2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンタ

最近のトラックバック

検索


  • Google
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    「言の葉処」内検索

  • ココログ検索



無料ブログはココログ

ブログパーツ


2012年6月23日 (土)

ドイツ村 花見編

 先週とはうって変わりのお天気!
ここはやっぱり出かけなければ・・

 バラの花が見頃とチラシが入って
いたので、「東京ドイツ村」へ行って
きました。

 前週の激しい雨と風で"散ってるかな・・"
と思っていたのですが、きれいに咲いて
いました。山の斜面にアジサイも咲いていて、
こちらは"まだこれから"って感じでした。
 近くに座る場所があったので、バラの
鑑賞しつつお弁当を広げてしまいました。

 アジサイ山を見ていたら、お手入れ用
と思われる細い道を、カート(ゴルフ場に
ある屋根だけのヤツ)が走ってました。
 下りが急だったので、どうするのかと
思っていたら、人力に切り替えて下って
いきました。そのまま運転することも
ちょっと期待していたり(^^;

 花見以外に収穫体験もありました。
でも、しいたけ本日分終了じゃがいも
は前日購入済だったのであえなく断念でした。

 アトラクションもありますが、基本は
広~い広場がメインなので、レジャーシート
やボールや遊具を持ってきても楽しめる
と思います。

 8月は花火やイルミネーション点灯が
行われるそうです。屋外で思いっきり
遊んでみるのは如何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月 2日 (金)

初・南遠征:2日目

 九州2日目。今日も朝早くからバスに
乗って移動です。朝ご飯食べながら
「0655」見ちゃいました。

 台風接近のため、小雨模様のお天気。
本降りにならないといいけど・・

○高千穂峡(公式紹介ページ紹介ページ2)
 阿蘇山の火砕流が五ヶ瀬川に流れ出し
急激に冷やされることで作り出された峡谷。
日本の滝・100選に選ばれた「真名井の滝」
がある。

 下流から上流に向かって登っていく
コースで、雨も止んでいて、歩くのには
ちょうどよい感じ(暑くも寒くもなく)でした。

 絵葉書と同じ構図が見えるところが
途中であって、思わず「おぉ~っ!!」と。
 真名井の滝は覗き込むように鑑賞。
ボート(手漕ぎ)に乗れば近づいて見る
ことができます。

 登りきった先に「高千穂峡淡水魚水族館
がありましが、時間の都合で見れません
でした・・

 日本神話ゆかりの地でもあって、お店の
入り口や中に七五三縄があるのですが、
そこに下がっているジグザグした飾り
(名前がわからん!)、白とでした。
赤と緑は"天""地"のことだった・・はず。
 ちなみにこの飾り、見て真似して作って・・
の繰り返しで引き継がれてるんだそうです。

 水の量が豊富で緑もきれいでマイナス
イオン
がそこら中にあふれているのでは
ないかと思っちゃいました。

 この後、お昼のお店「神楽宿 千穂の家」
へ移動。バスから降りると添乗員さんが
 「(お店へ)行くにはこちらの坂をあがって
 頂きます」
と。目の前にはかなりの急勾配
たぶん、高千穂散策で一番だったと(笑)

 古代黒米そうめん、チキン山菜あんかけ、
とうきびご飯、煮物とヘルシーですが、
おなかはしっかりふくれました。

○草千里(公式)
 直径約1kmの火口跡地に広がる草原。
雨が降ると水がたまり池ができる。牛や馬が
放牧されていて、乗馬も可能。

 現地に向かうため、本日も放牧場を通って
行きまして、茶色や黒の牛たちが悠々と草を
食べていました。

 目的は山の中腹。どんどん登っていくに
つれて雲行きがどんどん怪しくなっていき
到着したときは・・・

 霧で真っ白!!

 雨は降ってなかったのですが1m先すら
見えない状況。もちろん、緑の草千里は
見えるはずもなく・・・
 残念ついでに牛乳飲んじゃいました!

 心残りのままどんどん下っていったら
晴れてきましたよ。山の天気め!!

