鷺の舞)
九  副旗
十  江戸開祖 太田道灌
十一 徳川家康 江戸入府
十二 大奥御殿女中
十三 徳川家光 三社権現社再建寄進
十四 参勤交代 大名行列

十五 元禄花見踊り
十六 義士の討ち入り
十七 大岡越前守と江戸町火消
十八 浅草市村座七福神舞
十九 猿若三座 江戸歌舞伎
二十 江戸の人気者

二十一 江戸芸者
二十二 副旗
二十三 黒船来航・浦賀奉行
二十四 特別参加 日野市新撰組

二十五 第十五代将軍 徳川慶喜
二十六 江戸から東京へ
二十七 文明開化 樋口一葉
二十八 浅草奥山風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|