○柳川(公式)
 掘割があちこちにあることから「水の都」
とも呼ばれている。武家屋敷も残っていて
赴きある地域。

 ここでは川下りの船に乗りました。(案内)
<どこの運行会社か分からず案内で。それぞれ舟の色が違ったのに・・・>
実際は「お堀下り」です。"内堀"と言われる
お堀を船頭さんが竿1本で操る小船(どんこ舟)
に乗って1周します。

 川のように流れはないですが、風によって
舟の速さが変わるそうです(By船頭さん)
 途中で何度か橋の下をくぐりますが、小舟の
幅ぎりぎりだったり、水位によって船頭さん
だけでなく、乗船している人も頭を下げる
必要があったりと結構ドキドキします。

 お堀は、街中や民家の間を巡っているので
なんだか不思議な感じでした。
 ちなみに、お堀沿いの家の人は自分で
ボートを出して下っていいそうです。ただし
手漕ぎ。エンジンを使うと、お堀の石垣が
壊れてしまうから、という理由です。
地域に根付いているな~

 北原白秋の生まれた地、ということも
あって、船頭さんの歌も聴けて、あっという間
の30分でした。

 駐車場までの移動途中、地元のお茶屋
さんがセールしているのを発見!買い物して
いる間に添乗員さんを見失いかけました。
危ない、危ない!!

 宿泊先までの移動が長いので、本日の
観光はここまで。

宿泊先:稲佐山観光ホテル(公式)
 「1000万ドルの夜景」と言われる長崎港
を一望できる場所にある老舗ホテル。

 "部屋から(夜景は)見えないかも・・"と
言われてましたが、港を中心としてバッチリ
見えました!
 そして、屋上を夜景を見るために開放して
いると聞いたので早速行ってみました。表に
出たものの

 ものすごい強風!

 山の中腹という場所と台風の影響でしょうか。
気をぬくと、持ってるものを飛ばされてしまい
そうでした。
 でも、遮るものなしで港を眺めることが出来て
感動でした。

 夜は「卓袱(しっぽく)」料理でした。
 中華のように円卓で大皿料理が出てきて
それぞれ取って・・という感じ。小皿でお刺身、
酢の物などもあり、ここに大皿からとったもの
も並び、なんだか周り中お皿だらけになる事態が・・

 長崎皿うどんも出てきました。こちらでは
お酢ではなく、ソースをかけて頂くそうです。
ということで、地元に則ってソースで食べました。
 甘めのソースととろみとパリパリ麺の食感の
せいか一瞬、"もんじゃ?"とか思ったり(笑)
でもやはり、地元で頂くのはおいしかったです!!

 この後、ごはん(with 香の物)が出てきたのは
ちょっとびっくりでしたけどね。てっきり、主食は
皿うどんだと思ってたんで。
 しめはお汁粉でした。これは、卓袱料理の
決まりごとなんだそうです。

 結局、ご飯も食べてしまったので、食べ過ぎ
くらいの満腹になっちゃいました。明日、しっかり
消費しなければ!!

 明日は長崎観光、有明海ミニクルージングが
待ってます。

 本日訪問県:宮崎、福岡、佐賀、長崎

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月 1日 (木)

初・南遠征:1日目

 04:55 電車に乗って移動中・・・

 09:30 福岡空港到着!
     本日より九州旅行です。

 台風接近中で飛行機が飛ぶか心配でしたが、
無事に到着。こちらは見事に快晴で暑いくらい
です。初上陸の九州、楽しみです。
 早速バスに乗って最初の目的地へ・・・

○九重"夢"大吊橋(公式)
 長さ390m、高さ173mあり、人が歩いて渡る橋
としては日本一のものです。安全対策の一環で、
傘(日傘を含む)を差して渡ることは出来ません。
(売店でカッパ売ってます)
 歩いているときはあまり感じませんが、止まって
みると揺れているのが分かりました。

 ある程度進んだところで看板が見えたので
「もうすぐ終わり」かと思いきや、「ここが中間」
"まだ半分!?"と一瞬、衝撃でした(^^;
 でも、橋の上から見える景色(滝が3箇所)は
綺麗、行き帰りで様子も異なり気持ちよかった!

 橋に向かうため、放牧場を通って行くので
道路脇で牛が草を食べているのには驚きでした。

○菓子工房 五右衛門(公式)
 お店の裏手に由布岳がきれいに見えるお土産店です。
チーズケーキ、ロールケーキ等の洋菓子だけではなく、
ゆず味噌煎餅や佃煮も扱っています。かぼすを使った
お菓子も多くて、どれもおいしそうでした。

 私が行ったときは、セールをしてまして、箱詰め前
のものが半額だったり、バラのクッキーから好きなもの
を詰め放題していました。
 もちろん、しっかりここでお土産調達!!

 買い物終わって外に出たら、馬車が通って
ました。どこを周ってるんだろう?

○湯布院(公式)
 温泉町として有名は観光地。2時間ドラマなど
でもよく登場してますね。
 「九州の軽井沢」と言われるだけあって、女性が
好むお店や街並みです。

 街中探索前に、金鱗湖の観光に行きました。
 ○金鱗湖(紹介ページ)
  魚の鱗が照らされて金色に輝いて見えたこと
  から名前がついた湖。

 湖ですが温泉が湧き出ていて、ところどころで
"ぽこぽこ"と泡が上がってくるのが見えました。
温かいためか魚もいっぱいいましたよ。
 湖に出るまでの道の川や橋、木々の色も綺麗
でした。

 湖まで観光バスの止まった場所から5分くらい
だったのですが、道すがら誘惑が多くて、最初の
ガイドさんの説明聞きそびれたんですよね・・
湖に着いて振り向いたら、お客様が1人もいない
ことが・・
」Byガイドさん にしっかりハマった!!

 1時間半くらい自由時間じゃ長いな~と思った
のですが、結局ギリギリまでうろうろ散策して
ました(^^)

○別府・明礬 湯の里(公式)
  湯の花を作っていて、重要無形民族文化財
に指定されています。

 「湯の花」とは温泉成分のぎっしり詰まった
結晶で主に入浴剤に使われます。

 「湯の花小屋」というわらぶき小屋を使って
湯の花を作っています。中に青粘土と石畳を
ひいて温泉の力で結晶を生成していくわけです。
 ここの地面、触るとほかほかしてまして、
その熱の元になっているガスで中の温度を
保っているんですね。(小屋の中に入ったら
以外と暑かったです)

 湯の花小屋は定期的に建替えするのだ
そうです。だから長い間続けていけるのか・・

 本日の観光はここまで。予定よりも早めに
宿泊先へ移動となりました。

宿泊先:ホテルサンバリーアネックス(公式)
 向かいが本館で、私が泊まったのは別館。
結婚式場、フィットネスセンター、パン屋、
果ては保育園まで入っている不思議な所
です。
 ヤクルトが親会社なので、ウェルカム
ドリンクにヤクルト
をもらっちゃいました!

 別府なのでもちろん温泉。本館の利用も
可能なので、どちらも入りましたよ。
(本館の方が広いです)
 夕食は実はあまり期待していなかった
(ビジネスホテル風だったので)のですが、
思ったよりもよかったです。和食で品数も
多く、満腹になりました。

 明日は長崎まで移動なので、コンビニへ
食料調達へ行こうと思ってましたが、結構
距離が・・・
 なので諦めて、さっさと寝ることにします。

 本日訪問県:福岡、大分

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 6日 (土)

皇帝の愛したガラス

国立エルミタージュ美術館所蔵
「皇帝の愛したガラス」展

 開催期間:2011/07/14~09/25
 会場:東京都庭園美術館

 たまたま新聞で紹介しているのを
見かけて行ってきました。

 始めて庭園美術館に行きましたが
高速道路のすぐ近くに、緑茂る場所
があるとは驚きました!
 美術館は、朝香宮邸だった建物を
そのまま使用しています。建物自体
が"美術作品"ですね。
 
 入り口で今回のガラス展をイメージした
飴作りがちょうど庭園で始まったこと教えて
もらったのですが、"見てからでも十分
間に合うだろう"と思って先に中へ入って
しまいました。
 広い1フロアにいくつか展示されていて
30分くらいで見終わると思ってたんで。

 しかし、大間違い!
 パンフレットの作品番号を見ると、最後が
「189」!1F~3F(?)まで使った大掛かりな展示
で見終わった頃には飴づくりも終わってました・・
 見くびっていました、ごめんなさいm(_ _)m

 でもこれだけの作品を見る機会はない
と思います。1つ1つ真剣に見ちゃいました。
目と心の保養には十分でした。
 1つもらえるなら・・クリスタルガラスの"やしの木"
かな・・でも置き場所に困るな・・・

 08/13~19は夜間開館します。
興味はあるけど平日お忙しい方も
この機会にぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月11日 (土)

さくらんぼ

 そろそろ季節なのか「さくらんぼ狩り」を
よく目にするので、日帰りバスツアーに
参加してきました。

 しかし、朝からどしゃぶり!!無事に
さくらんぼが食べられるのか心配し
つつ出発しました。

 ツアーは、さくらんぼの他に昼食
バイキングと観光がついたコースです。

 出発早々にルート変更の案内が
ありました。この時季は、同じコースを
回るツアーが非常に多いそうで、混雑
具合とお天気を考慮して、とのことでした。
 くだものは"おいしい季節"に頂きたい
ですからね~
 今回行ったところは・・

○清里ハイランドパーク
 スキー場です。夏場はリフトに乗って
花畑を見ることが出来るのですが、
今回はランチバイキングがメイン。花畑
に面しているので、食事をしながら見る
ことが出来るのですが、雨で煙ってて
ダメでした・・・

 着いた順に案内されるので(※)バタバタ
してましたが、あげたて天ぷら(&アスパラ)
がおいしかったです。
※それほど広くない道の途中で他の観光バスが
 追い抜いて行きましたよ!


美し森
 昼食会場から5分くらいで到着。正式には
"美し森山"の名前の通り「山」です。レンゲツツジ
の名所になってます。

 ガイドさんが「しゃべりながら登って山頂まで
10分くらい」と言っていたので、軽い気持ちで
挑みましたが、甘かった・・・
 木道が設置してありますが、階段1段が高い
のと、場所によっては斜面そのままくらいの
勾配で、食後にはなかなかハードな運動でした。
(天気が悪くて助かった!)

 ツツジは、道の途中であちこちに咲いて
ました。山頂からみると、赤い塊が所々に
あって違った印象でした。

 山頂で「クリンソウ咲いてます」という看板
を発見。"なんだろか?"と思って行ってみると、
この花が群生してました。
 漢字だと"九輪草"と書きます。1つの茎に
花がたくさんついているので「九輪」かと思って
ましたが、お寺などの屋根についてる"九輪"
ってもののことだったんですね。

ハイジの村
 「アルプスの少女ハイジ」をイメージした
テーマパーク。(元々は県立フラワーセンター)
 230mのバラの回廊がここでの観光
スポットです。どのくらい咲いているのか
ちょっと不安でしたが、ほぼ満開。雨が
やんで、陽が出てきたところだったので、
キレイでした。

 もらった園内地図に、「毎日イベント・鯉の
エサやり体験」とあったので、池に向かう
ことに。2つあって、鯉がいるってことで
"トラウトの池"かと思っていたら、こちらは
水なし!もう1つの"虹の池"におりました(^^)

 もらいすぎて出てこないかな、とか
数少ないかな、とか思ってましたが、
エサの袋(お麩:\100)を開けたらどんどん
やってきました!!あっという間に完売!

 きっと知らないんじゃ・・

 私は入園してすぐの売店でエサを
買いましたが、池の近くで売ってれば
もうっちょと鯉もお腹をすかせることも
ないのに、とか思ったのでした。

○さくらんぼ狩り
 本日のメイン。すっかり雨もやんで
お腹もすいて、おやつにはちょうどよい
時間帯になりました。(多分ここ)
 赤い=甘いのかと思いきや、さくらんぼ
の種類や木によって、そうとは言えない
そうです。

 自分で取りながら食べるのは楽しい
です。普段、家にいるときよりも食べて
いた気がします(^^;

 帰りも比較的すいていたので、バスに
乗り疲れもなくてよかったです。午後から
は雨もあがり、楽しく1日過ごせました。
 今度は何の果物がよいかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月17日 (日)

シバザクラなど

 前日に続いてのよいお天気。
4月後半になって春らしい気候に
なってきました。

 風で桜がほぼ散ってしまったので
代わりに新聞に紹介されていた
シバザクラを見に行きました。

 場所は「富田都市農業交流センター」。
昼過ぎに出かけて行ったのですが
結構多くの人が来てました。

 「見頃です」とは紹介されていましたが
(強風もあったし)"どうかな~"と思いながら
中に入ったのですが、白やピンク薄い紫
綺麗に咲いておりました!

 お弁当を持っていったので、近くの
休憩所で眺めながら食べてました。
 シバザクラの他にもツツジもちょっと
咲いていて、"いろいろお花見"
楽しんだのでした。

 そして、後で気づいたのですが、
どうも以前コスモス見に来たようです(^^;

 紫陽花もあったので、各季節で花を
楽しみたい方にはよい場所だと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 5日 (火)

西へ:その2

 遮光カーテンのおかげで、よーく
眠れました。

 大阪2日目。今日は大阪の町へと
出かけます。

 チェックアウトのときに、ロビーの
様子をみていたら、人の流れが
スムーズでした。
 昨日が混んでいたことを改めて
実感!

 大阪へはちょこちょこ遊びに
来てますが、行ったことのない
なんば方面はバスに乗って向かい
ました。

 "大阪"というと思い浮かべる場所
でーす!
 グリコやカールおじさんの看板、
かに道楽のかに、ドン・キホーテの
観覧車とか、うろうろしているだけ
でもおもしろいですね~

 ドン・キホーテの前から「とんぼり
リバークルーズ
」というのがあった
ので乗ってみました。

 道頓堀川にかかる橋を船で20分ほど
で巡ります。天気がよくて、屋根のない
船だったので気持ちよかったです!

 出発前に船のガイドさんが
「手を振ってみましょう!」と言っていた
ので、やってみました。
 すると、歩いている人以外にも、
川に面したお店の中の人や橋の工事
をしていた人など、多くの人が応えて
くれました。さすが大阪!!

 川の近くで若手の芸人さんが
練習している様子も見れました。
バスや船でもガイドをしていましたね。

 もちろん、お好み焼きも食べ
ましたよ。そういえば、たこ焼きやで
たこ焼きの歌のCDが売ってました(^^)

 大阪を楽しめた1日でした。
 今度は通天閣方面へ行きたいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 4日 (月)

西へ:その1

只今西へ移動中!
着いたら再び…の予定(0645)

***
新大阪到着~
さらに移動です(0920)

***
到着USJ!(1000)

***
やっと入場…(1100)

***
並び疲れて撤収です(1800)

***
 初めてUSJに行きました。アトラクションの
有無が思っていたのと違っていたという
勘違いもありましたが、最大の感想は・・

 混雑しすぎ~~~

 日程や状況的(春休み終盤)に混んでいる
とは覚悟してましたが、予想をはるかに
超えてました。
 入場するのに1時間、アトラクションは
どれも1時間以上待ち、まさかワゴンで
販売している食べ物買うのにまで30分以上
並ぶことになろうとは・・・

 アトラクション自体は楽しめた
のでよかったですが、待ち疲れ
でした。

 夕食も外だったのですが、早めに
撤収したのでここでは待たずに
すみました!
 帰りが丁度、USJ終了時間と重なって
人の流れに巻き込まれましたけど。

 明日も大阪です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 6日 (土)

棚田の夜祭

 最近、お天気がころころ変わるので
マフラー1枚入れて歩いてます。

 「棚田の夜祭り」へ行ってきました。
 鴨川にある「大山千枚田」という棚田を
ライトアップするというイベントです。
(詳細はこちら)

 火を灯すので、雨や風が強いと中止に
なってしまうため、お天気が心配でした。
 帰りにちょっと雨が降ってきましたが、
数日前までの寒さもなく楽しめました。

 棚田なので、狭いため車で現地に
入ることはできず、バスで近くまで送って
もらって歩いていきました。
 向かう途中からライトアップされていて
徐々に灯りが増えていくので、気分も
盛り上がります。棚田に着くと・・・

 灯りのもとは、近所の旅館などから集めた
食用廃油(料理に使った後のやつ)です。
 空き缶に入れて芯を立てて灯しています。
(あんどんみたいな感じ)
ライトアップの時間(約3時間)に合わせて
調整してあるそうです。

 周りに明かりがないので、火だけが光を
作っていて幻想的でした。

 春先の田植が終わった風景もよい
そうなので、来年来てみようかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月28日 (土)

避暑旅行2010:後編

 本日も朝から晴れ。でも風が涼しくて
気持ちよく快適!

・朝ごはん
 バイキングなので、すれ違う人が取っている
ものを見て食べたくなり、捜し求めてうろうろと・・
デザート含めてしっかり頂きました。

・山を越えて
 諏訪湖に向けて出発。車内のBGMは
昨日より引き続きGRANRODEO。

 途中の展望台から周りの山々の風景
を眺めてみました。案内では、「ここに富士山が
見える」となっている辺りに、ちょうど雲が
かかっていました。
 もう少し時間が経てばはれていたと思う
ので、残念!

・諏訪湖へ
 上諏訪駅に到着。そこから歩いて諏訪湖へ
向かいました。途中で「片倉館」を通過。
 日帰り温泉施設ですが、諏訪湖メインに
していたので、そのまま外観眺めてきました。
(2階の休憩室だけでは利用できないって
書いてあったし・・)

 のんびり歩いて10分くらいで諏訪湖に到着。
翌週の花火の準備がされてました。そして
そのまま遊覧船乗り場へ・・・
 "すわん""竜宮丸(カメ)"の2隻が30分
間隔で運行してます。私達が乗ったのは
すわん。(竜宮丸も小さくて楽しそうでした)
 乗船券(グループで1枚!)を買った時は
空いてると思っていたのですが、10分くらい前
になると、どこからともなく人が・・・
あれよあれよという間にいっぱいでした。
一体どこで待ってたんだ!?

 眺めのよい2階席はやっぱり人気。
でも、1階は水面が近くて、窓の開き具合で
風が抜けて気持ちよかったです。
 諏訪湖の行事や遊覧船の歴史を収めた
写真も飾ってあるので、見どころ多いかも。
「この場所を通るときに富士山が見えます」
という写真もあったのですが、私気づいた時には
通過してました・・

 30分のおだやかな時間でした。

 遊覧船を降りて歩いて2、3分のところに
ある無料の足湯へ移動。
 意外と熱くてちょっとびっくり!足ツボ効果の
ある石の道もあって、諏訪湖を眺めながら
和みモードになりました。

 そのままいると昼寝をしそうだったので
となりの「間欠泉センター」へ。

・間欠泉だけではなく
 元々1Fは温泉プールがあったみたいですが
今はなくなって、休憩場所になってました。
(内装そのままなので、最初銭湯かと思った!)
温泉たまご売ってましたよ。
 2F、3Fは展示&おもやげコーナー。
展示はオルゴールや御柱祭の写真でした。

 肝心の間欠泉。遊覧船から上がっているのが
見えたのですが、やはり近くでもみたいので、
噴出時間まで正面の「タケヤみそ」へ。

・立ち寄った理由
 車がたくさん止まってたので、中の見学
とか出来るかも・・とも思ってたのですが
ダメでした。(土曜だし)
 お湯を扱っているためか、間欠泉センター内は
意外と暑い・・
 味噌を扱っているのならば
涼しいかもと思ったのは
内緒です(^^;


 お土産用に味噌の販売をしていて
試食も出来るようになってました。
(キュウリと食べたい人もいるはず!)

 時間を見計らって、間欠泉を見る
ために移動!

・間近で見学
 戻ると天気がよかったので、日陰の
観覧ポイントは人で埋まってました。

 お湯が噴出すところは特に柵などが
ある訳でもなく、アナウンスで
「お湯がかかる可能性があるので
近くの方は気をつけて下さい」
みたいなことを言ってました。、

 で、どうせ暑い中見るならと噴出し口
真正面数メートルのところへ。

 時間が近くなるについれ、噴出し口が
ゴポゴポいい出して・・そろそろかと
思ったら勢いよく噴出しました!!
 3F建ての建物と同じ位まで吹き上がって
たので結構な高さではないかと思います。

 あんなに近くで見たのは初めてです。
迫力ありますね~
 ちなみに、写真を撮るならば、最初
です。以降は徐々に低くなるので。

・コーヒーと・・
 間欠泉観覧後、再びタケヤみそへ・・
 実は、先ほど来た時に休憩室の脇に
豚汁・コーヒー」文字を発見!中に入ると

 限定50食。具だくさん豚汁。100円

 とあったので、"間欠泉見た後に食べよう!"
と決めていたので戻った次第です。
 もちろん、間に合って食べることが
できました。ホントに具だくさんで、味噌も
おいしくて。100円はお得です。

 お昼前なのに、満腹・満足になって
しまいましたv(^^)

 それほど諏訪湖周辺を移動したわけ
ではありませんが、いろいろと見所が
あって、しっかり観光してしまいました。

 最後に。今年もお付き合い頂きました
S.K様、I様、E様ありがとうございました。
 密かに次回もやりたいな、と思って
おります(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